2020ドラフト投手

小牟田龍宝(青森山田)はドラフト期待|球速に注目の右腕は怪我を越える

青森の強豪・青森山田で1年の2018春からベンチ入りを果たしていた小牟田龍宝(読み方は「こむた りゅうほう」)投手。

高校で球速150キロの大台突破も現実的な、ポテンシャルの高さが際立つ本格派右腕です。

2年の2019夏に肩を故障してからは主に野手で高校通算12本を放っており、怪我と向き合いながらマウンド復帰を果たしつつある将来性の高い投手なんですよね…!

2020ドラフトにも期待がかかる、青森山田の小牟田龍宝選手について特集していきましょう。

参考:青森山田の2020新入生は?野球センスに注目のメンバーがズラリ

青森山田・小牟田龍宝はドラフト期待の本格派

球速150キロ間近

青森山田のエースとして注目の小牟田龍宝投手ですが、最大の武器になっているのが球威のあるストレートです。

2019春の時点で球速は143キロをマークしていて、ひと冬越えた2020春には最速146キロをマーク。

セットポジションから重心を下げて溜めをつくり、ややインステップから球威抜群のストレートを投げ込む右腕ですね!

テイクバックでの右腕の使い方がスムーズで投球フォームに無駄がなく、更に伸びしろがあることを感じさせます。

身長177cm・体重76kgの体格は厚みが増しており、高校で球速150キロの大台を超える可能性も十分と言えるでしょう。

常時140キロ台の球速

ドラフト注目の小牟田龍宝投手は、常時140キロ台のストレートを投げ込める馬力にも注目です。

2019夏の敗戦後からウエイトトレーニングと中距離ランを重ねてきた結果、下半身の安定性も高まって球威も一段とアップしてきました。

大器の片鱗は投球の節々に見せており、プロのスカウトとしても放っておけない存在になってきていることは間違いありませんね…!

1学年下には本格派右腕の藤森粋七丞投手もいますが、小牟田龍宝投手は青森山田の軸として存在感を放ってほしいところです。

参考:青森山田・藤森粋七丞の球速に注目|中学日本代表に期待したい3つのこと

Sponsored Link

ドラフト注目の青森山田・小牟田龍宝の球種は?

青森山田の小牟田龍宝投手は150キロ間近の球速を誇るストレートだけでなく、多彩な球種でも高い評価を受けています。

なかでも縦に鋭く変化するスライダーには定評があり、指にしっかりと掛かったボールはキレ味抜群で空振りを量産。

ストレート・縦スライダーの他にも球種としてはカットボールとチェンジアップを投球に織り交ぜるなど、ピッチングの幅が広いのも小牟田龍宝投手の魅力といえます。

ボール1つ1つのレベルが高いため、これから精度が増してくるとさらに手が付けられなくなるでしょう…!

Sponsored Link

青森山田・小牟田龍宝は野手でのホームランにも注目

青森山田の小牟田龍宝投手はピッチャーとしてドラフト注目の逸材でありながら、打者としての素質も目を見張るものがあります。

青森山田の三番を任されている打力にも期待で、鋭いスイングでライナー性の打球を飛ばす右打者としての働きも見もの。

高校通算12本のホームランを放っており、チャンスに強いバッティングでもチームを引っ張る存在といえますね!

投打で活躍できる身体能力の高さは紛れもなく小牟田龍宝投手の魅力の1つで、2022ドラフト期待の逸材である向中野希星選手ら後輩にも大きな刺激になっていることと思います。

参考:向中野希星(青森山田)は打撃センス抜群|中学日本代表の逸材に注目

Sponsored Link

青森山田・小牟田龍宝は怪我を越えてドラフトに期待

2019夏には不完全燃焼だったうえ、怪我の影響でその秋にほとんど登板できなかった悔しさは、小牟田龍宝投手の原動力になっていることでしょう。

しかしながら怪我と向き合いながらも出来ることをコツコツ継続してきた成果は、2020シーズンになって確実に見えつつあります。

2019ドラフトで巨人から1位指名を受けた1学年上の先輩、堀田賢慎投手に続くドラフトには期待せずにいられないですよね…!

堀田賢慎投手も3年のシーズンで一気にスカウトの評価を上げましたし、青森山田から2年連続でのドラフトに期待しつつ、小牟田龍宝投手の活躍を追っていきたいですね。

荒削りさは残るものの、補って余りある将来性を感じさせる本格派右腕だけに、マウンドで躍動する姿はぜひ上の世界でも観てみたいものです!

参考:堀田賢慎(青森山田)はドラフト注目|球速が一冬で10キロ以上伸びた理由

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック