<2019ドラフト>

堀田賢慎(青森山田)はドラフト注目|球速が一冬で10キロ以上伸びた理由

強豪・青森山田で1年秋から試合に出場していた堀田賢慎(ほった けんしん)投手。

身長185cm・体重80kgの恵まれた体格を活かし、150キロを超えるストレートが武器の本格派右腕です。

今でこそ2019ドラフト候補として注目が集まっていますが、なんと2年の2018秋には球速が140キロにも満たなかったのだとか。

一冬で球速が10キロアップしたエピソードについても触れながら、2019ドラフト注目の堀田賢慎投手について特集していきます。

青森山田・堀田賢慎はドラフト期待のピッチャー

球速150キロ超えの真っ直ぐ

青森山田・堀田賢慎投手の大きな武器として注目されているのが、威力抜群のストレート。

身長185cm・体重80kgの体格を活かした角度のある真っ直ぐは最速151キロを記録し、プロのスカウトからも熱視線が注がれています。

肘を柔らかく使った投球フォームも高く評価されており、将来的には更に球速が伸びる可能性も十分でしょうね!

同じくドラフト注目の武岡龍世選手を擁する八戸学院光星の前に苦渋を舐めたものの、東北では有名な右腕だけにどの球団から指名を受けるかが非常に楽しみです。

参考:武岡龍世はドラフト上位の逸材|守備走塁も一級品のイケメンショート

変化球の精度も高評価

ストレートの球速が大きな注目を集めている堀田賢慎投手ですが、変化球についても高い精度をみせています。

球種はカーブ・スライダー・スプリット・チェンジアップと豊富で、コーナーに投げ分けるコントロールも十分。

特にカーブとスライダー変化が鋭く、決め球として使えるボールがあることも堀田賢慎投手の強みですね!


最速151キロのストレートとは球速差もかなりありますから、緩急の面でもスカウトから高評価を受けるのは納得です。

相手打線のストレート狙いを察知して変化球主体のピッチングに切り替えたり、器用さも兼ね備えているあたりが個人的には楽しみなピッチャーだなと…!

東海大札幌の小林珠維投手と共に、北の剛腕としてプロでも大きく羽ばたいてほしいですね!

参考:小林珠維(東海大札幌)はドラフトで球速以上に評価されていいと思う

Sponsored Link

ドラフト右腕・堀田賢慎の球速が急成長した理由

ストレートが注目されている堀田賢慎投手ですが、実は2年生の2018冬までは最速138キロと、さほど注目度は高くありませんでした。

しかし2018秋の東北大会で9回に3失点を喫してサヨナラ負けをしたことを機に、本格的に肉体改造をすることを決意。

食事を1日6食にするなど体重増に励み、一冬で16キロの増加に成功しました。

ウエイトトレーニングに加え、ほふく前進などのメニューを取り入れ、「自分の身体にあった筋肉をつける」ことを目標に過酷なトレーニングを乗り越えたと言います。


2019春には148キロまで伸びた球速は、最速151キロをマーク。一躍ドラフト注目の本格派右腕へと成長を遂げました。

この短期間で球速を10キロ以上も伸ばしたのは、見事としか言いようがありませんよね…!

また一冬で体重を16キロ増加させるために相当な努力が必要だったことは言うまでもなく、この取り組みで得た自信も今後の大きな武器になるでしょう。

Sponsored Link

青森山田・堀田賢慎は中学時代に佐々木朗希と対戦

青森山田に進んだ堀田賢慎投手は花巻市立花巻北中学の出身で、中学時代は花巻シニアに所属していました。

同じ地域には大船渡高校の佐々木朗希投手もおり、中学時代にはKボールの大会で対決したこともあったんですよね。

そのときは見逃し三振に抑えられる結果に終わったものの、悔しい気持ちや佐々木投手への対抗心は持ち続けていたそうです。


堀田賢慎投手はその後「県外で精神的にどれだけ強くなれるかを試したかった」と青森山田に進学しましたが、中学での経験が原動力になっているのは素敵ですね…!

2019ドラフトはもちろん、プロでの佐々木朗希投手との対決にも期待して、堀田賢慎投手を応援していきたいと思います。

参考:佐々木朗希が中学時代に経験した挫折|ドラフト注目右腕の苦悩と涙

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック