2020ドラフト投手

蓼原慎仁(桐生第一)はドラフト期待|球速と回転数に注目のハーフ右腕

群馬の強豪・桐生第一で2年の2019夏から登板を果たしている蓼原慎仁(読み方は「たてはら しんじ」)投手。

183cmの恵まれた体格から投げ込む、球速140キロ超のストレートで注目を集める本格派右腕です。

練馬シニアの中学時代から直球には定評があったピッチャーですから、将来への期待も膨らみます。

プロ志望届も提出しており2020ドラフトでも指名が期待される、桐生第一の蓼原慎仁投手を特集していきましょう。

参考:桐生第一の2020新入生は?野手陣のメンバー充実で攻撃力に注目!

蓼原慎仁は中学で練馬シニア出身のハーフ右腕

右投げ右打ちの蓼原慎仁投手はロシア人の母親を持つハーフで、小学1年生から野球を始め、中学への進学後は硬式野球チームの練馬シニアに所属していました。

練馬シニアでプレーした中学時代から球速130キロ超のストレートを投げるなど、進路が注目されていた投手でしたね。

桐生第一への入学時には135キロまで球速を伸ばしており、活躍が期待されていた大型投手。

ポテンシャルは十分だけに、2020夏にどこまでの投球を見せられるかは非常に楽しみです!

Sponsored Link

桐生第一・蓼原慎仁は球速に注目のドラフト候補

最速150キロも現実味

2020ドラフト候補にも名前が挙がっている蓼原慎仁投手の武器になっているのは、やはり力のあるストレートです。

入学当初は135キロだった球速も高校3年の2020夏時点で最速145キロをマーク。約2年で10キロの球速アップに成功しています。

理由の1つが食事改革で、体重を増やすために朝晩600グラムの米を食べるということを自分に課していたんだとか。

その結果、高校入学時に70kgほどだった体重が80kgまで増えているんですよね…!

身長183cm・体重80kgと恵まれた体格からはまだまだ伸びしろを感じますし、球速150キロの大台を突破する可能性も十分に秘めている投手です。

回転数も凄い

またストレートの球速だけでなく、回転数でも世代トップクラスの数字を記録している蓼原慎仁投手。

プロの平均が2200回転と言われている中で、それを超える2300回転を記録しているんですよね!

ストレートの質の高さでは大崎中央の氏家蓮投手が群を抜いていますが、蓼原慎仁投手の真っ直ぐも見逃せません。

参考:氏家蓮(大崎中央)はドラフト期待|球速以上の回転数はプロでも上位

Sponsored Link

ドラフト期待・蓼原慎仁の変化球の球種は?

球速140キロ超のノビのあるストレートが注目される蓼原慎仁投手ですが、多彩な変化球も見せています。

主に投じている球種としては

  1. 縦のスライダー
  2. カーブ
  3. フォーク

の3種類で、カーブは打者の目線は変えるのに有効ですし、縦のスライダーやフォークは三振も奪えるキレがあります。

ストレートの球速が今後さらに伸びることは間違いないですし、そうなると変化球もより有効になってくるでしょうね…!

蓼原慎仁投手がワンランク上のピッチャーになるために、不可欠な要素とも言えるかと思います。

Sponsored Link

蓼原慎仁は桐生第一からドラフトに期待

球速140キロ中盤のストレートを武器に2020夏の群馬大会優勝にも貢献し、ドラフトでも注目が集まる蓼原慎仁投手。

身長183cm・体重80kgと体格的にも抜群の将来性を感じる選手ですし、上のレベルでもストレートで勝負できる能力を秘めていることは間違いありません。

桐生第一では広瀬智也選手もドラフト候補に挙げられていますから、投打の軸がどう機能するかは楽しみなところ。

高校最後の夏で存分にプロ入りへ向けてアピールしてほしいですし、プロ志望届も提出済みということでスカウトも見逃せないでしょう。

2020ドラフトに注目するとともに、蓼原慎仁投手の今後の活躍にも期待していきましょう!

参考:廣瀬智也(桐生第一)はドラフト期待|浦和シニアでも主将の大黒柱

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック