2020注目の内野手

廣瀬智也(桐生第一)の打撃に注目|浦和シニアでも主将の大黒柱

群馬の強豪・桐生第一で1年秋からベンチ入りしている廣瀬智也選手。

中学時代は浦和シニアに所属し、3年時には主将として全国大会も経験しています。

2019夏には2年生ながら四番を任されるなど、早くから桐生第一の中心選手として活躍している選手だけにこれからの活躍が楽しみですね!

新チームでは主将としても桐生第一を引っ張る、廣瀬智也選手について特集していきましょう。

廣瀬智也は中学時代に浦和シニアで主将

右投げ右打ちの廣瀬智也選手は、中学時代を浦和シニアでプレーしていました。

中学2年時からチームの主軸として全国大会3位の成績を残しており、ベストナインにも選ばれる活躍を見せていますね!


また3年時には浦和シニアの主将としてチームを牽引し、ジャイアンツカップでも3位に輝くなど当時から将来が楽しみな選手だったと言えます。

このときのチームメイトだった中井大我選手も花咲徳栄で主将を務めていますし、これから先での激突も楽しみですね…!

参考:中井大我(花咲徳栄)は中学日本代表|好打のイケメン主将は守備も注目

Sponsored Link

桐生第一・廣瀬智也はバッティングに期待

中学時代からパワフルなバッティングには定評があった廣瀬智也選手ですが、桐生第一の主軸としても期待がかかります。

身長182cm・体重85kgの恵まれた体格を活かし、四番としても結果を残しているんですよね。

2019夏の群馬大会・利根商業戦でも大事な場面でしぶとくタイムリーを放ちましたが、新チームでもその勝負強さで存在感を示しています。


2019秋の関東大会・桐光学園戦でも、8回に試合を決定付けるタイムリーを放って貴重な追加点をもたらしましたね!

チャンスで一本が打てる勝負強さは桐生第一にとっても頼もしい限りでしょうし、主将の一打が与える勢いも見逃せません。

選球眼の良さも兼ね備えているため繋ぎ役としても良い働きが出来る選手だけに、これからの活躍にはぜひ注目していきましょう。

Sponsored Link

桐生第一・廣瀬智也はキャプテンシーも魅力

新チームからは桐生第一の主将を任された廣瀬智也選手ですが、中学時代も全国屈指の名門・浦和シニアで主将を務め、全国大会も経験しています。

豊富な経験はもちろん、強いキャプテンシーは新たにスタートを切ったチームにとっても非常に大きいでしょうね。

グラウンド上でのプレーだけでなく、行動でもチームの模範となるような行動をとっていることには頭が下がります。


エースの宮下宝投手も目覚ましい成長を遂げていますから、二人は投打の柱としてチームを支えていく存在になるでしょう。

前橋育英や健大高崎をはじめ群馬も強豪がひしめく戦いが続きますが、桐生第一の中心選手として廣瀬智也選手には大いに注目していきたいと思います!

参考:宮下宝(桐生第一)は投球術に注目|エース左腕は自覚で急成長

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック