2020ドラフト投手

黒田晃大(佐和)はドラフト期待|最速更新で急成長の大型右腕

茨城の佐和高校で1年の2018秋からエースナンバーを背負っている黒田晃大(くろだ あきひろ)投手。

最速140キロ超のストレートとキレのある変化球を武器に、高い奪三振率を誇るドラフト注目の右腕です。

中学時代は水戸東シニアに所属し、強豪私立からも誘いを受けるなど進路が注目されていた逸材ですね!

2020ドラフト候補としても期待の、佐和・黒田晃大投手を特集していきましょう。

佐和・黒田晃大はドラフト期待の高校生投手

最速140キロ超

1年の2018秋から背番号1を背負い、佐和のエースを任されていた黒田晃大投手の大きな武器は、やはり140キロ超のストレートです。

2年の2019夏の茨城大会で球速140キロをマークし、高校3年になった2020夏には自己最速を2キロ更新する142キロを記録。

夏の茨城大会前に行われた強豪・浦和学院との練習試合では、4球団のスカウトの前で5回2安打無失点の好投も見せていましたね!

身長181cmの体格的にもまだまだ球速を伸ばすことが期待できますし、ドラフト候補に急浮上しているのも納得です。

制球力も安定

140キロ超えのストレートで相手打者を圧倒している黒田晃大投手ですが、高い制球力も兼ね添えています。

2年までは制球力が課題と言われることもあったものの、2020夏の茨城大会2回瀬・小瀬戦では無四球の完投勝利を挙げるなど安定したピッチングを披露。

ランナーがいるときには低めにボールを集めるように意識するなど、状況に合わせたピッチングもできるクレバーな投球を身に付けていますね…!

常総学院・一條力真投手らと共に、ドラフト右腕として茨城の高校野球を盛り上げてくれる存在であることは間違いありません。

参考:一條力真(常総学院)は中学で県選抜|球速と将来性に期待の長身右腕

Sponsored Link

ドラフト期待の黒田晃大は球速もまだ伸びる

2020ドラフト候補として注目を集めている黒田晃大投手は、将来の伸びしろにも期待が寄せられています。

佐和に入学した当初は体重65kgと線が細かった黒田晃大投手ですが、そこから2年で78kgまで体重を増やすことに成功。

身長181cm・体重78kgと厚みが増しており、最速140キロを超えるストレートを投げるまでになりましたが、それを陰で支えたのが母・純子さん。ご飯を中心とした1.6kgのお弁当を毎日食べていたそうです…!

これからのトレーニングでさらに身体が大きくなってくるでしょうし、球速150キロの大台も十分に狙えるピッチャーと言えるでしょう。

Sponsored Link

佐和・黒田晃大は変化球にも注目

140キロ超のストレートだけでなく、キレのある変化球でも打者を翻弄している黒田晃大投手。

主な球種はスライダー、カーブ、フォークで、変化球でもストレート同様に腕をしっかり振って投げれるところも長所になっています。

特に切れ味鋭いスライダーが軸になっていて、低めやコーナーへのコントロールも抜群。

完投した2020夏の茨城大会2回瀬・小瀬戦では13個の三振を奪うなど、高い奪三振率も魅力ですね!

フォークもあまり多くは投げないボールですが、ブレーキがきいていて精度が上がってくれば面白いボール。

ストレートを軸にした組み立ての中で、変化球とのコンビネーションにも注目していきましょう。

Sponsored Link

黒田晃大は佐和高校からドラフトなるか

最速140キロ超のストレートとキレのある変化球でエースを務め、2020ドラフト候補としても注目されている黒田晃大投手。

佐和高校に入学してから目覚ましい成長を遂げていますし、体格的にもポテンシャルを感じるピッチャーです。

また打撃では四番を任されるなど打力にも優れており、巨人の内田スカウトからも「野球センスがありそう」と素質が注目されていますね…!

2020夏の茨城大会で活躍すれば、2020ドラフトで指名される可能性も十分にありますし、霞ヶ浦の二刀流・山本雄大投手らとの激突はぜひ観てみたいところ。

公立の星として佐和の黒田晃大投手の活躍に注目しつつ、2020ドラフトでの指名にも期待していきましょう!

参考:山本雄大(霞ヶ浦)はドラフト期待|二刀流のずば抜けた野球センス

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック