2020ドラフト投手

佐々木湧生(明桜)はドラフト期待|球速アップに変化球のキレも抜群

1年の2018春からマウンドを経験し、明桜のエースナンバーを背負う佐々木湧生(読み方は「ささき ゆう」)投手。

球速140キロを超えるストレートと切れ味鋭い変化球を武器にする本格派右腕です。

中学時代は秋田クラブの主戦格として全国大会の準優勝に貢献するなど、当時から進路が注目されていた選手ですね!

プロのスカウトからも注目を浴びる、明桜の2020ドラフト候補・佐々木湧生投手を特集していきましょう。

佐々木湧生の中学は秋田クラブで全国準優勝

右投げ右打ちの佐々木湧生投手は秋田市立秋田東中学の出身で、中学時代は軟式野球部に所属していました。

中学3年時には秋田の選抜チーム・秋田クラブでも主戦で活躍し、全国大会の準優勝にも貢献しています。

同じく明桜の主力で活躍する下沢優斗選手や山本楓斗選手らは、秋田クラブでも共に中心となったチームメイトですね!

ちなみに全国大会での佐々木湧生投手は

  • 準決勝の秀光中学戦を完封
  • 2回戦の久留米BBC戦でも完封

など、まさに大車輪の活躍で躍進の立役者となりました。

全国大会での活躍が評価された佐々木湧生投手は、全国の強豪からも誘いがあったようですが、地元の高校でプレーしたいと明桜に進学。

特に全国大会準決勝の秀光中学戦で完封を飾っているだけに、仙台育英から声がかかっていても不思議ではないでしょう…!

明桜では1年春からベンチ入りを果たし、2018ドラフトで日本ハムに1位指名された金足農・吉田輝星投手を間近で見て「このぐらいのボールの質までいくと打たれない」と体感したといいます。

Sponsored Link

明桜・佐々木湧生はドラフト期待の本格派

変化球のキレが一級品

明桜のエースとして注目が集まる佐々木湧生投手ですが、抜群のキレを誇る変化球は大きな武器になっています。

スライダー・カーブ・チェンジアップ・スプリットと主に4つの球種を操り、打者に的を絞らせないピッチングは見ものですね。

中でもスライダーのキレは抜群で、高校トップクラスといっても過言ではないでしょう。

全ての球種でストライクを取れることはもちろん、両コーナーに投げ分ける高い制球力も兼ね備えているため、打ち崩すのが非常に難しい投手です。

抜群の安定感

高い精度を誇る変化球を軸としたピッチングで、安定感も光る佐々木湧生投手。

2年時からエースナンバーを背負っていただけに経験も豊富で、2019春の東北大会・鶴岡東戦では、強力打線を相手に要所を締めて7安打2失点で完投勝利。

また2019秋の秋田大会準決勝・秋田商戦では3安打無失点の完封を記録するなど、長いイニングでも崩れることなく投げ切るスタミナも兼ね備えています。

試合を作れる投手が柱にいてくれることは明桜のチーム力としても非常に大きいことは言うまでもなく、2020夏の戦いでもマウンドでの姿が楽しみですね!

1学年下には147キロ右腕・風間球打投手らがいますが、佐々木湧生投手の存在は大きな刺激になっていることでしょう。

完成度の高いピッチングを披露するだけに、ドラフト候補として名前が挙がっているのも不思議ではありません。

参考:風間球打(明桜)はドラフト期待|球速の伸び方も異次元レベル

Sponsored Link

ドラフト期待の明桜・佐々木湧生は球速にも注目

キレのある変化球だけでなく、佐々木湧生投手はストレートの球速も見逃せません。

2019夏に最速141キロをマークしているストレートは明らかに余力があるように感じますし、実際には140キロ中盤を投げられる能力は十分に持っているとも見られています。

球速よりも、試合全体を通してのピッチングを見据えているのかもしれませんね…!

ただ、2019秋からは下半身を意識して使って投げるフォームへと改善もはかり、試合後半になっても球威が落ちなくなりました。

身長183cm・82kgと体格的にもかなり仕上がっていますから、2020夏の秋田大会で球速140キロ台中盤〜後半をマークする可能性も十分。

同じくドラフト候補のチームメイト・長尾光投手も球速150キロの大台間近ですから、明桜の投手陣は本当に楽しみですね!

佐々木湧生投手はスピンの効いたキレのあるストレートを投げるピッチャーだけに、球速も乗ってくるとますますスカウトを魅了するでしょう。

参考:長尾光(明桜)はドラフト期待|球速だけじゃない注目株は上位指名も

Sponsored Link

佐々木湧生は明桜からドラフトに期待

中学時代は秋田クラブで全国準優勝を果たし、明桜でも2年春からエースナンバーを背負っている佐々木湧生投手。

変化球のキレ・精度ともに申し分ないうえ、高い制球力も見逃せません。

球速140キロを超えるストレートも併せ持つなどバランスも良く、落ち着いたマウンドさばきも含めて秋田ナンバーワン右腕と呼ばれるのも納得です。

体格的にも大きな将来性を感じますし、2020ドラフトでも東北から高校野球ファンを沸かせてほしいですね!

146キロ右腕・橘高康太投手らと共に、明桜の躍進に欠かせない投手であることは間違いありませんから、佐々木湧生投手のこれからには大いに注目していきましょう。

参考:橘高康太(明桜)はドラフト期待|球速大幅アップで高校屈指の右腕に

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック