2020ドラフト投手

桑原秀侍(神村学園)はドラフト注目|球速も期待の中学日本代表

鹿児島の神村学園で、1年の2018秋からベンチ入りしている桑原秀侍(読み方は「くわはら しゅうじ」)選手。

投手では球速150キロに迫るストレートを投げる一方で、打撃では2019夏から四番を務めるなど投打でずば抜けた存在感を放っています。

中学時代は熊本中央ボーイズで全国大会も経験した上に、日本代表では主将を務めていた逸材なんですよね…!

投手と野手の二刀流で2020ドラフト注目の、神村学園・桑原秀侍選手を特集していきましょう。

桑原秀侍の中学時代は日本代表を経験

熊本中央ボーイズで全国

右投げ右打ちの桑原秀侍選手は中学時代、硬式野球チームの熊本中央ボーイズに所属していました。

早い時期から抜群のセンスで頭角を現し、投打にわたりチームを牽引。中学3年時にはチーム初のジャイアンツカップ出場にも大きく貢献していますね!

また、個人でも『第17回熊本大会in天草』で最優秀選手賞を獲得しており、大阪桐蔭への進学が噂されるなど当時から進路が話題だった選手です。

日本代表では主将も

熊本中央ボーイズでの実力が高く評価された桑原秀侍選手は、中学3年時には世界少年野球大会の日本代表にも選出されました。

さらに大会では主将を務め、準決勝のアメリカ・アラメダ戦に登板して勝利に貢献するなど、日本代表の優勝に大きく貢献しているんですよね…!

また日本代表では、智弁和歌山で1年秋からレギュラーを獲得している細川凌平選手らともチームメイトでしたね。

共に2020ドラフト候補として注目を集めていますし、2020夏に高校野球を盛り上げてくれる存在であることは間違いないでしょう。

参考:細川凌平(智弁和歌山)はドラフト上位|中学でも日本代表の俊足強打

Sponsored Link

神村学園・桑原秀侍はホームランに期待

投打にわたり神村学園の中心で活躍する桑原秀侍選手ですが、まず注目を集めているのが2年夏から四番を打っているバッティングです。

ホームランを打てる長打力を持っている右打者で、2年の2019夏の甲子園・佐賀北戦ではライトオーバーの二塁打も放っていましたね!

さらに2020夏の鹿児島大会では川辺戦・吹上戦で2試合連続のホームランを記録し、持ち前のパンチ力を存分に発揮しています。

1回戦の大島戦でも左中間に特大のホームランを叩き込んでいましたし、芯でとらえたときの飛距離も見逃せません。

身長174cm・体重79kgと均整のとれた体格から、スイングスピードも今後さらに速くなるでしょうね…!

Sponsored Link

ドラフト期待の桑原秀侍は球速も凄い

抜群の長打力を見せるバッティングだけでなく、投手ではストレートの球速でも注目を集めている桑原秀侍選手。

2020夏には最速147キロを記録し、150キロの大台突破も十分にありえるピッチャーなんですよね!

前チームからエースだった田中瞬太朗投手らとの競争を制して、見事エースの座を勝ちとりました。

鹿児島大会1回戦の大島戦では8回無安打の好投で、コールドのため参考記録ながらノーヒットノーランを達成。

ホームランに加えて投手でも球速で沸かせてくれるあたり、ポテンシャルの高さは文句なしの逸材と言えます。

Sponsored Link

桑原秀侍は神村学園からドラフト期待

投手では球速150キロに迫るストレートを投げ、打者でもホームランを打てるパンチ力と抜群のセンスでドラフト注目の桑原秀侍選手。

外野手としてのプレーのほか、2020夏にはショートにも挑戦していて、適応能力の高さもアピールしています。

投手でも150キロ超えに大きな期待がかかりますし、変化球のレベルが上がってくれば十分に勝負できる逸材。

同じく投打でドラフト期待の大村工業・作本想真選手と並び、桑原秀侍選手は九州屈指の二刀流といえるでしょう。

神村学園躍進の鍵を握る桑原秀侍選手の活躍も楽しみにしつつ、2020ドラフトも追いかけていきたいと思います!

参考:作本想真(大村工業)はドラフト期待|ホームランに注目の逸材は二刀流

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック