2020ドラフト投手

坂口翔颯(報徳学園)はドラフト期待|球速だけじゃない右腕の進化

兵庫の名門・報徳学園で1年秋からベンチ入りしている坂口翔颯(読み方は「さかぐち かすが」)投手。

球速140キロを超えるストレートとキレ味鋭い変化球で、エースとして2019秋の兵庫大会優勝にも大きく貢献しました。

中学時代には阪神ボーイズのエースとして全国大会にも出場しており、進路に注目が集まっていた選手の一人でもありますね!

2020ドラフトに期待する声も挙がっている、報徳学園の坂口翔颯投手について特集してみました。

坂口翔颯の中学時代は阪神ボーイズ出身

右投げ右打ちの坂口翔颯投手は軟式の尼崎スピリットで野球を始め、中学進学後は硬式の阪神ボーイズに所属。

中学3年時にはエースとして全国大会に出場し、全国ベスト16の実績を残しました。

兵庫県内の硬式野球チームで優勝を争うオリックス・バファローズCUPにも出場し、チームの優勝に大きく貢献していますね!

中学を卒業して報徳学園に入学した直後には、練習試合での登板で最速137キロを記録していますし、阪神ボーイズでも球速130キロを超えていたと見えます。

Sponsored Link

報徳学園・坂口翔颯はドラフト期待の好投手

球速以上のスピード感

ドラフトにも期待の坂口翔颯投手ですが、まず注目したいのが球速以上の速さを感じさせるストレートです。

2019秋の兵庫大会でも相手打者が振り遅れる場面は多々見受けられましたし、真っ直ぐのキレは傍目にも明らかなんですよね…!

低めのボールも伸びが素晴らしいですし、コースに決まるとなかなか手が出ないピッチャーだと言えます。

2019秋の時点で最速142キロをマークしていますが、今後のトレーニングで下半身の安定度は増してくるでしょう!

球速はもちろん、球質にも期待できる投手だけにこの先の成長が本当に楽しみです。

2年生で最速151キロをマークし、2020ドラフト注目の明石商業・中森俊介投手との投げ合いはこれからも期待したいですね…!

参考:中森俊介(明石商業)はドラフト注目|球速150キロ以外の武器とは

切れ味鋭い変化球

坂口翔颯投手はストレートだけでも攻略が難しいと見られている一方で、変化球のキレにも定評があります。

チェンジアップにスプリットと縦の変化が素晴らしく、ここぞという場面で三振を奪えるなど決め球としての威力も十分なんですよね。

2019秋の兵庫大会決勝・明石商業戦でも最終回を3者連続三振で締めるなど、9奪三振1失点で完投。

バッテリーを組む南條碧斗捕手も攻守に期待の逸材ですし、例年にも増して今後の報徳学園は目が離せません。

参考:南條碧斗(報徳学園)は中学日本代表|京都出身の強打者は1年で四番

Sponsored Link

報徳学園・坂口翔颯は制球力も見もの

速球と変化球のコンビネーションで打者を翻弄する坂口翔颯投手ですが、その土台となっているのが抜群の制球力です。

左右の打者に対し、インコースに投げ切ることができるコントロールは本当に素晴らしいものがありますね…!

身長178cmの体格はやや細身な印象を受けますから、馬力や安定感の面でも伸びしろには期待したいところです。

2020ドラフトにも期待しつつ、坂口翔颯投手の成長を楽しみに追い掛けていきましょう!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック