2020ドラフト投手

佐々木康(青藍泰斗)はドラフト期待|球速以上のノビと多彩な変化球

栃木の青藍泰斗で2年の2019春からエースを任されていた佐々木康(ささき こう)投手。

最速140キロ超のストレートと切れ味鋭い変化球で、奪三振を量産していく本格派右腕です。

エースを任される一方で四番にも座るなど、2019秋の栃木大会でも投打にわたる活躍で青藍泰斗の優勝に大きく貢献していました。

2020ドラフト候補としても楽しみな、青藍泰斗の佐々木康投手を特集していきましょう。

青藍泰斗・佐々木康はドラフト期待の本格派

最速140キロ超

青藍泰斗のエースを任される佐々木康投手ですが、まず球速140キロ超のストレートは大きな武器になっています。

1年の2018冬にトレーニングに取り組んだ結果、2年夏には142キロをマーク。高校最後の夏を前に最速145キロを記録しているんですよね…!

2020夏の栃木大会1回戦・栃木翔南戦でも6者連続三振を含む完投でチームの勝利に大きく貢献しました。

身長177cm・体重70kgと体格的には細身に映るため、身体が出来てきたときにどこまで球速が伸びていくのかも非常に楽しみな投手です!

球速以上のノビ

また球速以上に相手打者の脅威になっているのが、佐々木康投手が投げるストレートのノビです。

しなやかな腕の振りから放たれるストレートはコントロールも良く、外角低めにズバッと決まると手が出ないほど質も高いんですよね…!

栃木の独自大会が始まる前に行われた佐野日大との練習試合では、7回7奪三振2失点と好投。2019秋の栃木大会でベスト4だった強豪を相手にも堂々としたピッチングを見せていました。

バランスの良いフォームから将来性も期待されていますし、2020ドラフトでも注目の逸材といえるでしょう。

Sponsored Link

ドラフト期待の佐々木康は変化球も魅力

最速145キロのストレートに加え、キレのある多彩な変化球でも打者を翻弄している佐々木康投手。

変化球の球種も非常に豊富で、

  1. スライダー
  2. カットボール
  3. カーブ
  4. チェンジアップ
  5. スプリット

と、多彩な変化球を操る点も見逃せません。

特に佐々木康投手の大きな武器になっているのがカットボールとスプリットですね!

いずれもストレートと球速が近いところから打者の手元で鋭く変化するため、相手打者が対応できずに空振り(あるいは凡退)する場面も多く見受けられます。

同じく2020ドラフト候補の明桜・長尾光投手も多彩な変化球で話題になっていますが、佐々木康投手の豊富な球種もこれから注目度が上がりそうです…!

スピンが効いたストレートで押し込むピッチングが印象的ではあるものの、キレの良い変化球を持ち合わせている点もスカウトに高く評価されるでしょう。

参考:長尾光(明桜)はドラフト期待|球速だけじゃない注目株は上位指名も

Sponsored Link

青藍泰斗・佐々木康はバッティングも非凡

投手で世代トップクラスの実力を誇る佐々木康投手は、打撃でも非凡なセンスを随所に見せています。

2019秋の栃木大会では四番を任されるなど打線の核となって活躍し、チームの優勝に大きく貢献していました。

関東大会の西武台戦でも二塁打を放っており、長打力も秘めている右打者なんですよね…!

外野手としての強肩ぶりは言うまでもなく、野手での才能にも定評がある佐々木康投手。

投打に渡って青藍泰斗の中心選手であることは間違いありませんから、2020夏の栃木大会でも大いに実力を示してほしいものです!

Sponsored Link

佐々木康は青藍泰斗からドラフトへ

最速140キロ超の速球と多彩な変化球を武器に、高校野球ファンからも注目が集まる佐々木康投手。

体格的にもこれからまだまだ伸びしろのあるピッチャーですし、ノビのあるストレートが更に速くなるといよいよ無双状態に入りそうですよね…!

青藍泰斗の同世代では、中日・石川翔投手を兄に持つ石川慧亮選手もドラフト候補として注目されていますし、一気に全国区になるだけのポテンシャルは秘めています。

2020夏には甲子園がないのが寂しいですが、佐々木康投手の今後の活躍に期待しつつ、ドラフトも楽しみに待ちたいですね…!

参考:石川慧亮(青藍泰斗)はドラフト期待|ホームランに注目の長距離砲

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック