2020ドラフト投手

東田健臣(西脇工業)はドラフト期待|球速以上のキレと変化球に凄み

兵庫の西脇工業で1年の2018年秋からベンチ入りし、評価を上げてきた東田健臣(読み方は「とうだ けんしん」)投手。

本格派左腕として強豪ひしめく兵庫県で輝きを放っており、複数球団が興味を示しているドラフト候補です。

身長171cmと上背はないものの完成度が高く、高い将来性を感じるピッチングで高校野球ファンからも人気の投手ですね…!

2019冬には兵庫県選抜にも選出されている、西脇工業の東田健臣投手を特集していきましょう。

参考:2020ドラフト候補の高校生投手【最新】目玉になれる逸材は?

西脇工業・東田健臣はドラフト期待の本格派

本格派左腕として2020ドラフト注目の、西脇工業・東田健臣投手。

2019秋の時点でストレートは最速141キロをマークしていますが、球速以上に体感速度が速いサウスポーですね!

身長174cm・74kgと以前は細身に見えた体格も厚みが増しており、これから更に球速が伸びそうな期待感も。

高校最後の2020シーズンで140キロ台中盤〜後半をマークしても不思議ではありません。

ワインドアップから重心を下げ、左腕をしなやかに使った綺麗なフォームから投げ込むストレートは抜群のキレ。

制球力も素晴らしく、ストライクゾーンを広く使える部分も東田健臣投手の持ち味といえるでしょう。

完成度の高さとポテンシャルの高さを持ち合わせた投手で、プロのスカウトも複数球団がマークしているのも納得ですし、西脇工業のエースはまだまだ注目度を上げそうです!

Sponsored Link

ドラフト期待の東田健臣は変化球のキレも凄い

東田健臣投手は球速140キロを超えるストレートを持つ一方で、変化球のキレも素晴らしい投手です。

主な変化球の球種としては

  1. スライダー
  2. カーブ
  3. カットボール
  4. チェンジアップ

を投げ分けており、多彩な上にどの球種も質が高いのが特徴。

特に決め球として投じるスライダーは一級品で、キレ・変化量ともにレベルが高く三振の数も自然と増えていきます。

右打者はアウトコースのボール球から中に差し込んでくるため手が出ない場面も多く、左打者は外に逃げていく変化球にバットが当たらない。

ストレートと同じ軌道から鋭く変化するあたりも、東田健臣投手に対して相手打線が手を焼く要因のひとつでしょう。

2年の2019秋に強豪・社打線を相手に見せた11奪三振・完封のピッチングはまさに圧巻でしたね…!

テンポ良くどんどん投げ込んでいく投球スタイルも、高校野球ファンからは人気を集めている投手です。

Sponsored Link

西脇工業・東田健臣は兵庫選抜で台湾遠征

また東田健臣投手は素晴らしい活躍が評価されて、2019冬には兵庫県選抜に選ばれました。

2020ドラフトの目玉と見られている明石商業・中森俊介投手をはじめ、ハイレベルな選手と共に台湾遠征を経験したことは東田健臣投手にとって大きな経験となりましたね!

高いレベルでも通用するといった自信にも繋がったでしょうし、同時にピッチングの課題も明確になったのではないでしょうか。

常に自分で考えて努力してきたからこそ今の東田健臣投手がありますし、この経験を大きく生かしてくれることは間違いありません。

いずれにしても兵庫県選抜に選出されるポテンシャルの高さは言うまでもなく、西脇工業での最後の夏にも大いに注目したいですね!

参考:中森俊介(明石商業)はドラフト注目|球速以上の完成度は世代随一

Sponsored Link

東田健臣は西脇工業からドラフトに期待

東田健臣投手は将来性が高い本格派左腕として、2020ドラフト指名への期待が高まります。

球速以上に魅力のあるストレートに、鋭く変化するスライダーのコンビネーションは高校生レベルではなかなか攻略が難しいボールでしょう。

全国的な知名度こそまだ高くないものの、仮に甲子園出場があったとすれば間違いなく全国区になっていた投手。

東田健臣投手のポテンシャルをもってすれば、上位指名を受ける可能性もあるのでは?と一部で見られているのも納得です。

右打者へのクロスファイヤーをはじめ本当にマウンドでの期待感が高い投手ですから、静岡商業・高田琢登投手らと共に高校生左腕としてのドラフトにも期待しています!

参考:高田琢登(静岡商)はドラフト期待|球速だけじゃない中学日本代表

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック