<2019ドラフト>

2019ドラフト高校生野手【最新版】志望届の提出状況と進路は?

2019年10月17日(木)に行われるプロ野球ドラフト会議ですが、高校生の選手たちの動向にも注目が集まります。

プロ志望届を提出するのか、あるいは大学への進学や社会人を希望するのか。

この記事では高校生野手のドラフトに関する動向をまとめますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

参考:2020ドラフト候補の高校生野手【最新】スカウトはどう評価する?

目次

【北海道地区】ドラフト候補の高校生野手

旭川大・持丸泰輝(捕手)広島育成1位

2019夏の甲子園で奥川恭伸投手からヒットを放つなど、打てるキャッチャーとして期待がかかる旭川大高の持丸泰輝選手。

強肩も高く評価されており、ドラフト指名の可能性は非常に高いでしょう。

参考:持丸泰輝(旭川大高)はドラフトなるか|雪辱は甲子園で果たしてほしい

札幌大谷・石鳥亮(外野手)国学院大学

高校通算20本以上のホームランをマークしている強打の右打者。

札幌大谷の主軸に座っていた北海道トップクラスの打力を誇る選手で、進路にも注目が集まりますね!

参考:石鳥亮(札幌大谷)のホームランに注目|怪我を乗り越えて魅せる四番の姿

Sponsored Link

【東北地区】ドラフト候補の高校生野手

八戸学院光星・武岡龍世(遊撃手)ヤクルト ドラフト6位

走攻守三拍子揃った野手として、2019夏の甲子園でもリードオフマンとしてチームをベスト8に導く活躍を見せた武岡龍世選手。

プロ志望届を出すことをすでに明言しており、ドラフト会議が楽しみです。

参考:武岡龍世はドラフトの逸材|守備走塁も一級品のイケメンショート

八戸学院光星・近藤遼一(一塁手)天理大学

高校通算29本のホームランを放った近藤遼一選手は甲子園でも活躍を見せており、2019夏で人気が急上昇しました。

打率も残せる右打者だけに、パリーグの球団が手を伸ばすか。

参考:八戸学院光星・近藤遼一はドラフト注目|高校通算はどこまで伸びるか

黒沢尻工・石塚綜一郎(捕手)ソフトバンク育成1位

高校通算39本のホームランをマークした強打のキャッチャー。

マウンドでも最速142キロを記録する強肩は二塁送球タイムが1秒88とプロ上位のタイムですし、これからの伸びしろにも大きな期待がかかります。

日大山形・渡部雅也(捕手)東北福祉大学

二塁送球タイム1秒87を誇る強肩が自慢のキャッチャー。

身長183cm・体重84kgのどっしりとした体格で長打が期待できる右打者は、春の合宿でU18日本代表候補にも選出されています。

鶴岡東・丸山蓮(外野手)立正大学

U18日本代表の習志野・飯塚脩人投手からも甲子園でホームランを放った強打者。

ピッチャーとしても才能を見せていた選手ですが、ドラフトでは野手として注目を集めていますね!

参考:鶴岡東の注目選手【2019夏】破壊力を見せる強力打線と大型左腕

酒田南・伊藤海斗(外野手)巨人 ドラフト6位

県内屈指の大型スラッガーは、プロ志望届を提出しました。

全国的な知名度は現状そこまで高くないものの、将来性が高い左の長距離砲だけに指名が楽しみですね…!

参考:伊藤海斗(酒田南)はドラフト注目|ホームランが魅力のアナコンダ

Sponsored Link

【関東地区】ドラフト候補の高校生野手

花咲徳栄・韮澤雄也(遊撃手)広島 ドラフト4位

走攻守三拍子揃ったショートとして花咲徳栄で1年生からベンチ入りしている韮澤雄也選手。

2019年のU18日本代表にも選出されましたが、ミート力に長け、広角に打てるバッティングが高い評価を受けている左打者です。

参考:韮澤雄也(花咲徳栄)はドラフト注目|新潟出身の逸材は西川愛也に並ぶか

東海大相模・遠藤成(遊撃手)阪神 ドラフト4位

投手としても最速145キロを投げる本格派ですが、高校通算45本の打力を買われて野手での指名があるのではないかと見られています。

足もありますし、2019夏の甲子園での活躍も素晴らしいものがあっただけに楽しみですね!

U18日本代表にも選出されており、ドラフトは十分にあり得るでしょう。

参考:遠藤成(東海大相模)はドラフト注目|二刀流はスイングスピードも一級品

常総学院・菊田拡和(外野手)巨人 ドラフト3位

右の大砲として期待がかかる菊田拡和選手は、プロ志望届を提出する意向を固めました。

高校通算50本超えのスラッガーはU18日本代表に選出されておかしくなかった逸材ですから、どの球団に指名を受けるかが楽しみですね!

参考:常総学院・菊田拡和のドラフトに注目|驚異のスイングから長打を連発

作新学院・石井巧(遊撃手)中央大学

2019夏の甲子園でもバックスクリーンへホームランを放った好打の石井巧選手。

守備力の高さもありドラフトで指名されると予想されていましたが、大学進学の意向を示しているようです。

参考:石井巧(作新学院)はドラフトで兄に続くか|センス抜群の三番ショート

Sponsored Link

山梨学院・野村健太(外野手)早稲田大学

高校通算53本のホームランを放った右の強打者。

甲子園での敗退後、本人は進路に関しての明言を避けたものの、吉田監督は「大学で勉強し直してから」と進学を勧めるコメントを残していました。

参考:野村健太(山梨学院)は中学で全国制覇|ホームランの推定飛距離は異次元

桐蔭学園・森敬斗(遊撃手)横浜 ドラフト1位

プロ志望届を提出すれば間違いなく上位で消えると言われている桐蔭学園の森敬斗選手。

U18日本代表にも選出されましたし、進路には注目が集まりますね。

一部では「根尾昂選手以上」と高く評価されており、高校生野手の目玉としてその動向からは目が離せません。

参考:森敬斗はドラフト1位確定?中学で桐蔭学園に進学した理由から見る強さ

東海大相模・金城飛龍(三塁手)大学

東海大相模のクリーンナップを任されていた万能プレイヤーは、大学への進学が濃厚と言われています。

ポテンシャルの高さを考慮すると、将来的にはプロでの活躍が見たい選手です…!

参考:東海大相模・金城飛龍にドラフト期待の声が多いのは父の影響じゃない

花咲徳栄・橋本吏功(外野手)東洋大学

走攻守にハイレベルな外野手で、パンチ力もあり小技も使えるあたり今後が本当に楽しみな選手です。

個人的には指名確実と見ているので、プロ志望届を提出するか否かにも注目しています。

参考:花咲徳栄・橋本吏功はドラフト注目|北海道出身の俊足強打は最強二番

東海大菅生・小山翔暉(捕手)亜細亜大学

走攻守三拍子揃ったキャッチャーで、夏の甲子園で観たかった選手の一人です。

長打力もあるバッティングは確実性も兼ね備え、一部では「高校ナンバーワン捕手は小山」との声も聞こえてくることも不思議ではありません。

上田西・斎藤慶喜(外野手)立正大学

高校球界随一とも言える俊足を持つ、ずば抜けたスピードの外野手。

単打を長打にしてしまえる走塁センスがあるだけに、将来がかなり楽しみなタイプの選手です。

参考:上田西・斎藤慶喜の俊足が凄すぎる|高校球界随一の圧倒的スピード感

関東一・大久保翔太(外野手)大学

2019夏の甲子園を足で一番沸かせた選手と言えば、大久保翔太選手の名前が挙がるでしょう。

国体でもずば抜けた脚力は注目の的でしたが、理学療法士を目指して進路は大学に進むとのこと。

ただ野球は続けるようなので、これからのステージでもぜひ注目していきたいですね!

参考:大久保翔太(関東一)の俊足が凄すぎる|攻守に光るスピードは全国一か

Sponsored Link

【東海地区】ドラフト候補の高校生野手

東邦・石川昂弥(三塁手)中日 ドラフト1位

高校通算54本のホームランをマークした右の強打者。2019春のセンバツでは二刀流で注目を浴びましたが、野手としての指名が濃厚です。

ドラフト確定と言われているだけに、どこの球団に指名を受けるのかも楽しみですね!

参考:石川昂弥(東邦)のドラフトは野手で上位|中日の1位指名にも大注目

中京学院大中京・藤田健斗(捕手)阪神 ドラフト5位

U18日本代表候補にも選出されている強肩は高校トップクラスの藤田健斗選手。

バッティングでも非凡なセンスを持つキャッチャーだけに、ドラフトにも注目が集まります。

参考:藤田健斗(中京院中京)はドラフト注目|強肩のスローイングは高校随一

駿河総合・紅林弘太郎(遊撃手)オリックス ドラフト2位

大型ショートとしてドラフトに期待がかかる強打の右打者。

本人は最後の夏を終えて「社会人も踏まえてじっくり考えたい」と話していましたが、プロ志望で意向を固めたようですね!

守備にも定評のある選手だけに、プロでの活躍が非常に楽しみです。

参考:紅林弘太郎(駿河総合)がドラフトで注目されるのも納得だと思った

愛産大三河・上田希由翔(一塁手)大学

ピッチャーとしてもマウンドを任されていた二刀流の上田希由翔選手は、ドラフトでは野手での指名が濃厚と見られています。

高校通算40本以上のホームランを放った左の強打者で、将来が楽しみなスラッガーの一人ですね!

参考:愛産大三河・上田希由翔はドラフト注目|通算40発超の日本代表候補

誉・澤野聖悠(遊撃手)楽天育成4位

身長183cmの澤野聖悠選手は、俊足好打の左打者。

誉高校を甲子園初出場に導いた立役者の一人でもありますし、6球団のスカウトが足を運んでいたこともある選手だけにドラフトが楽しみです。

参考:澤野聖悠(誉)はドラフト注目|高校通算20本超の大型ショート

津田学園・前川夏輝(三塁手)

2019夏の甲子園でも四番としてチームを引っ張った右の強打者。

チャンスに強いバッティングに加え、2018秋の東海大会で3試合連続のホームランを放った長打力も魅力のバッターです。

参考:前川夏輝(津田学園)はチャンスに強い|兄弟揃って強豪の四番は凄すぎる

Sponsored Link

【北信越地区】ドラフト候補の高校生野手

星稜・山瀬慎之助(捕手)巨人 ドラフト5位

遠投120メートル超えの強肩は高校ナンバーワンとの呼び声が高い、星稜の山瀬慎之助選手。

奥川恭伸投手の女房役として鉄壁のディフェンスを誇り、ドラフト指名は確実と見られています。

星稜・東海林航介(外野手)東海大学

2019夏の甲子園準優勝の立役者の一人である東海林航介選手。

全国トップクラスの俊足とミートセンスで先頭打者として活躍し、高い将来性を感じさせる野手ですね!

参考:東海林航介(星稜)はドラフト注目|出身中学では全国制覇の快足打者

敦賀気比・木下元秀(外野手)広島育成2位

強打の敦賀気比で四番を務めた木下元秀選手は、プロ志望届を提出することを明言しています。

高校通算30本の長打力に加えて、コースによって左右に打ち分ける巧さも兼ね備えた左打者。

敦賀気比・杉田翔太郎(一塁手)大阪学院大学

2019夏の甲子園でサイクルヒットを達成し、ドラフトへの期待が高まっていた杉田翔太郎選手。

野球を続ける意向は示しつつも、進路は大学進学とコメントを残していますね!

参考:杉田翔太郎(敦賀気比)の高校通算は?サイクル達成にドラフト期待の声も

高岡商・堀裕貴(外野手)プロ志望

高校通算20本以上のホームランを記録している左の強打者。

投手としても最速140キロ超えのストレートを投げる身体能力の高さがありますが、ドラフトでは野手として注目が集まっています!

参考:高岡商の注目選手【2019甲子園】堀裕貴・井林泰雅が打線の中心

Sponsored Link

【近畿地区】ドラフト候補の高校生野手

履正社・井上広大(外野手)阪神 ドラフト2位

身長187cm・体重94kgと恵まれた体格で、2019夏の甲子園でも活躍を見せた右の強打者。

すでにプロ志望届の提出を明言しており、高校通算48本のホームランを放った打力でドラフトにも期待がかかります。

参考:井上広大(履正社)がドラフト注目の理由は飛距離だけじゃなかった

智弁和歌山・黒川史陽(二塁手)楽天 ドラフト2位

智弁和歌山の主力として全国的にも注目を浴びていた、強打の二塁手・黒川史陽主将もドラフトでの指名が楽しみな野手の一人です。

そもそも高校生で5季連続の甲子園出場はかなり稀少ですし、経験の面でも相当な精神的強さを兼ね備えていますね!

参考:智弁和歌山・黒川史陽は中学でも関西一|ドラフト注目主将は野茂ジャパン

智弁和歌山・東妻純平(捕手)横浜 ドラフト4位

強肩強打のキャッチャーとして注目されていた東妻純平選手も、黒川史陽主将と並んでプロ志望届を提出する意向を表明しています。

2018ドラフトでプロ入りした、兄・東妻勇輔投手が所属するロッテの指名にも高校野球ファンの期待が高まっていますね…!

参考:東妻純平(智弁和歌山)にはドラフト以上に期待したいことがある

近江・有馬諒(捕手)関西大学

高校ナンバーワンと呼ばれる鉄壁のディフェンスを見せる有馬諒選手ですが、甲子園での敗退後の情報では大学への進学が濃厚とのこと。

正直、なんとなく予想してはいましたが…4年後のプロ入りを楽しみにしたいと思います!

参考:近江・有馬諒がドラフト確定と言われる理由は目に見えない力にある

智弁学園・坂下翔馬(遊撃手)近畿大学

U18野球日本代表のキャプテンに選ばれた智弁学園の坂下翔馬選手。

甲子園では八戸学院光星に敗れて初戦敗退を喫したものの、ポテンシャルの高さはプロのスカウトも高く評価している素晴らしい野手です。

ただワールドカップも経験し、進路は大学が濃厚と言われていますね。

参考:坂下翔馬(智弁学園)はドラフトも注目|小中学で全国制覇の最強主将

明石商業・安藤碧(外野手)立教大学

明石商業の四番として甲子園でもホームランを放った左の強打者。

外野の守備で見せる強肩ぶりも素晴らしいものがあり、U18日本代表に選出されてもおかしくなかった外野手と言えますね。

参考:安藤碧(明石商)は抜群の身体能力|ドラフトの将来性に加えて文武両道

智弁和歌山・根来塁(外野手)国学院大学

強力打線の中でバットコントロールの巧さが高く評価されていた左打者。

クッションボールの処理やレフトで見せる強肩など守備も上手く、上の世界での活躍を観てみたい選手です。

参考:根来塁(智弁和歌山)が突然ドラフトで指名されても驚かないと思う

Sponsored Link

近江・住谷湧也(外野手)西濃運輸

2018夏に甲子園最高打率の記録を塗り替えた左の好打者。

進路は社会人が濃厚かと言われていますが、抜群の打撃センスを持つバッターだけに今後の動向からは目が離せません。

参考:近江・住谷湧也が打率の記録を塗り替えたのは必然だったのかもしれない

履正社・桃谷惟吹(外野手)立命館大学

2019夏の甲子園でチームを優勝に導いた強打のリードオフマン。

思いきりの良いバッティングでU18日本代表への選出も期待されていただけに、上のステージでの活躍も非常に楽しみな右打者です。

参考:桃谷惟吹(履正社)はオリックス出身|豪快な先頭打者は甲子園で雪辱なるか

明石商業・水上桂(捕手)楽天ドラフト7位

抜群の野球センスでU18日本代表でも活躍を見せている水上桂選手は、明石商業で2年生から出場していたのも納得の逸材です。

世界大会でホームランを放つなど、強肩の守備に加えて攻撃面でも存在感を見せていますから、今後の動向も非常に楽しみですね!

U18日本代表でのワールドカップを終えて、進路は大学が濃厚と言われていましたが、プロ志望届を提出しましたね!

参考:水上桂(明石商)はイケメンキャッチャー|強肩強打で日本代表に抜擢

京都国際・上野響平(遊撃手)日本ハム ドラフト3位

高校球界屈指の守備力を誇るショートストップ。

華麗な守備はプロでも通用すると言われていますし、どの球団に指名を受けるのかに注目していきましょう。

参考:上野響平(京都国際)はドラフト確定|プロ級の守備力が凄すぎる

Sponsored Link

【中国・四国地区】ドラフト候補の高校生野手

宇部鴻城・酒井隼平(三塁手)大学

2019夏の甲子園でもホームランを放った酒井隼平選手は、身長181cm・体重90kgとスケールの大きさが将来有望と見られている右の強打者です。

打撃センスに溢れるバッターだけに期待していましたが、甲子園での敗退後には「大学で野球を続けたい」と語っていますね。

開星・田部隼人(遊撃手)横浜 ドラフト5位

豪快に引っ張るバッティングが持ち味の大型ショート。

身長186cmと恵まれた体格を活かしてのバッティングはもちろん、強肩を活かした守備もスカウトから高く評価されている選手ですね!

参考:田部隼人(開星)はドラフト期待|中学でも中四国選抜の大型ショート

明徳義塾・古澤怜大(外野手)拓殖大学

攻守に高いパフォーマンスを見せる、明徳義塾の不動のリードオフマン。

俊足強肩の持ち主だけに、もう少しバッティング面でアピールしたかった感はありましたね…!

参考:古澤怜大(明徳義塾)は俊足巧打|ギラつくリードオフマンは攻守に存在感

Sponsored Link

【九州・沖縄地区】ドラフト候補の高校生野手

熊本工・内田雄大(外野手)

熊本工業の内田雄大選手は1年生からクリーンナップを任されるなど、抜群の打撃センスを誇る左打者です。

ポテンシャルの高い選手だけに、将来性をプロのスカウトがどう評価するか。

参考:熊本工の注目選手を紹介|ドラフト注目の二人は甲子園でも暴れるか

西日本短大付・近藤大樹(遊撃手)プロ志望

軽快なフットワークで魅せるショートでの堅い守備は安定感も抜群で、ドラフト指名確実と見られています。

50メートル5秒9の俊足も魅力がありますね…!

プロ志望の意向を示していますし、プロの世界で華麗な守備が観られるのは本当に楽しみです。

参考:近藤大樹(西短)はドラフト確実|守備がプロ級の俊足ショートに注目

大分・江川侑斗(捕手)楽天育成1位

二塁送球タイム1秒85を誇る強肩キャッチャー。

九州ナンバーワン捕手とも呼ばれた実力は確かで、2019春のセンバツ甲子園でも活躍を見せていましたね。

巧みなリードにも定評がある選手だけに、ドラフトで指名を受ける可能性は十分でしょう。

富島・松浦佑星(遊撃手)大学

2019夏の甲子園でも攻守に素晴らしい活躍を見せた松浦佑星選手。

将来はプロ入りしたいとの目標を語っている一方で、「大学で自分を磨いてから」とも以前は話していましたね。

心が躍るプレーを見せてくれる野手だけに、今後の動向を楽しみにしていきましょう。

参考:松浦佑星(富島)はドラフトで絶対指名してほしいほど攻守に素晴らしい

大分・足立駿(二塁手)

身長183cmの大型セカンドとして攻守に高い評価を受けている大分の足立駿選手。

俊足強肩とポテンシャルの高さには定評がある内野手だけに、将来性を買ってのドラフト指名は十分にありえるように思いますね!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック