<2019ドラフト>

松浦佑星(富島)はドラフトで絶対指名してほしいほど攻守に素晴らしい

富島のリードオフマンを務める、右投げ左打ちの松浦佑星(まつうら ゆうせい)主将。

俊足好打のバッティングに加えてショートで見せる守備も素晴らしく、ドラフトでの指名を強く期待してしまうほどのポテンシャルを持っています。

2019夏の宮崎大会ではホームランも記録するなど、パンチ力も兼ね備えた好打者なんですよね。

プロ注目の富島・松浦佑星選手について、詳しく見ていきましょう。

富島・松浦佑星の守備はドラフトで推したい

軽快なフットワーク

ドラフトに期待がかかる富島の松浦佑星選手ですが、まず素晴らしいのが守備力の高さです。

軽快なフットワークで守備範囲も広く、1年秋からレギュラーとして試合に出場していたのも何ら不思議ではありません。


打球への反応が良く、一歩目が非常に速いんですよね…!

九州屈指のショートとして確かな実力を持つ選手ですが、プロではセカンドのポジションを守っても面白そうな選手だと感じます。

近江・土田龍空選手の守備にはいつも驚かされますが、松浦佑星選手も身のこなしが素晴らしいですね!

参考:近江・土田龍空の守備はプロ級|好捕連発のグラブさばきを名将が絶賛

力強いスローイング

俊敏性に加えて、松浦佑星選手はスローイングの良さも光ります。

ランニングスローなど難しい体勢での送球も非常に正確で、センスを感じずにはいられない選手です。


ちなみに遠投は110メートルを記録する強肩の持ち主と、本当にたまらないですね…!

身体能力の高さを見てもドラフトでぜひ指名してほしい選手です。

Sponsored Link

富島・松浦佑星は俊足と走塁センスもドラフト期待

松浦佑星選手は攻守にスピード感がある点も素晴らしく、2019夏の甲子園初戦・敦賀気比戦では芸術的な走塁を見せています。

三塁ランナーであった松浦佑星選手は、キャッチャーが上手く読んだにも関わらずホームスチールを成功させました…!


瞬発力が尋常じゃなく、これをやられると相手守備陣としてもお手上げでしょう。

一塁到達タイム3秒98を記録するなど、俊足ぶりも松浦佑星選手の強みとして見逃せません。

Sponsored Link

富島・松浦佑星は打撃センスも素晴らしい

ドラフトの目玉・奥川恭伸からもヒット

松浦佑星選手は2019夏の宮崎大会で6割4分7厘(17打数11安打)の打率をマークしたことからもわかる通り、優れたミート力も持ち味の1つです。

2018春のセンバツ甲子園では星稜・奥川恭伸投手からもヒットを放つなど、5打数2安打1打点の活躍。

攻守に存在感を示しており、ドラフト注目の逸材であることは間違いありません。


前チームから先頭打者として活躍しており、富島の強さには松浦佑星選手の存在も大きく影響しているように感じます。

参考:奥川恭伸が中学時代に見せた大器の片鱗|ドラフト注目右腕の根底にあるもの

ホームランを打てるパンチ力も

松浦佑星選手は身長172cm・体重68kgとやや小柄ではあるものの、強く振り切るスイングにも魅力があります。

宮崎大会決勝・小林西戦で放ったホームランも見事でしたよね!


予選では三塁打1本にくわえて二塁打も1本記録するなど、攻守での活躍ぶりは、もはや何も言うことはありません。

九州が誇るスピードスターはパンチ力まで兼ね備えていました。

甲子園での活躍はもちろん、ドラフトでもぜひ期待したい選手ですね!

富島・松浦佑星選手を今後も応援していきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック