<2019ドラフト>

持丸泰輝(旭川大高)はドラフトなるか|雪辱は甲子園で果たしてほしい

2019夏の北北海道大会で優勝候補と目されていた旭川大高で、見事に甲子園出場を決めた主砲・持丸泰輝(もちまる たいき)捕手。

2年生時から四番に座る左の強打者ですが、2019春の大会からは二番で起用されるなどチームの中心選手としてドラフトにも期待がかかりますね。

2018夏には甲子園での佐久長聖戦で持丸泰輝選手のダイビングキャッチをめぐり「誤審」が話題になったものの、「自分のミス」と背負いこんだ背景もあり、何としても最後の夏には雪辱を果たしてほしいものです。

旭川大高の主力として注目の、持丸泰輝選手について詳しく見ていきましょう。

 

持丸泰輝は1年春から旭川大高でベンチ入り

小学時代からスラッガーとして全道制覇

小学2年から野球を始めた持丸泰輝選手は、4年生の頃すでに身長が160cmを越えるなど体格にも恵まれ、永山西クラブの主軸に座っていました。

「ホクレン旗争奪北海道少年軟式野球選手権大会」ではキャッチャーのポジションで出場し、決勝戦で三塁打を含む2本の長打を放つなど4対3での勝利に大きく貢献。

全道大会でも持ち前の打撃センスを見せつけていますから、当時から優れた技術を持ち合わせていたことがわかりますね!

出身中学でも四番を務める

旭川市立永山中学に進んだ持丸泰輝選手は、中学時代には軟式プレーしていました。

こちらでも打順は四番を任されるなどチームの中心選手として活躍を見せていますが、中学時代にはピッチャーのポジションも経験しています。

高校でも強肩ぶりは光っていますし身体能力が高い選手ですから、マウンドに上がっていたのも納得ですね…!


旭川大高に進学した後も入学早々に1年春からベンチ入りを果たしていますし、攻守ともに期待値が高い選手であることは間違いありません。

Sponsored Link

旭川大高・持丸泰輝のドラフトに注目が集まる理由

ホームランも打てるパンチ力

ドラフトにも期待がかかる持丸泰輝選手ですが、やはり魅力はホームランも打てるパワフルなバッティングでしょう。

身長176cm・体重78kgの筋肉質な体格で、左打席に入る姿は非常に存在感があります。

2019春の全道大会でも、札幌新川の好投手・太刀川将一投手からライトスタンド中段まで運ぶ見事なホームランを放ちました。

2年生から旭川大高の四番に座る実力はダテではないですね…!

1点ビハインドで迎えた8回に放った同点の一発だけに価値も大きく、チームの逆転勝ちを呼び込んだホームランは端場雅治監督も絶賛していました。

また2018夏の白樺学園戦ではバックスクリーン右へ運んだホームランを含む4安打5打点の大暴れを見せたほか、秋の北照戦でもフェンスぎりぎりまで飛ばすセンターオーバーのタイムリー三塁打を放っており、そのパンチ力は北海道屈指と言えるでしょう。

左の長距離砲が二番に座るあたりも、今年の旭川大高の強さを象徴している感じがしますね。

余談ですが持丸泰輝選手は1日で5合の白米を平気で食べるとのことで、これから身体が大きくなると飛距離もさらに伸びるのではないでしょうか…!

同じくプロ注目の東海大札幌・小林珠維投手と共に、南北で暴れてくれることに期待しています。

参考:小林珠維(東海大札幌)はドラフトで球速以上に評価されていいと思う

矢のような送球を見せる強肩

バッティングに注目の持丸泰輝選手ですが、守備では強肩ぶりも光ります。

特に二塁送球は惚れ惚れするものがあり、ボールがまったく落ちないあたりは一見の価値があるのではないかと…!

2018秋の全道大会ではリードが大きい二塁走者を牽制で刺す場面も見られましたし、守備の面でも大きくチームに貢献しています。


駒大苫小牧・竹中研人選手や札幌第一・村田凛選手など全道でも強肩強打を誇るキャッチャーの活躍が目立ちますが、スローイングを含め持丸泰輝選手が北海道ナンバーワン捕手だといっても過言ではないと思います。

Sponsored Link

落球に泣いた雪辱は甲子園で果たしてほしい

ドラフト注目の持丸泰輝選手2年生時にも四番・レフトでレギュラーとして出場していたわけですが、2018夏の甲子園1回戦・佐久長聖戦での敗戦が苦い思い出として残っています。

3対2でリードして迎えた8回の守備で二死一・二塁から、佐久長聖の四番・西藤慶人三塁手のレフトフライを落球。3対4と逆転を許してしまいました。

その後に味方の反撃があり一時は同点に追い付いたものの、延長14回にタイブレークの末、敗戦を喫したんですよね。

この際に風の影響など一切の言い訳をせず「ミスは自分の責任」と言い切った持丸泰輝選手は本当に素晴らしい精神力の持ち主で、だからこそ最後の夏にリベンジを果たしてくれることを強く願います。

ちなみにこの落球の前には二死からヒット性の当たりをスライディングキャッチで好捕し、チェンジかと思われました。しかし判定はヒットとなり、その後に上記のミスが起きてしまったんですね。

このプレーに関しては誤審をめぐり話題になっていたのが記憶に新しいですが…。

過ぎたこととして、その後のミスを受け止める持丸泰輝選手に心を動かされた野球ファンも多かったことと思います。


この夏の悔しさは絶対に忘れていないと思いますし、主将として挑む最後の夏に懸ける想いも人一倍強いでしょう。

「あのときの悔しさで大きくなれた」と言えるような最高の夏を、持丸泰輝選手には掴んでほしいと思います。

140キロを超える本格派右腕・能登嵩都投手に抜群の野球センスを誇る菅原礼央遊撃手、チーム一の身体能力で躍動する脇田悠牙中堅手らをはじめタレントは揃っていますから、北北海道の代表としての戦いに注目していきましょう。

参考:2019夏・旭川大高の注目選手|脇田悠牙は北北海道屈指の好打者

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック