2019北海道大会

2019夏・旭川大高の注目選手|脇田悠牙は北北海道屈指の好打者

2019夏の北北海道大会で優勝候補として注目を集める旭川大高は、ドラフト注目の持丸泰輝捕手をはじめ攻守にハイレベルな戦いを見せています。

春の全道大会ではベスト8に終わったもののチーム力は非常に高く、2年連続の甲子園に向けて初戦の釧路湖陵戦が肝になるでしょう。

この記事では北北海道大会をリードする存在として話題の、旭川大高の注目選手について見ていきたいと思います。

参考:持丸泰輝(旭川大高)はドラフトなるか|雪辱は甲子園で果たしてほしい

 

攻守の要・菅原礼央

持丸泰輝選手と2年生の頃から主軸を務める三番・ショートの菅原礼央選手。

かねてから抜群の打撃センスを持つ右打者ですが、冬を越えてスイングの鋭さが増し、打球も一段と速くなりました。

俊足を活かした長打にも期待できるバッターですし、相手バッテリーとしては細心の注意を払う必要があるでしょう。

また、2018夏の甲子園でも魅せた堅実な守備も健在で、安定感のある内野陣を引っ張ります。


柔らかいグラブさばきにスローイングも安定しており、北北海道ナンバーワンショートとの評価に相応しい動きを見せる選手ですね!

Sponsored Link

最速144キロのエース右腕・能登嵩都

旭川大高は攻撃面での強さが注目されがちではあるものの、守備からリズムを作るチームであることは間違いありません。

その中心としてエースを任される能登嵩都投手の存在は大きく、最速144キロを誇るストレートは左の石澤大和投手(網走南ヶ丘)と並んで北北海道大会でもトップクラスでしょう。


身長183cmから繰り出すストレートは抜群の球威があり、持丸泰輝選手と共にドラフト候補としてもリストアップされている本格派です。

能登嵩都投手は変化球にもキレがあるだけに、低めへの制球力が鍵。旭川大高のエースとして、自信を持って強気で投げ込んでほしいものです。

参考:石澤大和(網走南ヶ丘)がドラフト注目の理由は球速以外にもあった

Sponsored Link

ずば抜けた身体能力の高さを誇る主砲・脇田悠牙

持丸泰輝選手・菅原礼央選手と甲子園を経験した二人が中心選手として話題になっている一方で、四番に座る脇田悠牙選手の存在も今の旭川大高を語る上では欠かせません。

50メートル6秒1の俊足は攻撃だけでなくセンターの守備でも光りますし、体力測定ではチームトップの数値を叩き出すなど、身体能力が高く全身バネのような強さをプレーの随所で感じる選手です。


1年時からベンチ入りを果たしていたものの2018夏はベンチから外れており、挫折も味わっただけに最後の夏に懸ける想いは人一倍でもあります。

旭川支部予選の代表決定戦でも3打数3安打6打点と存在感を見せていますが、脇田悠牙選手のポテンシャルを考えると妥当な結果なのかなと…!

四番としてチームに勢いを与えるバッティングには大いに期待したいと思います。

Sponsored Link

安定感のある好右腕・杉山大晟

エースの能登嵩都投手と並んでマウンドを任されているのが杉山大晟投手です。

制球力が高いピッチングには安定感があり、夏のトーナメントを勝ち上がっていく上では旭川大高にとっては欠かせない存在と言えますね。


試合を作れる投手のため先発マウンドを任せることもできますし、継投のタイミングも見ものです。

「春は能登に頼り切りなってしまった」とのコメントも残しており夏での奮起に期待がかかりますから、夏の投げっぷりにも注目していきましょう!

Sponsored Link

優勝候補として勝った強さに注目

加藤新大投手も加えた3枚看板はそれぞれが手強いピッチャーで、北北海道でもトップクラスの投手陣と言えます。

佐藤一伎三塁手や樋口唯斗右翼手も勝負所で良い仕事をする選手ですし、2年連続甲子園での戦いにも期待も高まりますね…!

常に優勝候補として注目されてきたプレッシャーの中で、それを跳ねのける強さを持っているチームだけに全国の舞台でもぜひ本来の力を発揮していほしいところです。

北北海道大会に続く熱戦に期待して、応援していきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック