<2019ドラフト>

紅林弘太郎(駿河総合)がドラフトで注目されるのも納得だと思った

2019春にU18日本代表候補に選出されるなど、強打の大型ショートとしてドラフト注目の駿河総合・紅林弘太郎(くればやし こうたろう)選手。

身長186cm・体重85kgの体格ながら、フットワークの良さなど動きにキレのある守備に高評価を受ける一方で、高校通算30本以上のホームランを放っている強打も兼ね備えた逸材です。

「坂本勇人二世」と称されるだけあってスケールの大きさが際立つ選手だけに、最後の夏に甲子園の舞台でプレーを観たい高校野球ファンも多いことでしょう…!

攻守で魅せるドラフト注目の駿河総合・紅林弘太郎選手について、中学時代なども含め詳しく見ていきましょう。

 

紅林弘太郎は出身中学で市選抜

ドラフト注目の紅林弘太郎選手は静岡県藤枝市の出身で、藤枝市立青島小学校に通い、青島ホークスで2年生から野球を始めました。

青島中学に進学して軟式でプレーしていた中学時代には、主にショートのポジションを任されてチームの中心選手として活躍。

藤枝市選抜にも選出されるなど、当時から身長180cmの大型野手として才能の片鱗を見せています。

ただ紅林弘太郎選手本人はそこまで欲がない選手だったとのことで、駿河総合の望月俊治監督は「志を高く持ってほしい」との想いから、社会人チームの練習に連れていくなど工夫をこらしたんだとか。


中学時代に目立った実績はなく、この頃は自身の才能にまだ気付いていなかったのかもしれないですね…!

高校で急成長を遂げているあたりが、紅林弘太郎選手に素質の高さを感じる所以です。

Sponsored Link

駿河総合・紅林弘太郎のドラフトは守備が高評価

攻守にスケールの大きさを感じる紅林弘太郎選手ですが、まず触れたいのが素晴らしいフィールディングを見せる守備力です。

強肩が際立つ正確なスローイング

ショートのポジションでまず際立つのが、正確かつ力強い送球ができる点です。

遠投100メートルを投げる強肩は内野守備でも発揮されており、三遊間の深いところからノーステップで一塁へストライクを投げられるあたりは見事としか言いようがありません。


試合前のシートノックや何気ないベンチ前でのキャッチボールでも常に相手の胸元にボールを送っていますし、普段からキャッチボールを大切にしている選手であることが伺えます。

U18代表合宿でも八戸学院光星の武岡龍世選手ら、世代を代表する選手たちとプレーしたわけですが、日本代表の永田裕治監督からは「石川(東邦)と三遊間を組ませたい」との言葉も飛び出ました。

全国的にほぼ無名の状態から入って、世代を代表する選手たちの中でも存在感を示しているあたりにも大物感が漂いますね…!

参考:武岡龍世はドラフト上位の逸材|守備走塁も一級品のイケメンショート

軽快なフットワーク

また紅林弘太郎選手のショートでの動きは、186cmのサイズを感じさせない軽快なフットワークにも目を奪われます。

50メートル6秒2の俊敏性は守備にも大いに活かされていることが見てとれますね。

代表合宿で見せた守備に関しても、大柄な体格もあって他の選手たちと比較するとやや腰の位置が高いものの、左右に俊敏な動きを見せるあたりは評判に相応しい内野手でした。

これまでにもセンターへ抜けそうな打球を難なくアウトにする場面は幾度となく見受けられましたが、守備範囲の広さがあってこそだと考えると「見えないファインプレー」だったかもしれないですね…!

東海大相模のスーパールーキー・大塚瑠晏選手も1年生ながら高い守備力で話題になっていますが、ダイナミックな動きで魅せる紅林弘太郎選手のディフェンスからは目が離せません。

参考:東海大相模・大塚瑠晏は中学日本代表|抜群の野球センスで攻守に注目

Sponsored Link

ドラフト注目・紅林弘太郎は打撃技術の高さも

インコースのさばきが抜群に上手い

高校通算ホームランは夏の大会を前に35本に上り、打撃センスにも大きな期待が寄せられている紅林弘太郎選手。

駿河総合では四番として相手チームから警戒される中、鋭い打球を連発してポテンシャルの高さを見せつけていますが、パワーはもちろん、インコースを上手に打ち返すことが出来る技術も見事なものがあります。


現在のプロ野球界では坂本勇人選手がインコース打ちで有名ですから、守備力の高さと合わせて「坂本二世」との評価は見せかけではありません。

巨人の円谷スカウトも「スケールが違う。(坂本)勇人が入って来たときのような感じ」と太鼓判を押していますし、やはりドラフトが楽しみなバッターですね!

広角に長打が打てるセンス

内角をさばく打撃技術に加えて、右方向に長打が打てることも紅林弘太郎選手のバッティングが高く評価される理由の1つです。

ライトオーバーの打球も目立ちますし、右中間に伸びる打球を飛ばせる強さは本人も自信を持っているためこれからも更に伸びそうですね!


2019夏の戦いを前に、九州では二刀流の有明・浅田将汰選手もドラフト候補として話題になっており、右の強打者の活躍には大いに期待したいところです。

スケールが大きく攻守に将来性を感じさせる選手ですから、最後の夏は甲子園の舞台でその実力を全国に示してほしいですね!

紅林弘太郎選手の奮闘に期待して、駿河総合を応援していきたいと思います。

参考:浅田将汰(有明)のドラフトに注目|150キロ間近の二刀流は夏に輝く

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック