<2019ドラフト>

浅田将汰(有明)のドラフトに注目|日本代表で150キロの大台なるか

身長181cm・体重86kgのどっしりとした体格で投打にポテンシャルの高さを見せつける、有明高校の浅田将汰(読み方は「そうた」)投手。

最速148キロのストレートを投げ込む一方で高校通算ホームランも30本に迫っており、「肥後の大谷翔平」と称される逸材です。

熊本県ではもちろん、九州ナンバーワンとの呼び声高い注目投手ですが、甲子園経験がないため未だ全国的にはさほど知られていないんですよね…!

U18野球日本代表にも選出された右の本格派は、この先どんな躍進を見せてくれるのか。

有明高校の大黒柱・浅田将汰投手について詳しく見ていきましょう。

 

浅田将汰が熊本の有明高校を選んだ理由

中学は九州選抜で世界大会も経験

ドラフト注目の有明・浅田将汰投手は福岡県の飯塚市出身で、庄内小学校に通う2年生時に野球を始めました。

小学時代からピッチャーのポジションで活躍し、6年生で県大会優勝を経験。早くから才能を開花させていたわけですが、その成長は中学に進学しても続きます。

出身の庄内中学では飯塚ボーイズで投打の中心選手に成長、3年時にはまたも県大会を制覇しています…!

加えて、九州選抜として韓国で行われた世界大会にも出場してベスト8の成績を収めるなど、中学時代から将来有望な逸材として話題になっていました。

県外の強豪校からも多数スカウト

中学時代から本格派として県内で注目を浴びていた浅田将汰投手は、進路を決める際にはやはり県外の強豪校からもスカウトがあったんだとか。

高校でもU18日本代表候補に選出されているのも納得ですね…!

常総学院をはじめ多数の強豪校に、地元・飯塚高校などからも誘いがあったようですが、そんな状況において有明高校を選んだあたりにも浅田将汰投手の性格が垣間見えます。


有明高校を選んだ理由として、自身が中学時代に甲子園を沸かせていた秀岳館を倒して甲子園に出たいと考えたんだとか。

進路を決めるにあたって強豪を倒して勝ち上がるストーリーを描くあたり大物ぶりを感じさせますよね。

同じくU18日本代表メンバーに選出された右の本格派・智弁和歌山の池田陽佑投手らとのリレーはぜひ観たいものです。

参考:智弁和歌山・池田陽佑の中学時代の球速は?ドラフト候補に急成長の理由も

Sponsored Link

浅田将汰はドラフト上位でもおかしくない

球速は夏に150キロを超えられる

浅田将汰投手が九州ナンバーワン投手と称される背景として、間違いなく球威のあるストレートは外せません。

2018秋に最速148キロを計測しており、最後の夏で150キロの大台を突破する可能性も十分にあります。


2019春の県大会3回戦の熊本北戦では19奪三振で完封する快投を見せたほか、次戦の準決勝・熊本国府戦でも2試合連続の完封。

フォームを崩しており万全ではなかった春でこの投球ですから、これから更に球速が伸びることを想像するとワクワクしますね…!

世界大会の舞台で球速150キロを超えることも十分に考えられますし、ドラフト注目右腕の大台突破からは目が離せません。

豊富な変化球も操る

長身からのストレートが話題に上がっている一方で、浅田将汰投手は豊富な球種もスカウトに高い評価を受けています。

スライダー・カーブ・カットボールに加えて、チェンジアップも投げ分ける器用さを持ち合わせているんですよね!


球速100キロ台のカーブで緩急も使えるほか、縦のスライダーにチェンジアップと落ちるボールは非常に精度が高く、いずれも決め球として空振りを奪えるボールで高校生が簡単に攻略できるものではありません。

また夏に向けて省エネを視野に入れた上で、タイミングをずらすためのフォークも練習しているんだとか。

惜しくも甲子園出場こそ逃したものの、今後の浅田将汰投手にとって大きな武器となっていくでしょう…!

ホームランも打てる長打力

投手としての才能はもちろんのこと、浅田将汰投手はバッティングの面でも主軸として活躍する力があります。

2019夏の大会を前に高校通算ホームランは28本を数え、打席でも相手チームにとっての脅威になれる選手なんですよね。

プロのスカウトも打者としての素質を高く評価していますし、1年時から打線の中核を担ってきた打撃センスも兼ね備えているため乗せると手が付けられません。

東海大相模の二刀流・遠藤成選手も2019侍ジャパンに名を連ねていますから、投打に能力の高さを放つ選手たちの活躍には大いに期待しましょう!

参考:遠藤成(東海大相模)はドラフト注目|二刀流はスイングスピードも一級品

Sponsored Link

浅田将汰の身体能力の高さは将来性抜群

投打に注目が集まる有明・浅田将汰投手が優れた身体能力を兼ね備えた選手であることは言うまでもないですが、幼少期からスポーツ万能の少年でした。

野球を始めた小学2年の頃には、並行して少林寺拳法を2年ほど習っていたそうで、この時期にバランス感覚が養われたと見えます。

豪快なバッティングを見せる一方で50メートル6秒4の脚力を併せ持つことも魅力で、これだけどっしりとした体格でスピード感も失っていないのは素晴らしいですよね!

スケールの大きさをプレーの随所で感じさせる選手だけに、将来的にもプロ野球界を代表する選手に育ってほしいものです。

同じく南からは興南の宮城大弥投手も楽しみな左腕ですが、ドラフト注目の逸材が世界を沸かせることに期待して、これからの浅田将汰投手を応援していきましょう。

参考:興南・宮城大弥がドラフト上位と評される理由はチェンジアップにある

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック