<2019注目選手>

野村健太(山梨学院)は中学で全国制覇|ホームランの推定飛距離は異次元

強打の山梨学院で主軸に座る野村健太選手は、ドラフト注目の強打者です。

身長180cm・体重88kgの体格から高校通算ホームランは53本を数え、2019夏の甲子園での活躍にも期待がかかりますね。

中学時代には全国制覇も経験するなど素晴らしい経験をしているものの、ホームランは4本と当時は長距離ヒッターではなかったんですよね。

推定飛距離165メートルの特大ホームランも放つようになった背景も踏まえ、野村健太選手を特集していきましょう。

 

ドラフト注目・野村健太の出身は愛知衣浦シニア

中学時代に全国優勝を経験

ドラフトにも期待がかかる野村健太選手は愛知県安城市の出身で、安城市立東山中学に通っていました。

野球は愛知衣浦シニアに所属し、中学2年時に1回・中学3年時に2回と計3回の全国大会を経験しています。

特に3年時には2016年リトルシニア全国選抜野球大会で優勝を果たしており、同じくドラフト注目で愛知県出身の東邦・石川昂弥選手は今でも意識しているそうですね!

参考:石川昂弥(東邦)のドラフトは野手で上位|中日の1位指名にも大注目

中学時代のホームランは意外と少ない

出身の愛知衣浦シニアでは全国制覇を果たした一方で、中学時代のホームラン数は4本と、特段驚くような数字ではありません。

つまり、野村健太選手がドラフトで注目されるまでに成長を遂げた長打力は山梨学院で磨かれたということですね!

1年生で智弁和歌山の四番に座る徳丸天晴選手なんかは中学時代から飛距離が自慢でしたから、野村健太選手は対照的な道を歩いてきていることがわかります。

そんな野村健太選手が高校通算ホームランが50本を超えるほどの強打者に成長した背景も見ていきましょう。

参考:智弁和歌山・徳丸天晴は中学通算22発|一年で四番は15年ぶりの快挙

 

野村健太が山梨学院でホームラン数を伸ばした理由

中学では身体が重すぎた

野村健太選手が中学を卒業して山梨学院に進んだ際、体重はMAXで99キロあったんだとか。

ホームランバッターへの道は100キロ近い体重を落とすところから始まったそうで、徹底した走り込みを行ったといいます。

甲子園で放ったホームランも、肉体改造から始まったということですね…!


野村健太選手本人も身体にキレが生まれたことを実感したとのことですから、現在の90kg弱の体重はベストなのかもしれません。

ミートポイントの修正

体重を絞ってスイングの鋭さが増した野村健太選手は、ホームラン量産の背景としてミートポイントを後ろにズラしたことも大きかったと言います。

より引き付けて打つようにしたことで確実性が向上したとのことですが、走り込みの徹底といい努力を重ねてきたことがわかりますね。

2019春のセンバツ甲子園でも左中間の深いところへ軽々と運んでいましたし、もはや球場の大きさは関係なくなりました。


2018春には練習試合で推定165メートルと言われる打球も放つなど、末恐ろしい長距離ヒッターに成長しましたね…!

中学時代のホームラン数を考えると信じられない数字ですが、これだけの伸びしろを秘めていた選手なのだと感じます。

ちなみに2019夏の甲子園では、履正社がドラフト注目・井上広大選手の一発も含め1試合5本のホームランを放って初戦で勝利を飾りました。

野村健太選手が主軸に座る強打の山梨学院打線が、どんな攻撃を見せてくれるかも非常に楽しみです。

参考:井上広大(履正社)がドラフト注目の理由は飛距離だけじゃなかった

 

山梨学院・野村健太は右方向への飛距離も注目

最後に野村健太選手の特徴でもあるライト方向への長打について。

センターから左へのホームランが多い一方で、野村健太選手は右方向への打球も飛距離が出ます。

初めて生で観たときにも驚きましたが、右中間への打球がグングン伸びるんですよね…!


長距離ヒッターとしての真価が問われる右中間への打球には野村健太選手本人もこだわりも見せていますから、今後もその長所は磨いていってほしいものです。

豪快なホームランに期待して、最後の夏も応援していきましょう。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック