<2019ドラフト>

上野響平(京都国際)はドラフト確定|プロ級の守備力が凄すぎる

複数のプロ野球選手を輩出している京都国際で、1年春からショートのレギュラーを奪取した上野響平(うえの きょうへい)選手。

軽快なフットワークを活かした守備力と安定したスローイングが魅力である一方で、2019年にかけてはバッティングでも著しい成長を遂げています。

2019夏の京都大会では決勝で立命館宇治に2対3で惜しくも敗れたものの、華麗な守備で幾度となくチームのピンチを救う活躍を魅せていましたね。

2019ドラフト注目の京都国際・上野響平選手について特集していきましょう。

出身中学で見えた上野響平の才能

上野響平選手は大阪府貝塚市の出身で、小学1年から貝塚スポーツ少年団で野球を始めました。

中学に進学後は本格的に野球に取り組むため、硬式の貝塚シニアでプレーすることを選択。

その貝塚シニアでは、中学3年時に主力としてチームの全国大会出場に貢献しましたね!


中学時代から守備力はずば抜けており、京都国際の小牧憲継監督が上野響平選手のボール回しを見た際に「まるでボールが体へ勝手に吸い付いていくように見えた」と語るほど。

中学でも光っていた守備が、京都国際で見事に磨かれているあたりが素晴らしいですよね…!

Sponsored Link

京都国際・上野響平がドラフト確定と言われる守備

軽快なフットワーク

京都国際のショート・上野響平選手の守備が高く評価されている理由の1つが軽快なフットワークです。

持ち前の俊足で広い守備範囲をカバーし、二遊間や三遊間に飛んだヒット性のあたりを難なくさばく場面はこれまでに何度も目にしました。


ちなみに、上野響平選手の守備が鍛えられた要因は京都国際のグラウンドにもあります。

京都国際のグラウンドは砂利に近い状態でイレギュラーもしやすいため、しっかり足を使って正面で捕らないといけないんですよね。

そのような環境で日々練習してきた経験は、守備力の高さに直結している部分も大いにあるでしょう。

守備が上手い選手は難しいプレーも「簡単にさばいているように見える」とよく言われますが、上野響平選手の守備も正にそんな感覚を抱かされます。

西日本短大付・近藤大樹選手らもドラフト注目のショートで話題になっていますし、2019ドラフトは高校生野手も非常に楽しみですね!

上野響平選手がどの球団に指名を受けるのかも注目していきたいと思います。

参考:近藤大樹(西短)はドラフト確実|守備がプロ級の俊足ショートに注目

安定したスローイング

上野響平選手はフットワークやグラブさばきに定評がある上に、スローイングの安定感も高い評価を受けています。

二遊間の難しい打球を捕球したあとのランニングスローや、ボテボテの打球を捕球した後のランニングスローも非常に安定しているんですよね!


捕ってからスローイングまでが速いことも上野響平選手の大きな武器で、軽快なフットワークの勢いを活かした力強いスローイングも魅力です。

身長174cm・体重65kgと小柄ではあるものの、上野響平選手が目指しているソフトバンクの今宮健太選手のようになれる素質は十分に持っていると思います。

Sponsored Link

京都国際・上野響平のドラフトは守備だけじゃない

上野響平選手は入学当時は60kgにも満たない体重だったためパワーもなく、1・2年時には打撃では目立った成績を残すことは出来ていませんでした。

上野響平選手本人も「打撃が足を引っ張っている」と感じたそうで、2018冬からウエイトトレーニングに積極的に取り組むなど、打撃強化への取り組みを本格的に開始。

その成果は2019春の大会から出始め、5月の京都大会終了後から9本の本塁打を記録するほどになりました…!


元々兼ね備えていたミートセンスに加えてパンチ力も増してきて、打撃面でも今後の伸びしろを感じますね。

2019夏の京都大会で3つの盗塁を決めた俊足もありますし、攻撃面でのポテンシャルもスカウトとしては見逃せないでしょう。

ドラフト確定と言われている上野響平選手が今後はどのような成長を見せるのか。引き続き、応援していきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック