<2019注目選手>

花咲徳栄・橋本吏功はドラフト注目|北海道出身の俊足強打は最強二番

強豪ひしめく埼玉大会を制して2019夏の甲子園出場を決めた花咲徳栄で、二番・センターとして活躍を見せる橋本吏功(読み方は「はしもと りく」)選手。

走攻守すべてにハイレベルな選手でドラフトにも期待がかかっており、甲子園での活躍も非常に楽しみです。

俊足に加えてパンチ力も兼ね備えており、高校トップクラスの二番打者であることは間違いありません…!

ずば抜けた身体能力を見せる、北海道出身の花咲徳栄・橋本吏功選手について特集してみました。

橋本吏功は小中学時代から怪物ぶりを発揮

小学時代には陸上大会で優勝

北海道洞爺湖町出身の橋本吏功(読み方は「りく」)選手は、小学時代を虻田ジュニアオーシャンでプレーしていました。

現在の体格は身長170cm・体重80kgですが、当時も身長はクラスで前から4番目と小柄。

しかしながら身体能力は群を抜いており、小学時代には陸上のボール投げで全国大会にも出場しています…!

北海道大会では2連覇を果たしていますし、この頃から強肩ぶりは際立っていたことがわかります。

ちなみにこの頃は、強肩を買われて所属チームでキャッチャーとしても活躍していましたね。

出身の洞爺湖シニアでは右にホームランも

右投げ右打ちの橋本吏功選手は洞爺湖町立虻田中学校に通っていた中学では洞爺湖シニアに所属。ここでも身体能力の高さを見せています。

両翼98メートルの球場でホームランを放つなど、その長打力は突出したものを持っていました。

右打者でありながらライト方向に叩き込めるパワーは素晴らしいですよね…!

花咲徳栄が甲子園を制した2017夏はベンチ入りこそならなかったものの、その秋から1年生でレギュラーの座を獲得しているのも納得です。

余談ですが、弟の橋本吏雄選手も洞爺湖シニアでプレーしていましたね!

Sponsored Link

花咲徳栄・橋本吏功はドラフトにも注目

高校通算30本のホームラン

ドラフト候補としても甲子園でのプレーに注目が集まる橋本吏功選手ですが、走攻守すべてにおいてレベルの高いプレイヤーなんですよね。

身長170cmと小柄ながら、どっしりとした体格からの鋭いスイングは見もの。

2018夏にはプロ注目153キロ左腕である、横浜の及川雅貴投手からもホームランを放ちました…!

2019夏の埼玉大会でもレフトへ特大の場外弾を放ち、高校通算ホームランも30本に上っています。

打線の後ろ、三番には同じくドラフト注目の韮澤雄也選手が控えますし、橋本吏功選手が二番を務めるあたりに花咲徳栄の強さを感じます…!

参考:韮澤雄也(花咲徳栄)はドラフト注目|新潟出身の逸材は西川愛也に並ぶか

Sponsored Link

格段にアップしたミート力

スイングの鋭さには以前から定評がある一方で、入学当初は確実性がいまひとつだった橋本吏功選手。

花咲徳栄ではミート力も格段にアップし、唯一の課題と見られていた面でも見事なレベルアップを見せています。

2019夏の埼玉大会では24打数12安打で、5割の打率を残しチームに貢献しました…!

右方向へ運ぶ巧さもある上に、セーフティーバントなどの小技が使えるあたりも相手としては非常に厄介な選手に成長していますね!

Sponsored Link

花咲徳栄・橋本吏功は身体能力も凄い

50メートル5秒台の俊足

攻撃的な二番として注目されている橋本吏功選手はバッティングはもちろん、その俊足も見逃せません。

グラウンドでは50メートル5秒9のタイム以上の速さを感じますし、埼玉大会での7盗塁も甲子園出場校の中でトップの数字を残しました。

チームトップの17得点も記録しており、その出塁がいかに花咲徳栄躍進の鍵を握っているかがわかります。

外野へ飛ばした打球では瞬く間に次の塁を陥れますから、橋本吏功選手が見せるスピードにもぜひ注目していきましょう。

鉄壁の守備も凄い

橋本吏功選手がドラフト候補と目される理由は、高い守備力にもあります。

俊足を飛ばす守備範囲の広さは突出したものがあり、花咲徳栄でも幾度となくピッチャーを助けてきました。

遠投110メートルの強肩も兼ね備えていますから、走攻守に非の打ち所がないですよね…!

2019夏の埼玉大会ではライトの井上朋也選手も素晴らしいバックホームを見せていましたが、甲子園では橋本吏功選手の肩が活きる場面にも期待したいところです。

参考:井上朋也(花咲徳栄)はドラフト注目|フルスイングに期待の長距離砲

Sponsored Link

橋本吏功のドラフトに期待する声

花咲徳栄で素晴らしい活躍を見せている橋本吏功選手には、ドラフトに期待する声も多く挙がっています。

抜群の身体能力で攻守に活躍を見せる選手だけに、最後の夏の戦いも非常に楽しみですね…!

巨人の坂本勇人選手をはじめ、強打の二番打者は現代野球において価値が高くなっていますしね!

2020春からは東洋大学へ進学。橋本吏功選手はドラフトで指名されるポテンシャルは十分ですから、これから先の活躍も楽しみにしています。

同じく北海道から花咲徳栄に進路を決めた前田空選手も、橋本吏功選手同様に主力として期待していきましょう!

参考:前田空(花咲徳栄)は強打に注目|北海道選抜のスラッガーは打球が違う

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック