<2019注目選手>

近江・有馬諒がドラフト確定と言われる理由は目に見えない力にある

2019夏の甲子園でも優勝候補の一角として名前が挙がる近江で、攻守の鍵を握る有馬諒(ありま りょう)選手。

抜群のリードを見せる高校野球界屈指のキャッチャーで総合力が高く、ドラフト確定とも言われる実力の持ち主です。

四番・キャッチャーというだけでチームの中心選手であることはすぐにわかりますが、そういった表面上のもの以上に絶大な存在感を示している選手なんですよね…!

主将も務め強豪・近江を引っ張る有馬諒捕手を特集してみました。

 

近江・有馬諒はスカウトからも高評価

正確なスローイング

一部では「高校ナンバーワン」とも称される近江の有馬諒捕手ですが、そんな声も大げさではない実力を持ち併せています。

まずキャッチャーとしては見せ場とも言える二塁送球タイムは最速1.84秒を記録。遠投100メートルの強肩もそうですが、有馬諒捕手の持ち味は送球の正確性でしょう。

フットワークが良く、ひと冬を越えて力強さも明らかに増していますし、1年時からプロのスカウトに高く評価されていることも納得です。

有馬諒捕手は強肩キャッチャーにありがちな「投げたがる」傾向もなく、常に冷静なプレーが際立ちますね!

プロのキャッチャーと遜色ない強肩を誇ることは有馬諒捕手の武器の1つです。

キャッチングの技術

加えて有馬諒捕手の長所として挙げられるのはキャッチングの良さ。

フレーミングが上手いキャッチャーで、際どいコースや低めの変化球を上手く拾えるため、エース・林優樹投手を含めピッチャー陣としては助けられている面も大きいでしょう。

ワンバウンドの変化球など難しいボールでも後逸しないあたりは本当に見事で、安心感という点でもずば抜けたものがありますね…!

参考:林優樹(近江)がドラフト候補の高校生左腕で一番気になるのはなぜか

強化されたバッティング

キャッチャーとして能力の高さが際立つ有馬諒捕手は「捕手能力はすでにプロレベル」と高く評価される一方で、バッティングに課題があると見られてきました。

あまりにキャッチャーとしてのセンスがあるため当然というか、仕方のないことだとは思います。

しかし近江の四番に座るバッティングでも成長を見せ、最近では打撃面での進化を評価する声も多くなっているんですよね。

https://twitter.com/tottokobaseball/status/1154378164673449991

身長183cm・体重81kgと恵まれた体格で打撃フォームも良く、変化球への対応も上手くなっているため攻撃面もこれからが楽しみです。

抜群の打撃センスを誇る住谷湧也選手らとのクリーンナップは相手にとっても脅威でしょうから、甲子園では打撃でも力を見せてくれることに期待しましょう!

参考:近江・住谷湧也が甲子園最高打率を塗り替えたのは必然だったのかもしれない

Sponsored Link

有馬諒がドラフト確定と言われる理由

優れた洞察力によるリード

送球の強さだけで言えば同じくドラフト候補と目されている星稜・山瀬慎之助捕手や智弁和歌山・東妻純平捕手に軍配が上がるものの、有馬諒捕手の持ち味であるリードの上手さは目を見張るものがあります。

相手打者の狙いを瞬時に察知したり、配球が抜群に上手いんですよね。

多賀章仁監督が絶大な信頼を置いていることも何ら不思議ではありません。

試合の流れを敏感に感じ取りながら、特に試合終盤に強い意識を持って投球を組み立てているそうで、序盤の投球が伏線であったかのようなリードで相手打線を翻弄する場面も目立ちます。

2018夏にもタイプの違った4投手を見事にリードしたことでスカウトのみならず高校野球ファンも虜にしましたが、有馬諒捕手が見せるリードは必見です。

参考:東妻純平(智弁和歌山)にはドラフト以上に期待したいことがある

思考力と気配り

冴えわたる有馬諒捕手のリードが磨かれたのは小学時代で、阪神ファンの父がつけていた野球中継を見ながら「自分だったら何を投げさせるか」を考えていたんだとか。

高校生離れしたリードを見せる背景が垣間見えるエピソードですが、数学を得意とするなど、勉学の面でもキャッチャーとして緻密な思考を巡らせている資質を感じますね。


また相手打者はもちろんのことピッチャーのこともよく見ているキャッチャーで、間の取り方や声掛けのタイミングなども絶妙です。

学年が上のピッチャーに対しても上手なリードを見せていましたし、キャッチャーとしてこれほど存在感がある選手もなかなかいないでしょう…!

ショートでスーパープレーを連発する土田龍空選手はまさに「センス」の選手だと感じますが、有馬諒捕手が見せる理詰めとの融合も見逃せません。

参考:近江・土田龍空の守備はプロ級|好捕連発のグラブさばきを名将が絶賛

異様なほどの冷静さ

ドラフト注目の有馬諒捕手は目に見えない強さを常に感じるキャッチャーですが、特にピンチの場面で見せる冷静さはとても高校生とは思えません。

落ち着き払っているというか、不安を一切感じさせないような空気感があるんですよね。

これまで積み重ねてきた練習や投手陣との信頼関係、あるいは滋賀大会で失策ゼロと鉄壁の野手陣に対する自信なのかもしれません。

いずれにしてもピンチでマウンドに駆け寄った際には、何となく見ている僕らにまで「大丈夫」だという感が有馬諒捕手の姿から伝わってきます。

尋常じゃない存在感を見せる有馬諒捕手にはぜひ注目していきましょう。

Sponsored Link

近江躍進の鍵はキャプテン・有馬諒が握っている

ドラフト注目のエース・林優樹投手は本当に素晴らしい投手ですが、甲子園で勝ち進んでいくためには一人のピッチャーだけでは間違いなく厳しくなります。

だからこそ有馬諒捕手の存在が重要になってきて、他の投手陣をいかにリードするかで甲子園の戦いは大きく変わってくると思うんですよね。

また2018夏に金足農戦でサヨナラ負けを喫したときの林・有馬、両選手の姿は未だに忘れられません。

https://twitter.com/asahi_koshien/status/1030740357766701057

甲子園の悔しさは甲子園でしか晴らせないわけで、あのときの想いを胸に1年頑張ってきた有馬諒捕手の戦いが本当に楽しみです。

2019夏の滋賀大会で優勝を飾ったときの涙も本当にグッとくるものがありましたからね…。

高校最後の夏、存分に甲子園でその実力を発揮してほしいですね!

ドラフト注目の有馬諒捕手が近江で見せる最後の戦いを応援していきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック