<2019ドラフト>

石井巧(作新学院)はドラフトで兄に続くか|センス抜群の三番ショート

栃木大会9連覇を果たした作新学院で攻守の要としてチームを引っ張る石井巧(いしい たくみ)主将。

日本ハムの石井一成選手を兄に持つことでも話題ですが、攻守にセンスを見せる選手でドラフト注目であることも納得のプレイヤーなんですよね!

三番ショートとして作新学院の中心となる右の好打者・石井巧選手を特集してみました。

石井巧のセンスはプロ野球選手の兄・一成も絶賛

兄はドラフト2位で日本ハム

作新学院の石井巧選手は、兄がプロ野球で活躍する石井一成選手ということでも話題になっています。

兄の一成選手は作新学院から早稲田大学に進学。2016ドラフトで日本ハムから2位指名を受けており、現在ではスタメンにも名を連ねています。

石井巧選手もドラフトに期待がかかりますが、日本ハムに指名されるようなことがあれば非常に盛り上がるでしょう。

智弁和歌山の東妻純平選手もプロでの兄弟バッテリーに期待の声が多く、こうして兄弟でドラフト注目選手というのは本当に凄いことですね!

参考:東妻純平(智弁和歌山)にはドラフト以上に期待したいことがある

石井兄弟は仲が良いことでも有名

互いに優れた野球センスを持つ石井巧選手と兄の一成選手ですが、二人は仲が良いことでも有名です。

石井巧選手も兄に対して「尊敬する存在」と語っていますし、一成選手も弟の才能を絶賛しています。


攻守に素晴らしいセンスを見せる 石井巧選手ですから、この先の野球人生でも大いに注目を浴びるでしょう!

Sponsored Link

作新学院・石井巧はドラフト注目の好プレイヤー

ホームランも打てる打撃センス

攻守にレベルの高いプレーを見せる石井巧選手は、まず優れた打撃センスに注目です。

内角のさばきも上手く、甘く入った球はホームランにする長打力も秘めているんですよね!

2019夏の栃木大会では16打数8安打で5割の打率をマークしており、打線の中心として存在感を示しました。


身長178cm・体重74kgとバランスのとれた体格ではありますが、これから更に身体が大きくなるとスイングの鋭さも増すでしょう。

コースに逆らわずライト方向へ打ち返す打撃技術もありますから、 高いアベレージを残せる右打者であることは間違いありません。

勝負強さも光る

打撃センスが素晴らしい石井巧選手は、打席での勝負強いバッティングも見ものです。

2018夏の栃木大会準決勝・宇都宮工との一戦でもサヨナラホームランを記録していますし、ここぞという場面で頼りになるバッターとしても信頼を置かれています。


また、9連覇を果たした2019夏の予選でもチームトップの9打点を挙げていますね!

チャンスで見せるバッティングにもぜひ注目していきましょう。

軽快な守備も

バッティングで実力を見せる一方、石井巧選手は守備力の高さも見逃せません。

ショートでは深い位置にポジションをとりながら出足が非常に速く、軽快な身のこなしで安定感のある守りを見せます。


2018夏の甲子園でも二遊間のヒット性の当たりを好捕するなど素晴らしい動きを見せていましたし、球際の強さにも注目してほしいものです。

智弁和歌山の西川晋太郎選手や八戸学院光星の武岡龍世選手ら、逸材揃いのショートの中で石井巧選手にも注目していきましょう!

参考:武岡龍世はドラフト上位の逸材|守備走塁も一級品のイケメンショート

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック