<2019注目選手>

安藤碧(明石商)は抜群の身体能力|ドラフトの将来性に加えて文武両道

強豪・明石商業で不動の四番として活躍を見せる安藤碧(読み方は「あんどう あおい」)選手。

抜群の身体能力を誇る左の強打者で、将来性を高く評価する声が多く見られます。

強打だけでなく俊足も兼ね備えていたりと、ドラフトが期待されるのも納得の選手なんですよね!

明石商業打線の主軸を担う、安藤碧選手を特集してみました。

 

安藤碧の中学時代は湊クラブ出身

安藤碧(読み方は「あおい」)選手は小学1年生から井吹東少年団野球部で野球を始め、中学は神戸市立井吹台中学の出身。野球では湊クラブに所属していました。

左投げ左打ちの選手で明石商業では強打者としてのイメージが強いですが、中学時代には投手としてプレーしていたんですよね。


狭間善徳監督に打力を見出されて高校では外野手に転向したものの、ピッチャーのポジションで培われた強肩ぶりは健在です。

部員数が100人を超える明石商業で1年秋からベンチ入りを果たしているあたりも、ポテンシャルの高さを感じさせますね!

Sponsored Link

明石商業・安藤碧にドラフト期待の声が出る理由

ホームランがある長打力

ドラフト指名にも期待の声が多い安藤碧選手ですが、やはり注目は鋭い打球を連発するバッティングでしょう。

2019春のセンバツ甲子園でも東邦戦でホームランを放ち、一気に知名度を上げたことも記憶に新しいですね!


2019夏の兵庫大会でも2本のホームランを叩き込んでおり、明石商業での高校通算ホームランは12本となりました。

身長181cm・体重79kgとバランスのとれた体格からのスイングは鋭く、この大会では放った11本のヒットのうち6本が長打。

パンチ力のあるバッティングで、ドラフト注目の2年生・来田涼斗選手らと並んで打席での期待感が非常に高い左打者です。

参考:来田涼斗がドラフト上位と言われる理由|豪快ホームランの柳田二世に注目

打率と勝負強さも

安藤碧選手は豪快なバッティングもさることながら、打率の高さも光ります。

2019夏の兵庫大会も5割2分4厘と高いアベレージを残している上に、チャンスでの勝負強さが群を抜いているんですよね…!


神戸国際大付との決勝戦でも貴重なツーベースを放ち追加点を挙げましたが、打点14は強打の明石商打線においてもダントツのトップです。

出塁率の高い二番の水上桂選手ら、ランナーを置いた場面での安藤碧選手は本当に頼りになるバッターと言えるでしょう。

参考:水上桂(明石商)はイケメンキャッチャー|強肩に加えて打撃センスも

身体能力の高さ

がっしりした体格に鋭いスイングからも身体能力の高さが際立つ安藤碧選手は、俊足も兼ね備えていることを忘れてはいけません。

兵庫大会では盗塁も記録していますし、三塁打など長打を放った際のベースランニングを見てもかなりのスピード感があります。

さらにはライトの守備で見せる強肩ぶりにも自信を持っており、走攻守にハイレベルな選手なんですよね。

抜群の身体能力を誇る選手だけに、将来性に期待する声が多いのも何ら不思議ではありません…!

Sponsored Link

明石商業・安藤碧の魅力はホームランだけじゃない

甲子園ではピッチャーもあるか

安藤碧選手は豪快なバッティングに注目が集まりますが、2019夏の甲子園ではピッチャーとしての登板もあるかもしれません。

実際に兵庫大会ではマウンドも経験しており、1回を投げて2奪三振無失点の投球を見せました。


2019年5月の沖縄招待試合でも沖縄工戦で先発して5回を無失点に抑えるなど、夏の戦いは何が起こるかわからないだけに短いイニングでの登板は可能性十分です。

文武両道の秀才

明石商業のエース・中森俊介投手も頭がキレることで有名ですが、四番の安藤碧選手も学業でも優秀なんだとか。

学年約280人の生徒の中でテストでは20番以内に入るとのことで、勉強もできるのは素晴らしいですよね!

プロの打者を見てフォームを学ぶなど研究熱心な一面も併せ持ちますし、グラウンドでの冷静なプレーぶりは目を見張るものがあります。

甲子園での活躍はもとより、将来にも期待して安藤碧選手を応援していきたいと思います。

参考:中森俊介(明石商業)の奪三振に注目|ドラフト注目右腕の球速以外の武器

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック