<2019ドラフト>

根来塁(智弁和歌山)が突然ドラフトで指名されても驚かないと思う

2019夏の甲子園でも優勝候補として注目が集まる智弁和歌山で、中軸を任される根来塁(読み方は「ねごろ るい」)選手。

右投げ左打ちの好打者ですが、その巧みなバットコントロールに魅了された高校野球ファンは少なくありません。

もちろん僕もその一人なのですが、難しいコースのボールをいとも簡単にライナーで外野へ運ぶんですよね…!

天性とも言える打撃センスを見せる智弁和歌山・根来塁選手を特集してみました。

智弁和歌山・根来塁がドラフト指名されても驚かない

五番・レフトで智弁和歌山の主軸として活躍する根来塁選手。

2019夏の甲子園が始まる前の段階ではドラフトに関する話題はないものの、打席での期待感がハンパない選手なんですよね…!

もし仮に2019ドラフトで指名されたとしても全く驚きませんが、同じような想いを抱いているファンも少なくないでしょう。


最後の夏の和歌山大会では16打数4安打で打率2割5分とやや苦戦しましたが、根来塁選手が持つ打撃センスを考えれば大した問題ではありません。

高校最後の甲子園でのバッティングが今から本当に楽しみです…!

Sponsored Link

智弁和歌山・根来塁の注目ポイント

巧みなバットコントロール

中学時代には東妻純平選手川上珠嵐選手らと同じ紀州ボーイズで主力としてプレーしていた根来塁選手ですが、特筆すべきは何と言っても巧みなバットコントロールです。

完全にタイミングを外された一球でも外野へ運べる技術を持っており、相手バッテリーとしては非常に厄介な打者と言えるでしょう。

2019春のセンバツでの明石商戦で、本格派右腕・中森俊介投手のボールを見事に救い上げた同点の犠牲フライも見事でした…!


普通なら内野への力ないハーフライナーか、あるいはボテボテのゴロになるのが関の山でしょう。

この形で外野まで運ばれるとピッチャーとしてもお手上げですよね…!

参考:東妻純平(智弁和歌山)にはドラフト以上に期待したいことがある

Sponsored Link

左右に打ち分ける打撃センス

左打者として活躍を見せる根来塁選手はコースに逆らわないバッティングも見もので、レフト方向にも鋭い打球を連発しています。

外角のボールは言うまでもなく、さらに内角寄りのボールでさえ逆方向に打ち返すことができるバッティングセンスを持ち合わせていることが何とも素晴らしいです…!


左右どちらのピッチャーも苦にしないバッターですし、黒川史陽選手西川晋太郎選手と並んで中谷仁監督が厚い信頼を寄せているのも納得です。

参考:西川晋太郎(智弁和歌山)の守備に注目|グローブの使い方がたまらない

Sponsored Link

どの打順にも対応する器用さ

クリーンナップ以外の打順も含め、様々な形で起用されながら結果を残し続けてきているのも、根来塁選手の打撃センスを裏付ける1つと言えます。

2019夏には主に五番で中軸を任されているほか、以前は下位打線に入ったりもしていました。


どの打順でも関係なく自分のバッティングが出来る器用さも兼ね備えていますから、チームの状況に併せて貢献してきたことも評価が高い理由の1つと言えるでしょうね!

Sponsored Link

智弁和歌山・根来塁はドラフト期待の好打者

選球眼の良さもある

黒川史陽選手をはじめドラフト注目の選手が多い智弁和歌山の中でも、根来塁選手のバッティングが話題になる理由は卓越したバットコントロールだけではありません。


厳しいコースで攻められているものの選球眼が非常に良く、四死球での出塁も多いんですよね。

実際に和歌山大会ではチームトップとなる6個の四死球を記録しています。

本格派・技巧派問わず好投手との戦いではキレのあるボールへの対応が鍵になるわけで、ボール球に手を出さないことの重要度が高いのは言うまでもありません。

こういった角度からも相手バッテリーへプレッシャーをかけられるあたりも、根来塁選手が好打者たる所以です。

参考:智弁和歌山・黒川史陽は中学でも関西一|ドラフト注目主将は野茂ジャパン

Sponsored Link

得点圏での勝負強さ

根来塁選手はチャンスでの勝負強さも有名ですが、智弁和歌山で存在感を示したのは1年秋の近畿大会準決勝・乙訓との一戦でしょう。

この大会で10打数6安打と当たっていた根来塁選手は、1点ビハインドで迎えた9回裏ノーアウト一・二塁のチャンスで打席へ。

振り抜いた打球は、左中間へのサヨナラタイムリー二塁打となりました…!

2019夏の和歌山大会決勝でもタイムリー三塁打を放っていますし、チャンスで回ってきた打席ではことごとく結果を出しているイメージがあります。

本当に頼りになるバッターですから、1年生で四番の徳丸天晴選手が素晴らしい活躍を見せる背景には根来塁選手の存在も大きいように感じますね!

参考:智弁和歌山・徳丸天晴は中学通算22発|一年で四番は15年ぶりの快挙

Sponsored Link

天才打者・根来塁は守備でも魅せる

打球反応の良さが光る

最後に、根来塁選手は守備が非常に良いことも付け加えておきます。

2019夏の和歌山大会でもレフトの守備でファインプレーがいくつもありましたが、これまでも幾度となく素晴らしい守備で投手陣を盛り立てているんですよね。


一部ではライトの方が適任なのではとの声もありますが、いずれにしても打球に対する反応の良さは素晴らしいものがあります。

センターを守る細川凌平選手も守備範囲の広い外野手ですから、投手陣としては心強い限りでしょう。

参考:細川凌平(智弁和歌山)はホームランも打てる理想の左打者である

Sponsored Link

投手としても注目されていた

さらに守備では強肩ぶりも光る根来塁選手ですが、智弁和歌山では投手としてマウンドに上がった経験もあります。

身長170cm・体重65キロと小柄ながら最速137キロを記録するなど、遠投100メートル超えの肩にも魅力がある選手ですね!

エース・池田陽佑投手と双璧をなす投手になっていたかもしれないと思うと、改めてポテンシャルの高さに驚かされます…!

「ドラフトで指名されても驚かない」というのは大げさじゃなく、攻守に抜群のセンスを見せる根来塁選手は間違いなく全国区の選手です。

最後の夏に見せるプレーにはぜひ注目していきましょう!

参考:智弁和歌山・池田陽佑の中学時代の球速は?ドラフト候補に急成長の理由も

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック