<2019ドラフト>

藤田健斗(中京院中京)はドラフト注目|強肩のスローイングは高校随一

強肩強打でドラフトに期待がかかる中京学院大中京の四番・藤田健斗捕手。

2019春にはU18日本代表候補にも選出された逸材で、夏の甲子園でも強肩ぶりを披露して球場を沸かせています。

高校球界トップクラスのスローイングは素晴らしいものがあり、将来が非常に楽しみですね!

中京学院大中京でチームを引っ張る、藤田健斗選手を詳しく見ていきましょう。

 

中京学院大中京・藤田健斗はドラフト注目の強肩

二塁送球タイムはプロでも上位

身長173cm・体重73kgとキャッチャーとしてはやや小柄な藤田健斗選手ですが、ドラフト指名確実と言われるほどの強肩を持っています。

遠投は120メートルを記録し、二塁送球タイムの1秒8はプロでもトップクラスのタイム。

強肩で有名なソフトバンクの甲斐拓也捕手が1秒7ですから、いかに藤田健斗選手の肩が強いかがわかります。

智弁和歌山・東妻純平選手もドラフト注目のキャッチャーですが、「スローイングは他のドラフト候補に負けない」と話す藤田健斗選手もやはり楽しみな選手です…!

参考:東妻純平(智弁和歌山)にはドラフト以上に期待したいことがある

スローイングの安定感

さらに藤田健斗選手はスローイングの強さに加えて「正確性」も高く評価されています。

エースの不後祐将投手とのコンビは簡単に盗塁を許さない強さがありますし、日本代表候補に選出されたことも納得の声が多数挙がっています。


肩の強いキャッチャーにありがちな「投げたがり」の傾向もなく、落ち着いたリードを見せるあたりも注目したい選手ですね。

参考:不後祐将(中京院中京)は中学日本代表|球速だけで語れないサウスポー

Sponsored Link

中京学院大中京・藤田健斗は打っても四番

守備での評価が高い中京学院大中京の藤田健斗選手は、一方でバッティングでも四番を務めます。

高校通算ホームランは20本を超えており、話題の1年生スラッガー・小田康一郎選手らと務めるクリーンナップは2019夏の甲子園でも破壊力を見せつけていますね!


岐阜大会ではわずか1打点と悔しい想いをしたものの、本来の姿を取り戻して甲子園に立つあたりはさすがと言えます。

中京学院大中京の強力打線の中心として、まだまだバッティングでも存在感を示してほしいですね!

参考:小田康一郎(中京院中京)の打撃が凄い|中学は八王子シニアでベストナイン

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック