<2019甲子園の注目選手>

鶴岡東の注目選手【2019夏】破壊力を見せる強力打線と大型左腕

山形中央との決勝戦を制して甲子園出場を決めた鶴岡東ですが、切れ目のない強力打線が甲子園でどのような戦いを見せるかが楽しみなチームです。

11対7で競り勝った決勝戦を見ても打線が非常に振れており、県内随一の得点力の高さを見せつけました。

強打を誇る鶴岡東の注目選手について見ていきましょう。

 

攻守の要はリードオフマンの河野宏貴

クリーンナップの打力の高さが注目されることが多い鶴岡東において、先頭打者である河野宏貴選手の存在は非常に大きいです。

2019春から一番を務める右打ちのバッターでミートが上手く、春先には練習試合・公式戦を含め5割を超えるチームトップの打率を誇っていました。

また、バッティングで打線を牽引する一方でショートの守備でも中心選手として活躍。

守備範囲の広さや正確なスローイングは素晴らしいものがあり、打球反応の速さからも能力の高さが伺えます。

Sponsored Link

俊足好打の左打者・山下陽生

前チームでも上位打線で活躍を見せていた三番・センターの山下陽生選手は左投げ左打ち。

シャープなバッティングが持ち味の好打者ですがパンチ力もあり、ホームランを放つパワーも兼ね備えています。


加えて、50メートル5秒9の俊足は攻守に光り、三塁打が多いことが何よりの証拠でしょう。

2年生ながら二番に入っていた2018夏にも左中間の打球で一気に三塁を陥れていますし、鶴岡東打線の中心選手の一人であることは間違いありません。

守備範囲が広いセンターでの守備にも注目していきましょう。

Sponsored Link

投打で才能を見せる丸山蓮

最速140キロの速球

身長183cm・体重80kgとどっしりとした体格の丸山蓮選手は投手兼外野手として活躍している選手です。

2年生春で136キロをマークした球速は140キロに伸び、脳力の高さを感じさせます。

影山雄貴投手や池田康平投手らの台頭もあり最近では打者としての活躍が光りますが、マウンドでの投げっぷりも見逃せません。

主軸を務めるスラッガー

以前はピッチャーとして注目を集めていた丸山蓮選手は、右の強打者としても打撃センスが高く評価されています。

2019夏の強豪・羽黒との一戦でも、好投手の篠田怜汰投手から決勝のツーランホームランをセンターに放り込んでいますし、春の東北大会でも一発を放つなどパワフルなバッティングからは目が離せません。


余談ですが、丸山蓮選手の兄は高校通算38本のホームランを放ち話題になった丸山大選手(亜細亜大)です。

兄から刺激を受けて進んだ鶴岡東での甲子園ですから、大いに暴れてほしいものですね!

Sponsored Link

四番・キャッチャーの大井光来

2018夏に決勝でサヨナラ負けを喫した悔しさを知る大井光来選手。

当時もマスクをかぶっており、雪辱に燃えていた選手ですね。山形大会でも気持ちを全面に出したプレーで何度もチームを鼓舞していました。


強気のリードで投手陣を引っ張る一方、四番としての強打にも注目。

大井光来選手で特に印象的だったのは、2019春の東北大会・盛岡大付属戦で13球粘った末にレフト線へタイムリーを放った打席ですね…!

山下陽生選手・丸山蓮選手と組むクリーンナップは破壊力がありますし、長打力がある右打者だけに甲子園でも注目したいところです。

Sponsored Link

スケールの大きさを感じる左腕・影山雄貴

投手陣では羽黒戦で好投を見せた影山雄貴投手に注目です。

身長186cm・体重80kgと恵まれた体格で投げっぷりも良く、130キロ台中盤のストレートはまだまだ伸びそうな印象を受けます。


打ってはライトスタンドへホームランを放つパワーもありますし、甲子園の舞台で何かを掴めば将来的に大きな選手に成長する可能性も十分に秘めている選手でしょう。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック