<2019ドラフト>

東海大相模・金城飛龍にドラフト期待の声が多いのは父の影響じゃない

東海大相模で攻守に活躍を見せる俊足強打の金城飛龍(きんじょう ひりゅう)選手。

元プロ野球選手の金城龍彦さんを父に持つことでも話題になっていますが、ドラフトに期待する声が多く挙がっている理由は決して話題性だけではありません。

走攻守にレベルの高い選手で、強打の東海大相模打線においても勝負強いバッティングで中軸を担うなど素晴らしい活躍を見せているんですよね。

最後の夏で間違いなく甲子園を沸かせるであろう、金城飛龍選手を特集してみました。

金城飛龍は小・中学時代から抜群の野球センス

小学ではベイスターズジュニア

小学3年から野球を始めた金城飛龍選手は小学時代を川和シャークスでプレーしており、6年生時には横浜DeNAベイスターズジュニアにも選出されました。

強豪の川和シャークスではキャッチャーのポジションで中心選手として活躍しており、ベイスターズジュニアにも捕手・外野手として登録されていますね。

また所属チームでは三番を務めるなど強肩強打で有名な右打者で、当時から優れた才能を発揮していたことは間違いありません。

金城龍彦さんの長男として少なからず「父親がプロ野球選手」とのプレッシャーはあったかと思いますが、自分を見失わずに野球と向き合ったことが何とも素敵です…!

出身の横浜緑ボーイズでも全国

横浜市立荏田南中学に進んだ金城飛龍選手は横浜緑ボーイズに所属。中学時代には主に外野手として試合に出場していました。

肩の強さや鋭いスイングに磨きがかかった一方で、セーフティーバントなど俊足を活かした器用なプレーでも存在感を示しています。

東海大相模でも長打を放つ場面をよく目にしますが、当時からホームランを打てるパンチ力を持つ好打者でしたね!

出身の横浜緑ボーイズではジャイアンツカップで全国の舞台も経験しているのですが、全国出場をかけた決勝戦では満塁の場面でサヨナラのタイムリーを放つなど、勝負強いバッティングは当時から健在でした。

東海大相模では1年秋からベンチ入りしており現在もチャンスでの強さは素晴らしいものがありますから、二刀流のショート・遠藤成選手らと共に中心選手として活躍を見せているのも納得と言えるでしょう…!

参考:遠藤成(東海大相模)はドラフト注目|二刀流はスイングスピードも一級品

Sponsored Link

東海大相模・金城飛龍がドラフトで注目される理由

抜群のミート力

父・龍彦さんもプロ時代には優れた打撃技術で活躍していましたが、金城飛龍選手もセンス抜群のバッティングを見せています。

2019夏の神奈川大会でも21打数10安打で打率は4割7分6厘をマーク。

四番・山村崇嘉選手の4割8分4厘に次いで、チーム2位の成績を残しました…!

毎回ながら本当にいい場面で結果を残してくれる選手なんですよね。

加えて8打点と勝負強さを発揮していますし、甲子園でも金城飛龍選手のバッティングからは目が離せません。

参考:東海大相模・山村崇嘉がホームラン量産|二刀流はどちらでプロ入りか

ホームランを打てるパンチ力

身長168cm・体重71kgとさほど大柄ではないものの、金城飛龍選手はミートセンスだけでなく長打力も兼ね備えたバッターです。

神奈川大会でのホームランこそなかったものの高校通算24本のホームランを記録していますから、パンチ力も十分に秘めていることがわかります。

金城飛龍選手自身も「自分は長距離ヒッターではない」と話すように、基本的にホームランを狙うようなバッティングではないにも関わらずこの数字ですからね…!

ドラフト注目の金城飛龍選手には、甲子園の舞台でもそのバッティングに大いに期待したいと思います。

俊足ぶりは攻守に際立つ

また金城飛龍選手のプレーは攻守にスピードがあることも見逃せません。

50メートルは6秒3と言われていますが、グラウンドでの体感はもっと速い印象を受けます。

外野の間を抜く打球を放った際やサードの守備で見せるバントへのチャージは必見で、俊足ぶりがものすごく際立っているんですよね!

東海大相模は強打だけでなく走塁にも大きな強みがあるチームですが、金城飛龍選手の俊足にもぜひ注目していきましょう。

リードオフマン・鵜沼魁斗選手や身体能力の高さを見せる加藤響選手らと並び、東海大相模の強さを体現してくれるはずです。

参考:東海大相模・鵜沼魁斗の強打に注目|安打量産のずば抜けた打撃センス

Sponsored Link

東海大相模・金城飛龍は応援したくなる選手

父・龍彦さんの存在は切って離せないものの、金城飛龍選手はそれすらも力に変えているあたりが本当に素晴らしいと感じます。

否が応でもインタビューなど話題になることが多いですが、父親の存在について「自慢であり目標」と語れるあたりも最高に素敵ですよね。

またチーム内でも「クソ真面目」と言われている野球への姿勢も見事ですし、何よりチームメイトへの声掛けなど細やかな心配りが出来る姿にはつい心を打たれてしまいます。

ドラフトに期待する声も多く、スター軍団の東海大相模においても人気がある選手だけに、 甲子園でもいつも通りの活躍を見せてほしいですね!

弟の金城龍輝選手も東海大相模の1年生ですから、兄の姿は間違いなく目に焼き付いていることでしょう。

兄弟揃っての活躍を、これからも追い掛けていきたいと思います。

参考:金城龍輝(東海大相模)の中学時代の球速は?父兄に匹敵の野球センスに注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック