2021注目の投手

金城龍輝(東海大相模)の中学時代の球速は?父兄に匹敵の野球センスに注目

神奈川の強豪・東海大相模で、1年の2019秋からベンチ入りを果たした金城龍輝(読み方は「きんじょう りゅうき」)選手。

恵まれた体格を活かし、中学時代から速球が武器の本格派として注目されていました。

元プロ野球選手の父・金城龍彦さんの息子であることに加え、2歳上には東海大相模の主力メンバーとして2019夏の甲子園でも活躍した兄・金城飛龍選手もいるんですよね!

そんな野球一家で育った、横浜緑ボーイズ出身の金城龍輝選手を特集していきましょう。

参考:東海大相模の2020新入生は?メンバーは野球センス抜群で盤石か

金城龍輝投手の中学時代の球速は?

金城龍輝選手は小学1年から地元の少年野球チーム・川和シャークスで野球を始め、中学では横浜緑ボーイズでプレーしていました。

出身の横浜緑ボーイズでは全国大会出場など目立った成績こそなかったものの、横浜DeNAベイスターズが主催する「ベイスターズカップ」に出場。

最速131キロをマークするなど、ポテンシャルの高さを示しました。


力強いフォームから球速130キロ前後の真っ直ぐを連発しており、中学時代から本格派として注目が集まる投手でしたね!

東海大相模でも2019秋の神奈川大会からマウンドに上がっていますし、さらなる成長にも期待がかかります。

今後まだまだ球速は伸びるでしょうから、1年春から活躍している同世代の石田隼都投手らと共に強力な投手陣の一角として奮闘してほしいものです!

参考:石田隼都(東海大相模)は野茂ジャパン|驚異の奪三振は国際試合でも

Sponsored Link

東海大相模・金城龍輝は父や兄弟も話題

金城龍輝選手は自身の実力もさることながら、元プロ野球選手の父と、東海大相模で甲子園に出場した兄を持つことでも話題になっています。

父はスイッチヒッターの外野手として、横浜ベイスターズと読売ジャイアンツで活躍した金城龍彦さん。そして兄は2019年の東海大相模の主力として活躍した金城飛龍選手です。

ドラフト注目の金城飛龍選手とは、2019春に招待試合で同じグラウンドに立っていましたね…!

また偉大な父と兄弟を持つ上に、祖父の金城晃世さんも近鉄バッファローズで投手として活躍していた元プロ野球選手です。

これほどの野球一家では家族に話題が及ぶのは致し方ないものの、金城龍輝選手も自身の名前で認知される実力は十分に持っている選手ですし、甲子園で大きなインパクトを残してくれることに期待しましょう!

参考:東海大相模・金城飛龍にドラフト期待の声が多いのは父の影響じゃない

Sponsored Link

東海大相模・金城龍輝は野手としても期待

東海大相模では投手としての出場が多くなっている金城龍輝選手ですが、中学時代は内野手も兼任で主に五番を務めるなどバッティングにも定評があります。

右投げ左打ちの金城龍輝投手は、ピッチャーとして起用されるとしても打席に立つ場面は当然あるわけで、投打の活躍には大いに注目していきたいですね!

二刀流として頭角を現わす可能性も十分なポテンシャルを感じる選手ですし、どこまでの選手になるかが本当に楽しみです!

同じようにプロ野球選手の兄を持つ神里陸選手とバッテリーを組むなど何かと話題ですが、成長ぶりに期待して追い掛けていきたいと思います。

参考:神里陸(東海大相模)は中学日本代表|キャッチャー転向で存在感

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック