2020注目の捕手

神里陸(東海大相模)は中学日本代表|捕手転向で兄に続いてドラフトなるか

東海大相模で入学当時から大きな期待が寄せられていた神里陸(かみざと りく)選手。

2017ドラフトで横浜DeNAベイスターズから2位指名を受けた神里和毅選手の弟としても有名ですが、中学時代にU15日本代表を経験するなど将来が楽しみな選手なんですよね…!

新チームとなった2019秋からはキャッチャーのポジションでスタメンに名を連ねていますし、抜群の野球センスを見せるプレイヤーなのでかなり注目しています。

全国屈指の強豪・東海大相模で主力としての活躍に期待がかかる、神里陸選手を特集していきましょう。

参考:東海大相模の2020新入生は?メンバーは野球センス抜群で盤石か

神里陸は中学時代にハマスタでホームラン

スイッチヒッターの神里陸選手は沖縄の出身で、中学時代には南風原(はえばる)町立南星中学の軟式でプレーしていました。

主力選手としてポジションは内野を守る一方で、投手としてもマウンドに上がっていましたね。


また身長167cm・体重63kgと決して大柄ではなかったものの打撃センスは抜群で、なんと横浜スタジアムのライトスタンドにホームランを叩き込んだ経験も。

軟式でのスタンドインは尋常じゃないですよね…!

ドラフト2位の兄・神里和毅選手よりも野球センスは上と言われていますから、高校での飛躍にも胸を膨らませてしまいます。

Sponsored Link

沖縄出身の神里陸は中学日本代表でベストナインも

神里陸選手は中学3年時に南星中学を全国ベスト4に導くなど、その実力が高く評価されていました。

U15日本代表に選出されてアジア選手権にも出場しており、この大会では日本代表の優勝にも大きく貢献しています。

特に大会3連覇中だった台湾との一戦では先制の2点タイムリーを放ったほか、ショートの守備でも好プレーを連発して投手陣を支えていましたね…!


また神里陸選手はショートのポジションでアジア選手権のベストナインにも選出。

2020ドラフト注目の山村崇嘉主将らと並び、東海大相模でも中心選手としての活躍が期待できる選手であることは間違いありません。

参考:東海大相模・山村崇嘉はドラフト注目|中学時代は二刀流でも全国屈指

Sponsored Link

東海大相模・神里陸は俊足巧打に注目

抜群のミート技術

神里陸選手は走攻守三拍子揃った野手として注目を浴びていますが、やはり注目ポイントとしてバッティングは外せません。

中学時代に横浜スタジアムでホームランを放ったパンチ力も然り、広角に打ち分けられるミート技術は素晴らしいものがあります。

2019のU18日本代表に選出された鵜沼魁斗選手らと並び、東海大相模打線に厚みを持たせてくれる存在といえるでしょうね!

参考:東海大相模・鵜沼魁斗は日本代表|ドラフト注目のずば抜けた打撃センス

俊足ぶりも光る

また神里陸選手は打撃センスに加え、機動力の面でも大きな戦力になる選手です。

東海大相模は強打もさることながら走塁に重きを置いているチームですし、テーマとして掲げているアグレッシブベースボールにも神里陸選手はピッタリでしょう。

ちなみに「陸」という名前は陸上選手に育ってほしいという想いがあったそうで、実際にお姉さんは短距離でインターハイ出場も果たしています。

走塁面でも大いに期待して、プレーを見ていきたい選手ですね…!

Sponsored Link

捕手転向から見る東海大相模・神里陸の野球センス

中学時代までは主に内野手としてプレーしてきた神里陸選手ですが、東海大相模では2019秋の神奈川大会初戦で背番号2をつけキャッチャーとして登場しました。

本格的にキャッチャーへ転向したのは2019夏からではあるものの、そんな様子をまったく感じさせないほど馴染んで見えましたね…!


中学時代にマスクをかぶった経験はあったそうですが、コンバートされたポジションを難なくこなしてしまうあたりからも野球センスの高さを感じます。

諸隈惟大投手石田隼都投手ら、前チームからマウンドを任されていた好投手も残りますから、扇の要としても存在感を示してほしいですね!

参考:石田隼都(東海大相模)は野茂ジャパン|驚異の奪三振は世界でも通用

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック