<2020春のセンバツ甲子園>

【ブレイク予想】2020選抜高校野球で全国区になる選手を特集!

高校球児たちの奮闘に期待がかかる2020選抜高校野球ですが、雑誌なども含め注目選手の特集が目立つようになってきました。

当サイトでも各校の注目選手や優勝候補予想など特集していますが、この記事では「2020春のセンバツ甲子園でブレイク期待の選手」をピックアップしていきたいなと…!

全国的にはまだそこまで有名ではない、あるいはすでに知名度はあるけど本来はもっと注目されるべき!といった選手を特集してみました。個人的な主観もガッツリ含みます。

無観客試合での開催が検討される中、少しでも2020選抜高校野球を楽しむ一助になれたら…!

※もし「この選手も見てくれ!」とのご要望があれば、こちらから教えていただけたら幸いです!

参考:選抜高校野球2020出場校と注目選手【最新版】全地区の一覧まとめ
参考:【次世代予想】2020選抜高校野球を沸かせる2年生投手を特集!

2020選抜高校野球のブレイク予想【投手】

仙台育英・向坂優太郎

2019秋の神宮大会でエースナンバーを背負ったサウスポーで、特にスライダーは抜群のキレを誇ります。

球速140キロ超のストレートとのコンビネーションも光りますし、仙台育英投手陣の中で背番号1を勝ち取った実力には大いに注目です!

参考:向坂優太郎(仙台育英)は球種で翻弄|球速だけじゃない左腕の意地

桐生第一・宮下宝

球速は130キロ台前半ながら、2019秋には練習試合も含め25試合で防御率1.97と、抜群の安定感を見せたサウスポー。

チームメイトも認める努力家だけに、マウンドで見せる背中には注目です!

参考:宮下宝(桐生第一)は投球術に注目|エース左腕は自覚で急成長

東海大相模・金城龍輝

堂々としたマウンドさばきにも注目の本格派右腕で、ピンチにも動じないピッチングは見もの。

兄や父が話題になりがちではあるものの、自信を持って投げ込む140キロの真っ直ぐにも注目の投手です!

参考:金城龍輝(東海大相模)の中学時代の球速は?父兄に匹敵の野球センスに注目

日本航空石川・田中颯希

2019秋の大会ではエース級の活躍を見せ、2020選抜高校野球出場を手繰り寄せた本格派右腕。

最速143キロのストレートは制球も良く、大舞台でワンランク上のレベルに成長するとドラフト候補として名前が上がっても不思議ではありません。

参考:田中颯希(日本航空石川)は球速に注目|中学で選抜も経験の本格派

Sponsored Link

中京大中京・松島元希

身長164cmながら最速150キロに迫る真っ直ぐで押す、ドラフト期待の本格派左腕。

初見のときのインパクトが忘れられない投手で、2020シーズンでは全国の高校野球ファンを沸かせてくれると予想しています!

参考:松島元希(中京大中京)はドラフト期待|球速だけじゃない左腕の将来性

鹿児島城西・前野将輝

鹿児島城西が誇るWエースの一人で、最速143キロのストレートを軸とする本格派右腕です。

真っ直ぐの球威はもとよりスライダーのキレは一級品で、奪三振率の高さは2020選抜高校野球でも間違いなく話題になるでしょう…!

参考:前野将輝(鹿児島城西)は球速に注目|キレも抜群で全国区に成長

Sponsored Link

2020選抜高校野球のブレイク予想【捕手】

健大高崎・戸丸秦吾

二塁送球タイムで1秒79をマークしているドラフト注目の強肩捕手ですが、まだまだ注目されていい選手だと感じます。

スローイングの良さは群を抜いており、2020選抜高校野球でも必見の逸材と言えるでしょう!

参考:戸丸秦吾(健大高崎)はドラフト期待|中学野茂ジャパンの強肩はピカ一

県岐阜商・高木翔斗

身長186cm・体重85kgの恵まれた体格を活かしたバッティングが売りで、スケールの大きさが際立つ大型捕手。

2021ドラフト注目と予想されていますが、突出した打力を誇る右の強打者だけに2020選抜高校野球で一気にブレイクする可能性も十分です。

参考:高木翔斗(県岐阜商)はドラフト期待|中日ジュニア出身の大型捕手

大阪桐蔭・吉安遼哉

前チームから四番を務めたこともある左打者で、攻守の要として常勝軍団に欠かせない選手です。

2019秋の近畿大会は怪我で欠場したため、2020選抜高校野球での奮起 へかける想いは並々ならぬものがあると予想しています…!

参考:大阪桐蔭・吉安遼哉は怪我から復帰|中学日本代表の強打者に注目

智弁和歌山・石平創士

中学では関西ナンバーワンとも称された強肩捕手で、智弁和歌山で守備の要として期待が集まる注目株。

端正なルックスでも人気の選手ですし、先輩の東妻純平選手(現DeNA)は「超えなければいけない存在」と話しており、今後は智弁和歌山を引っ張る存在になるであろう捕手です!

参考:石平創士(智弁和歌山)は攻守に注目|阪神ジュニア出身のイケメン捕手

大分商業・末田龍祐

身長182cm・体重83kgの恵まれた体格で遠投120メートルを誇る強肩が武器。

地肩の強さは高校球界トップクラスですから、2020選抜高校野球での活躍で一気に知名度を上げる可能性も十分です。

参考:末田龍祐(大分商業)の強肩は弩級|強打の捕手はドラフトにも注目

Sponsored Link

2020選抜高校野球のブレイク予想【内野手】

仙台育英・田中祥都

巧みなバットコントロールとスイングスピード150キロの力強さを併せ持つ左打者。

須江航監督に「一人だけ野球の質が違う」と言わしめる野球センスも必見の主将です。

50メートル6秒1の俊足をはじめ身体能力も高く、2020選抜高校野球をきっかけに全国区の選手にブレイクするのではと予想しています…!

参考:田中祥都(仙台育英)はセンス抜群|俊足巧打の主将は異次元レベル

東海大相模・吉沢悠佑

ドラフト候補の逸材がズラリと並ぶ東海大相模で、新チーム以降で一番のホームランを放った右の強打者。

チャンスでの勝負強さも際立っており、その打力で高校野球ファンを魅了してくれることに期待しています!

参考:吉沢悠佑(東海大相模)は中学日本代表|打撃センスに期待の注目株

花咲徳栄・秋山貫太

ドラフト注目の先輩・井上朋也選手に次ぐスラッガーとして成長に期待がかかる右の強打者。

身長183cm・体重82kgの恵まれた体格で、強力打線でも存在感を示してほしいものですね…!

参考:秋山貫太(花咲徳栄)の強打に期待|中学茨城選抜は次世代の主軸候補

Sponsored Link

星稜・花牟禮優

星稜のリードオフマンを務める左打者は、バックスクリーンにも放り込める鋭いスイングに注目。

高校通算11本のホームラン数はまだまだ伸びるでしょうし、強力打線の中でもキーマンになってくると予想しています!

参考:花牟禮優(星稜)はホームランも期待|強打に注目のリードオフマン

日本航空石川・井口太陽

走攻守三拍子揃ったハイレベルな内野手で、2020選抜高校野球で個人的に楽しみにしている選手の一人。

説明いらずですね。とにかく観たい。

参考:井口太陽(日本航空石川)はセンス抜群|兵庫夢前クラブ出身のイケメン主将

天理・下林源太

攻守で名門を引っ張る頼れる主将で、2019秋の近畿大会では6割8分8厘の高打率をマークした左打者。

積極的に振っていくため打席では迫力があり、強力打線のリードオフマンとして絶大な存在感を誇ります。

参考:下林源太(天理)は攻守で魅せる|ホームランも期待の主将に注目

大阪桐蔭・伊東光亮

個人的に2020世代の大阪桐蔭で一番注目している内野手で、攻守にポテンシャルの高さが光ります。

ショートでの堅守に加え、打順に応じたバッティングが出来る器用さも兼ね備えている素晴らしい左打者ですね。

すでに知名度がある選手ではありますが、2020選抜高校野球でさらにブレイクすると予想しています!

参考:伊東光亮(大阪桐蔭)はドラフト注目|中学は広島中央でエースの逸材

Sponsored Link

智弁和歌山・川上珠嵐

どっしりとした体格でパンチ力を秘めた右打者で、ホームランにも注目。

愛されキャラでムードメーカー的存在でもあり、一振りで流れを持ってこれる貴重な選手なのでぜひ期待していただけたら…!

参考:智弁和歌山・川上珠嵐は球場の雰囲気を一気に変えられる選手だと思う

明石商業・井上隼人

ドラフト注目の二人が取り上げられている一方で、個人的には明石商業のキーマンと見ている素晴らしい選手。

特にショートの守備は選抜高校野球でも一・二を争うレベルで、全国の舞台での躍動が心から楽しみな逸材です。

参考:井上隼人(明石商業)の守備が凄すぎる|打撃でも魅せる注目ショート

明石商業・植本拓哉

2019秋の大会終了後、兵庫県選抜でも主軸を任された左の巧打者。

身長178cm・体重69kgとやや細身ではあるものの打撃センスは抜群で、好打者揃いの明石商業でも主役になれる実力は十分に持っている選手ですね!

参考:植本拓哉(明石商業)はバッティングに注目|打線のキーマンは兄も主力

広島新庄・瀬尾秀太

ショートのポジションで見せる守備力の高さに注目で、2021年には高校トップクラスの野手として騒がれるであろう逸材。

身長161cm・体重63kgと小柄ながらパンチ力も秘めており、2020選抜高校野球での活躍で一気にブレイクすると予想しています…!

参考:瀬尾秀太(広島新庄)はドラフト期待|抜群の身体能力は攻守に光る

明徳義塾・新澤颯真

広角に飛距離を出せる左の強打者で、2019秋から急成長を遂げている注目選手。

名門の主軸を張れるだけの打撃センスは十分に秘めていますから、高校ラストシーズンで一気に全国区の選手に駆け上がる打者といえるでしょう。

参考:新澤颯真(明徳義塾)はドラフト期待|ホームランにも注目の左打者

明豊・狭間大暉

強力打線の四番を務めるうえに、最速143キロの真っ直ぐを投げ込むポテンシャルも秘めた二刀流。

攻守で球場を沸かせられる逸材ですから、2020選抜高校野球での活躍からも目が離せません。

参考:狭間大暉(明豊)は球速に注目の二刀流|中学の九州選抜は攻守の要

Sponsored Link

2020選抜高校野球のブレイク予想【外野手】

白樺学園・川波瑛平

北北海道屈指のリードオフマンで、ホームランも打てる打撃センス抜群の左打者。

一塁到達タイムは3秒87をマークするなど俊足ぶりも光り、一部ではドラフト候補として予想されているのも納得の外野手です。

参考:川波瑛平(白樺学園)は全国区になる|抜群の身体能力で攻守に魅せる

鶴岡東・吉田陸人

2019秋の新チーム以降、打率4割4分5厘をマークしている左の巧打者。

小技が使える器用さも兼ね備えていますし、どの打順に入っても仕事ができる選手だけに玄人の高校野球ファンには特に評価されるでしょう…!

参考:吉田陸人(鶴岡東)の打撃センスに期待|白山能美ボーイズ出身の巧打者

山梨学院・渡邉嵩馬

50メートル5秒台のスピードを誇り、読売ジャイアンツでブレイクした松本哲也選手を彷彿とさせるような左投げ左打ちの俊足巧打。

個人的には前チームからブレイクを予想していた選手なのですが、バットコントロールの巧さに加えて、守備で見せるセンスの高さは必見です!

参考:渡邉嵩馬(山梨学院)の俊足は全国上位|西武ジュニア出身のスピードスター

Sponsored Link

花咲徳栄・飛川征陽

秋にはベンチ外も、花咲徳栄で2020選抜高校野球からレギュラーを勝ち取った左の強打者。

身長178cm・体重77kgとバランスのとれた体格で選球眼も良く、ホームランにも期待できるだけにぜひブレイクしてほしい選手です!

参考:飛川征陽(花咲徳栄)は打撃に注目|中学で選抜も経験のスラッガー

国士舘・清水武蔵

下級生ながら国士舘のクリーンナップを担う右打者で、2019秋の東京大会では打率5割を記録するなど抜群のミート力を発揮。

強肩も兼ね備えており身体能力の高さも注目で、2020選抜高校野球で全国的にブレイクするのではと予想しています…!

参考:清水武蔵(国士舘)は打撃センスに注目|桜島ボーイズ出身の注目株

加藤学園・佐野陸斗

中学時代に40本以上のホームランをマークしている左のスラッガー候補。

思いきりの良いバッティングはもとより、50メートル6秒2の俊足も兼ね備えており、攻撃力の高さは一見の価値があります。

参考:佐野陸斗(加藤学園)は中学40発超|俊足強打の注目株はドラフトなるか

Sponsored Link

履正社・大西蓮

身長184cm・体重91kgの体格はプロ顔負けで、覚醒に期待がかかる右の強打者。

捕らえた打球の速さは群を抜いており、この選手が一皮むけると履正社打線はさらに手がつけられなくなりますね…!

参考:大西蓮が履正社の中軸に座る理由|中学で関西選抜も豪快さだけじゃない

智弁学園・白石陸

逸材揃いの下級生に注目が集まる一方で、智弁学園には欠かせない主将。

左打者としての豪快なバッティングはもちろん、レーザービームの強肩など身体能力の高さも高校野球ファンを魅了するでしょう。

参考:白石陸(智弁学園)は強肩強打に注目|広島出身の主将は攻守で魅せる

明石商業・福本綺羅

下級生ながら2019秋には四番も任された俊足強打の左打者。

ドラフト注目の来田涼斗選手を彷彿とさせるプレーぶりで、2020選抜高校野球で一気にブレイクするのではと予想しています…!

参考:福本綺羅(明石商業)はドラフト期待|打撃センス抜群の注目株

Sponsored Link

智弁和歌山・宮坂厚希

ドラフト注目の細川凌平選手のコンバートにより、2020選抜高校野球からセンターのポジションを任されると予想される外野手。

50メートル6秒0の俊足にくわえミート力も高く、元々ポテンシャルに期待されていた選手だけに大舞台でのブレイクが楽しみです!

参考:宮坂厚希(智弁和歌山)の俊足に注目|中学は南紀ボーイズで選抜の逸材

鳥取城北・畑中未来翔

巧みなバットコントロールで左右にヒットを量産する左のアベレージヒッター。

リードオフマンとして出場した2019秋には先頭打者ホームランを放つなど長打力も秘めていますから、全国の好投手を相手に対応力の高さを見せてほしいものですね…!

参考:畑中未来翔(鳥取城北)は打撃に注目|中学では選抜も経験の巧打者

広島新庄・下志音

全国的にはまだ知名度がさほど高くないものの、ドラフト候補として注目されておかしくないポテンシャルを秘めている左打者。

2019秋の公式戦では3本塁打を含む5割7分8厘をマークしたほか、50メートル5秒台の俊足など三拍子揃った逸材は必見です。

参考:下志音(広島新庄)はドラフト期待|ずば抜けた身体能力は全国上位

大分商業・渡邊温人

50メートル5秒7の俊足は高校野球界トップクラスで、攻守にポテンシャルの高さが際立つ外野手。

右打者としてパンチ力も秘めており、大分商業のキーマンとしてスカウトの目に留まる可能性は十分です!

参考:渡邊温人(大分商業)の俊足は全国上位|ドラフト級の身体能力は必見

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック