2021注目の外野手

畑中未来翔(鳥取城北)は打撃に注目|中学では選抜も経験の巧打者

鳥取の強豪・鳥取城北で、1年の2019秋からスタメンで活躍している畑中未来翔(読み方は「はたなか みくと」)選手。

巧みなバットコントロールに加えてホームランを打てるパンチ力も兼ね備えており、さらに足も速いという素晴らしい左打者です。

鳥取ボーイズでプレーした中学時代から能力の高さは評価されていただけに、今後の伸びしろにも期待が高まりますね!

甲子園での活躍も楽しみな、鳥取城北の畑中未来翔選手について特集していきましょう。

畑中未来翔の中学時代は鳥取ボーイズ出身

右投げ左打ちの畑中未来翔選手は鳥取ボーイズの出身で、当時から外野手として活躍していました。

鳥取ボーイズの中心でチームを引っ張り、中学3年時にはジャイアンツカップ東中国大会で準優勝の成績を残しています。

また鶴岡一人記念大会の山陰ブロック代表に選ばれるなど、当時から進路が注目されていた選手の一人でもありましたね!

中学時代から光っていたバッティングセンスは健在ですから、これからの成長も非常に楽しみです。

Sponsored Link

鳥取城北・畑中未来翔は抜群の打撃センス

巧みなバットコントロール

畑中未来翔選手の大きな魅力の1つが、巧みなバットコントロールを見せるバッティングです。

2019秋の大会ではヒットを量産し、トップバッターとして多くのチャンスを作っていましたね!

2019秋の鳥取大会決勝・境戦でも3安打を放つ活躍を見せ、鳥取城北の優勝に大きく貢献しました。

畑中未来翔選手は鳥取大会の序盤では不調に陥っていたものの、準々決勝後にフォームを見直し、不調の原因が下半身にあると分析。

そこからは足腰を意識したスイングを心掛けたとのことで、準決勝・倉吉東戦では3安打、決勝でもホームランを含む3安打と自分のバッティングを取り戻したのは見事でした…!

変化球への対応力など打席では随所にセンスが垣間見えますし、今後も鳥取城北の中心打者になることは間違いないでしょう。

Sponsored Link

ホームランにも期待できるパンチ力

巧みなバットコントロールを見せる一方で、ホームランを打てるパンチ力も兼ね備えている畑中未来翔選手。

身長179cm・体重75kgとバランスとの取れた体格で、左打席での鋭いスイングは見ものです。

2019秋の中国大会・南陽工戦では先頭打者ホームランを叩き込むなど存在感を示し、この先の戦いでも相手バッテリーからはマークされることになるでしょう。

これから身体が大きくなるとさらに打球の飛距離も伸びるでしょうし、河西威飛選手らと並んでチームに勢いを与えられる打者と言えます。

鳥取城北の次世代を担う存在としても、今後の活躍に期待していきたいですね!

参考:河西威飛(鳥取城北)は中学で野茂ジャパン|強打に期待のスラッガー

Sponsored Link

畑中未来翔は俊足も鳥取城北の武器

畑中未来翔選手はバッティングだけでなく、持ち前の俊足も鳥取城北の武器になっています。

外野の守備では俊足を活かした広い守備範囲で投手陣をもり立てている一方で、攻撃においても内野安打で出塁するなど相手チームの脅威となっていますね!

鳥取城北では石原夢也選手も俊足ですし、畑中未来翔選手と石原夢也選手がチャンスメイクしてクリーンナップで返す形が鳥取城北の必勝パターンになっています。

甲子園での活躍次第では全国区の選手になるポテンシャルは秘めている選手だけに、畑中未来翔選手には大いに注目していきたいですね!

2020ドラフト候補との智弁和歌山・細川凌平選手ら、世代を代表する左打者から刺激を受けての飛躍にも期待しています。

参考:細川凌平(智弁和歌山)はドラフト上位|中学でも日本代表の俊足強打

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック