2020ドラフト野手

狭間大暉(明豊)は球速に注目の二刀流|中学の九州選抜は攻守の要

大分・明豊で1年の2018秋からベンチ入りを果たしていた狭間大暉(はざま たいき)選手。

球速140キロ超のストレートを武器にマウンドで存在感を放つ一方で、打っても四番を務めるなど攻守にポテンシャルの高さを見せています。

大分南シニアに所属した中学時代には九州選抜にも選出されていますし、この先の伸びしろにも期待したい選手ですね!

明豊でドラフト期待の二刀流として注目を集める、狭間大暉選手を特集していきましょう。

狭間大暉は中学の大分南シニアから球速が凄い

小学1年から野球を始めた狭間大暉選手は、彦ノ内少年野球部でプレーしていました。

当時から肩の強さは突出したものがあり、小学4年からピッチャーを開始。

津久見市立第一中学では大分南シニアに所属していたのですが、中学1年で球速は129キロをマークしていたと言います。


大分南シニアでエースとして全国大会出場を果たした中学3年時には、最速138キロをマークするまでに成長しているですよね!

九州選抜として台湾遠征も経験していますし、将来性が高く評価されているのも納得の逸材です。

Sponsored Link

明豊・狭間大暉は球速に期待の本格派

明豊高校に進学後、1年秋からベンチ入りを果たした狭間大暉選手ですが、2019秋からは主力として投打に活躍を見せています。

九州大会決勝・大分商業戦でもリリーフで3回を投げ、2安打無失点の好投。

最速143キロを誇るストレートの球威で押す投球を見せており、甲子園のマウンドでの投球が楽しみで仕方ありません…!

川崎絢平監督も「150キロを投げられる」と狭間大暉選手のポテンシャルを高く評価していますし、若杉晟汰投手と並んで強固な明豊投手陣を形成してほしいものですね!

身長177cm・体重77kgとバランスの取れた体格から投げ込むボールの勢いは素晴らしいものがありますから、2020ドラフト候補の一人としてもこれから話題になっていくでしょう。

参考:明豊・若杉晟汰はドラフト期待|球速以上のキレに注目のイケメン左腕

Sponsored Link

狭間大暉はバッティングでも明豊の主軸

投手として高い能力を持つ一方で、狭間大暉選手は主軸を務めるバッティングも見逃せません。

四番・ファーストで試合に出場することも多く、攻撃の軸としてもチームに貢献しているんですよね!

2019秋の九州大会・沖縄尚学戦でもレフトオーバーのタイムリー二塁打を放っており、勝負強い右打者として相手バッテリーの脅威になることは間違いないでしょう。


ミートの上手さはもとよりパンチ力も兼ね備えた打者ですから、投打で球場を沸かせられるあたりにはスター性も感じます。

前チームから主力として活躍していた布施心海選手と共に、強力な明豊打線の中核を担う存在としても活躍が非常に楽しみですね…!

明豊の中心選手として、ドラフト期待の狭間大暉選手のこれからには注目していきたいと思います。

参考:明豊・布施心海の打撃センスに注目|大阪桐蔭・福井元主将との絆も

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック