2020ドラフト野手

戸丸秦吾(健大高崎)はドラフト期待|中学野茂ジャパンの強肩はピカ一

群馬の強豪・健大高崎で1年秋からベンチ入りしている戸丸秦吾(とまる しんご)選手。

中学時代は高崎ボーイズに所属し、野茂ジャパンにも選出された実力の持ち主です。

パンチ力のある打撃に加えて自慢の強肩は目を見張るものがあり、攻守に活躍を見せるドラフト期待の捕手なんですよね!

2019秋の関東大会を制した健大高崎で、主将としても期待の戸丸秦吾選手について特集してみました。

戸丸秦吾は出身の高崎ボーイズで野茂ジャパン

右投げ右打ちの戸丸秦吾選手は、中学時代を高崎ボーイズでプレーしていました。

早い時期から主力として活躍し、中学2年時にはチームのジャイアンツカップベスト4に大きく貢献。

さらに中学3年では、当時すでに90メートルを投げていた強肩など高崎ボーイズでの活躍が評価され、野茂ジャパンにも選出されていますね!


ちなみに健大高崎でもバッテリーを組む橋本拳汰投手とは、野茂ジャパンでもチームメイトでした。

それぞれがドラフト期待の選手でもありますから、今後の活躍には期待していきたいですね!

参考:橋本拳汰(健大高崎)の中学の球速は?野茂ジャパン出身右腕はドラフト期待

Sponsored Link

健大高崎・戸丸秦吾はドラフト期待の強肩捕手

扇の要として活躍する戸丸秦吾選手の大きな武器の1つが、強肩を活かしたスローイングです。

二塁送球タイムは1秒79をマークしており、これはプロの一流捕手に匹敵するほどの速さなんですよね!(ソフトバンク・甲斐拓也捕手が1秒71)

戸丸秦吾選手はほとんどのセカンド送球が1秒8台という安定感も兼ね備えており、送球のコントロールも抜群です。


また強肩を活かした送球スピードはもとより、特筆すべきは握り替えの速さ。

捕球してからボールを離すまでの動作がとにかく速いため、安定したスローイングができる大きな要因となっています。

この強肩が相手チームにプレッシャーを与えることは間違いなく、中学時代からバッテリーを組んでいるエース左腕・下慎之介投手も頼もしい限りでしょうね…!

「高校ナンバーワン捕手」の呼び声高い、戸丸秦吾選手の鉄壁のディフェンスからは目が離せません。

参考:下慎之介(健大高崎)の投球術に注目|球速以外にも期待の好左腕

Sponsored Link

健大高崎・戸丸秦吾は打撃のパンチ力にも注目

捕手として絶大な存在感を示している戸丸秦吾選手は守備だけでなく、パンチ力のある打撃でもチームに大きく貢献しています。

2019秋には下位打線に入ることが多かったですが、ホームランを打てるほどのパンチ力を秘めている点も大きな強みになっているんですよね…!

身長173cm・体重71kgと大柄ではないものの、がっしりした体格から鋭いスイングを見せており、バッティングでの活躍も見逃せません。


2019秋の群馬県大会準々決勝・前橋商業戦では、コールド勝ちを決めるスリーランホームランを記録。

その後の関東大会・西武台戦でも九回裏のライト前ヒットでチャンスを広げ、チームの勝利に大きく貢献しました…!

左の強打者として注目の小澤周平選手をはじめ好打者が並ぶ健大高崎打線ですが、戸丸秦吾選手の打撃にもぜひ注目していきましょう。

参考:小澤周平(健大高崎)はベイジュニア出身|ドラフト期待の打撃センス

Sponsored Link

戸丸秦吾はドラフト候補として話題になってほしい

2019秋の群馬大会では3位だった健大高崎を、関東大会で見事優勝に導いた戸丸秦吾選手。

決勝戦の勝利後に主将が胴上げされていたことも印象的でした…!

捕手としての強肩はもちろん素晴らしいのですが、決勝の山梨学院、準決勝の東海大相模と打力が自慢の相手を手玉に取るなど、リード面でもセンスを発揮しています。

特に東海大相模戦では日本シリーズのソフトバンク甲斐拓也捕手と千賀滉大投手の配球を参考にしたとのことで、研究熱心な一面も素晴らしいですよね!

強肩強打の捕手としてドラフトでも話題になってほしいですし、それだけのポテンシャルを秘めた選手であることは間違いありません。

更なる成長と健大高崎を引っ張るキャプテンシーにも期待して、この先も戸丸秦吾選手を応援していきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック