2021注目選手

【次世代予想】2020選抜高校野球を沸かせる2年生投手を特集!

前回特集した2020選抜高校野球でのブレイク予想では、思いのほか大きな反響をいただきました…!

すでに騒がれている選手だけでなく、これから注目されるべき選手がまだまだいるという何よりの証拠だなと改めて感じました。

ということで第2弾としてこの記事では、次世代の注目選手を一挙にピックアップしていきましょう!

知名度に関係なく2020選抜高校野球において「活躍が予想される2年生投手」を特集しましたので、参考にしていただけたら!

参考:【予想】2020選抜高校野球で話題になる2年生野手を特集!
参考:【ブレイク予想】2020選抜高校野球で全国区になる選手を特集!

2020選抜高校野球で活躍を予想する投手【左腕】

仙台育英・笹倉世凪

2019夏にもスーパー1年生として甲子園を沸かせており、全国区の知名度を誇る世代トップクラスの本格派左腕。

最速147キロとポテンシャルは申し分ないだけに、本調子を取り戻せるか。そして宮城大会で3戦連続のホームランを放つなど、非凡なセンスを見せるバッティングにも注目です!

参考:笹倉世凪(仙台育英)はドラフト期待|球速だけじゃない怪物の進化

東海大相模・石田隼都

2019春からベンチ入りを果たしていた本格派左腕で、最速140キロ超のストレートを軸に抜群の安定感を誇ります。

新チームとなった2019秋には公式戦で防御率0.59の数字を残していますし、投球回数以上の三振を奪うなどこれからが実に楽しみな投手です。

参考:石田隼都(東海大相模)は野茂ジャパン|驚異の奪三振は国際試合でも

星稜・野口練

優れた制球力が武器の技巧派左腕で、変化球でもカウントを整えられるピッチングの安定感は素晴らしいものがあります。

丁寧にコースを突ける上にマウンド度胸もある投手ですから、大舞台でも実力を発揮して話題になってほしいですね…!

参考:野口練(星稜)は中学で東海選抜|キレと投球術に注目のサウスポー

Sponsored Link

県岐阜商・野崎慎裕

2019秋にはエース級の活躍を見せた左腕で、140キロに迫るストレートは球速以上の速さを感じさせるキレがあります。

チェンジアップとスライダーのコンビネーションも非常に素晴らしく、2020選抜高校野球での投球で一気に全国的な投手になる可能性も十分でしょう。

参考:野崎慎裕(県岐阜商)はドラフト期待|球速以上に楽しみなサウスポー

智弁学園・西村王雅

左のスリークォーターから繰り出すボールは抜群のキレを誇り、前チームから主戦級の活躍を見せていた逸材。

2019夏にも甲子園のマウンドを経験しており、度胸満点のピッチングで2020選抜高校野球も沸かせてほしいものです…!

参考:西村王雅(智弁学園)は中学で関西一|ドラフト期待の左腕はキレが凄い

大阪桐蔭・松浦慶斗

北海道出身の大型左腕で、2019秋には最速146キロをマークしている注目投手。

スライダーやスプリットをはじめ球種も豊富なサウスポーで、これからドラフト候補としても成長が楽しみな投手ですね!

参考:松浦慶斗(大阪桐蔭)はドラフト期待|中学日本代表は球速にも大注目

Sponsored Link

広島新庄・秋山恭平

抜群のキレで相手打者を差し込んでいくサウスポーで、狙っても打てないストレートは必見。

奪三振率も高く、2020選抜高校野球での活躍次第では、世代トップクラスの投手として高校野球ファンに騒がれると予想しています!

参考:秋山恭平(広島新庄)は球速以上の凄み|ドラフト期待の中学日本代表

明徳義塾・代木大和

2019春の入学当初からポテンシャルの高さが群を抜いており、覚醒に期待の大型左腕。

身長184cm・体重83kgの恵まれた体格を活かし、投打に期待がかかるだけに、甲子園の舞台でぜひ観たい投手の一人です!

参考:代木大和(明徳義塾)はドラフト期待|中学全国経験なしも高校で覚醒

創成館・鴨打瑛二

194cmの長身を誇る大型左腕だけに、将来性に大きな期待がかかります。

これから球速が140キロを超えてくると更に目が離せなくなりますし、全国の高校野球ファンにはぜひ覚えておいていただきたい大器ですね…!

参考:鴨打瑛二(創成館)はホークスジュニア出身|超大型左腕の武器に注目

Sponsored Link

2020選抜高校野球で活躍を予想する投手【右腕】

東海大相模・金城龍輝

父・兄に次いで才能が高く評価されている右腕で、球威に注目の本格派。

マウンドでは強心臓ぶりも発揮しておりピンチにも強く、信頼を得ているためリリーフでの登板にも注目です!

参考:金城龍輝(東海大相模)の中学時代の球速は?父兄に匹敵の野球センスに注目

県岐阜商・松野匠馬

身長181cm・体重77kgとバランスのとれた体格から、最速142キロをマークしている本格派右腕。

力のある県岐阜商投手陣の一角として、甲子園のマウンドでもぜひ観たい投手ですね!

参考:松野匠馬(県岐阜商)の球速に注目|中日ジュニア出身右腕は家系も凄い

天理・達孝太

192cmの長身から角度のボールを投げ込み、将来性にも期待が高まる右腕。

2019秋の近畿大会では大阪桐蔭の強力打線と互角に渡り合い、一気に評価を上げましたし、インパクトのある投手だけに高校野球ファンを沸かせるのではと予想しています…!

参考:達孝太(天理)はドラフト期待|球速以外の武器に注目の超大型右腕

Sponsored Link

大阪桐蔭・関戸康介

明徳義塾中学時代から世代トップクラスの右腕として注目されていた本格派。

最速146キロのストレートはもとより、マウンドさばきにも定評があるだけに、いよいよ甲子園の土を踏むのが本当に楽しみです!

参考:関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由|ドラフト注目右腕の球速以上の武器

大阪桐蔭・竹中勇登

中学時代に最速142キロをマークしていたストレートが武器で、初めてベンチ入りを果たした2019秋の登板でも落ち着いたピッチングを見せました。

身長174cm・体重75kgと下半身もどっしりしており、150キロの大台突破にも期待の投手です…!

参考:竹中勇登(大阪桐蔭)は中学日本代表|球速だけじゃないエース候補

智弁学園・小畠一心

2019春からマウンドに上がり活躍していた本格派右腕で、最速143キロの真っ直ぐを軸としたピッチングは見もの。

身長184cm・体重80kgと恵まれた体格を誇るなど元々ポテンシャルも高いですし、もうワンランク上の投手になってくると本当に楽しみですね!

参考:小畠一心(智弁学園)が持つ球速以上の武器に二刀流の可能性を感じる

Sponsored Link

智弁和歌山・中西聖輝

前チームからベンチ入りを果たしていた注目右腕で、最速143キロのストレートを軸に安定感抜群のピッチングを見せます。

2019秋には練習試合を含め13試合に登板し、防御率1.20の成績を残していますし、投球回数を大きく上回る奪三振にも期待の次世代エースですね!

参考:智弁和歌山・中西聖輝は中学で関西選抜|球速だけじゃない次世代エース候補

明徳義塾・畑中仁太

身長183cm・体重81kgと恵まれた体格から140キロに迫るストレートを投げ込み、非常に安定感のある投球が持ち味です。

明徳義塾中学時代には控えとして悔しい想いをしただけに、甲子園の舞台で大いに存在感を示してほしい投手ですね…!

参考:畑中仁太(明徳義塾)は球速に期待|中学での悔しさを胸に飛躍を見せる

広島新庄・花田侑樹

広島新庄で秋山恭平投手と並んで期待がかかる右腕で、ボールのキレと制球力は見ものです。

加えて50メートル6秒2の俊足を誇るなど野手としても急成長を遂げており、これから全国区の選手として注目を集める可能性は十分と言えるでしょう!

参考:花田侑樹(広島新庄)は二刀流に期待|カープジュニア出身の注目株

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック