2020注目の投手

畑中仁太(明徳義塾)は球速に期待|中学での悔しさを胸に飛躍を見せる

高知の名門・明徳義塾で1年の2018秋からベンチ入りしている畑中仁太(はたなか じんた)投手。

180cm超の長身から放たれる角度のあるストレートと、落差の大きいカーブを武器にする大型右腕です。

2019秋の神宮大会でも1年生ながら登板を果たし、大きな将来性を感じさせる投球を見せましたね!

明徳義塾で次世代のエース候補として注目の、畑中仁太投手について特集していきましょう。

明徳義塾・畑中仁太は球速に期待の大型右腕

畑中仁太投手の大きな武器の1つが、長身から投げ下ろす角度のあるストレートです。

2019秋の時点で最速138キロをマークしていますが、角度があるため球速表示以上に速さを感じるボールと言えます。

体格を活かしたオーバーハンドのフォームも迫力がありますね!

身長183cm・体重81kgと体格にも恵まれていますし、高校野球生活のなかで球速はまだまだ伸びてくるでしょう。

明徳義塾の同世代では代木大和投手が大型左腕として注目を浴びていますが、畑中仁太投手も順当に成長を遂げ、左右の二枚看板となって盛り上げてほしいものです!

参考:代木大和(明徳義塾)はドラフト期待|中学全国経験なしも高校で覚醒

Sponsored Link

明徳義塾・畑中仁太は球種にも注目

角度のあるストレートはもちろん、変化球にも定評のある畑中仁太投手。

縦に大きく割れるカーブは大きな武器になっていて、打者のタイミングを狂わせる変化球は大きな効果を発揮しています。

2019秋の神宮大会でも、カーブを軸に緩急を上手に使うピッチングが際立っていました。

183cmの長身から投げることもあり、打者目線では相当な落差を感じるでしょうね…!

2019秋の神宮大会では3回を投げて3四死球3失点とコントロールに課題を残したものの、馬淵史郎監督は「思ったよりもよく投げられた」と及第点を与えました。

被安打は1と打ち込まれてはいないだけに、制球力が高まればさらに良いピッチングを見せてくれそうです!

Sponsored Link

畑中仁太は明徳義塾を支える投手になってほしい

ベンチ入りを果たした2019秋の戦いは神宮大会での3イニングの登板のみと、出番はあまり多くなかった畑中仁太投手。

2019秋には高知大会、四国大会をエース左腕の新地智也投手がほぼ一人で投げ抜いたため、あまり出る幕が無かったという感じでしょうか。

ただ2020春のセンバツ甲子園からは球数制限も導入されますし、一人の投手だけで勝ち抜くのは物理的に難しくなります。

二番手以降の投手が重要となることは間違いなく、畑中仁太投手の活躍が明徳義塾の命運を握っているとも言えるでしょう…!

畑中仁太投手はストレートで押せる球威を持っている貴重な右腕ですし、明徳義塾投手陣を引っ張る存在になれる投手とも言えます。

2020シーズンではさらなる成長を見せ、明徳義塾の躍進に一役買ってくれることに期待しましょう!

参考:新地智也(明徳義塾)は制球力が凄すぎる|中学は岡山メッツ出身の精密機械

Sponsored Link

畑中仁太は明徳義塾中学での悔しさを晴らせるか

2019秋の大会で1年生ながらベンチ入りを果たした畑中仁太投手ですが、中学時代は全くの無名とも言える投手でした。

畑中仁太投手は明徳義塾中学の出身で、同学年には超中学級投手として注目を集めていた大阪桐蔭・関戸康介投手、愛工大名電・田村俊介投手がいたんですよね。

その2人の投手の影に隠れていた畑中仁太投手は、中学時代には一塁手や外野の控えだったと言います。

明徳義塾高校への進学後は本格的に投手としての道を選びましたが、「バッティングは全然打てないし、足も遅いのでピッチャーしかやるところがなかった」という消極的な理由でした。

しかし、高校入学後に投手としての才能が開花。神宮大会でも登板を果たすなど貴重な戦力として明徳義塾の投手陣に食い込んでいますね!

中学時代に前を走っていた二人に対しても「負けたくない思いは強いです」と強いライバル心を持っていますし、甲子園での激突にはぜひとも期待したいところ。

「畑中仁太投手が活躍すれば、2020センバツの優勝候補は明徳義塾」と見る高校野球ファンもいますから、畑中仁太投手の活躍にはぜひ注目していきましょう!

参考:関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由|ドラフト注目右腕の球速以上の武器

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック