<2020春のセンバツ甲子園>

【予想】2020選抜高校野球で話題になる2年生野手を特集!

2020選抜高校野球に関する記事が好評で、今回も1つの特集をお届けしていきます。

前回の「2年生投手」に続いて、ぜひ注目していただきたい2年生野手をピックアップしてみました。

捕手・内野手・外野手と大きく3部門に分け、ブレイクを予想する野手を特集してみましたので、ぜひご覧になってみてください!

参考:【次世代予想】2020選抜高校野球を沸かせる2年生投手を特集!
参考:【ブレイク予想】2020選抜高校野球で全国区になる選手を特集!

2020選抜高校野球で活躍を予想する2年生【捕手】

仙台育英・木村航大

巧みなリードで仙台育英投手陣の良さを引き出す、1年時から注目の捕手。

2019夏にも正捕手として甲子園に立っており、二塁送球で2秒を切る強肩と豊富な経験値は、世代を代表する選手として今後も注目されるでしょう。

参考:木村航大(仙台育英)は中学で全国準優勝|1年から正捕手を務める理由は

県岐阜商・高木翔斗

2020選抜高校野球でも強力打線に注目が集まる県岐阜商で、クリーンナップを任される大型捕手。

打席では上級生顔負けの威圧感を放っていますし、次世代ではドラフト候補として全国的に注目されるのではと予想している右の強打者です。

参考:高木翔斗(県岐阜商)はドラフト期待|中日ジュニア出身の大型捕手

智弁和歌山・石平創士

バッティングの良さを買われて2019秋から正捕手の座を勝ち取りました。

中学時代にも関西ナンバーワン捕手として騒がれていた逸材ですし、端正な顔立ちも含めて全国的な人気を博す選手になると予想しています。

参考:石平創士(智弁和歌山)は攻守に注目|阪神ジュニア出身のイケメン捕手

Sponsored Link

2020選抜高校野球で活躍を予想する2年生【内野手】

仙台育英・渡邉旭

一番・セカンドで仙台育英のリードオフマンを務める俊足巧打の左打者。

50メートル6秒1の俊足で攻守にスピード感のあるプレーを披露しており、随所に光るセンスは見逃せません。

参考:仙台育英・渡邉旭は中学で選抜主将|抜群の打撃センスはスイングに秘訣

健大高崎・小澤周平

入学早々に健大高崎でスタメンに名を連ね、すでに主軸として実力を示している左の強打者は必見。

高校通算ホームランはすでに20本に迫る勢いで、今後はドラフト候補としても注目を浴びるでしょうね!

参考:小澤周平(健大高崎)はベイジュニア出身|ドラフト期待の打撃センス

東海大相模・大塚瑠晏

高校ナンバーワンショートに最も近い存在とも言われている、センス抜群の内野手。

50メートル6秒0の俊足など身体能力も高く、攻守で甲子園を沸かせる逸材であることは間違いないでしょう。

参考:東海大相模・大塚瑠晏は中学日本代表|ドラフト期待の野球センスは必見

Sponsored Link

花咲徳栄・浜岡陸

花咲徳栄ですでに主力として活躍する内野手で、左打席で見せるバットコントロールの巧さは見ものです。

2019秋には練習試合も含め全50試合で4割6分2厘の高打率をマークしたほか、盗塁でもチームトップと、これから全国区の選手として騒がれると予想する声も納得ですね!

参考:浜岡陸(花咲徳栄)は小学で日本代表|俊足好打のイケメン野手に注目

星稜・出村夢太

星稜で2019秋からショートを任されている内野手で、今後の星稜で中核を担うと言われているプレイヤー。

左打席でのバッティングも練習試合では場外ホームランを放っていますし、甲子園の舞台でも攻守に渡って存在感を示してほしいところです!

参考:出村夢太は星稜の中心選手になる|中学からセンス抜群で攻守に注目

県岐阜商・宇佐美佑典

バッティングの急成長で2019秋からレギュラーを勝ち取り、県岐阜商の強力打線でも上位を務める右打者。

ライト方向にも鋭い打球を打てる打撃技術もありますし、2019秋の公式戦で4割8分3厘の高打率をマークした打力は見ものです。

参考:宇佐美佑典(県岐阜商)は打撃センスに注目|身体能力も光る右の巧打者

Sponsored Link

天理・杉下海生

50メートルは6秒2をマークする、俊足巧打の左打者。

中学時代にはU15日本代表も経験している内野手だけに、守備面も含めてこれからの成長には大いに期待したいですね!

参考:杉下海生(天理)は俊足巧打に注目|中学日本代表は兄弟も凄い野球一家

大阪桐蔭・前田健伸

ホームランに期待できる左の長距離砲で、打席での立ち姿には期待感が漂います。

2019秋の近畿大会ではライトスタンドの場外にホームランを叩き込んでいますから、甲子園球場でも自慢のバッティングを見せつけてほしいところです。

参考:前田健伸(大阪桐蔭)は中学通算30発|スポーツ大将も出演の大砲に注目

智弁和歌山・高嶋奨哉

高嶋仁監督の孫ということで話題になっているものの、強打の右打者として実力も十分。

ライト方向にも鋭い打球を飛ばせるバッティングは見ものですし、2019秋の公式戦で6割2分5厘の打率を残しているだけに甲子園でも持ち前のスイングを見せてほしいですね!

参考:高嶋奨哉(智弁和歌山)の強打に注目|阪神ジュニアでは徳丸と同期

Sponsored Link

広島新庄・瀬尾秀太

現時点では若干の粗さも残るものの、観客を魅了するセンス溢れるショートの守備は必見。

小柄ながらパンチ力も秘めていますし、2020選抜高校野球を機に、全国の高校野球ファンが名前を忘れられなくなると予想しています。

参考:瀬尾秀太(広島新庄)はドラフト期待|抜群の身体能力は攻守に光る

広島新庄・大可尭明

上記の瀬尾秀太選手と二遊間を組む大可尭明選手も、攻守にポテンシャルの高さが光る内野手。

リードオフマンとして俊足を活かした攻撃は広島新庄打線に勢いをもたらしますし、甲子園での躍動からは目が離せません。

参考:大可尭明(広島新庄)のセンスに注目|抜群のポテンシャルは全国区

明徳義塾・米崎薫暉

2019夏の甲子園でもスタメンに名を連ねていた強肩ショート。

元プロの父が話題になりがちですが、身体能力の高さが攻守に光り、バッティングでも本来の実力を発揮できれば間違いなく全国的に騒がれる選手です。

参考:米崎薫暉(明徳義塾)はセンス抜群|中学ではショートで四番の逸材

Sponsored Link

2020選抜高校野球で活躍を予想する2年生【外野手】

星稜・中田達也

星稜でもトップクラスのスイングスピードを誇る強打の左打者。

広角に飛距離が出せるバッティングは見もので、甲子園の右中間に叩き込めるだけのパンチ力は十分に秘めているバッターですね…!

参考:中田達也(星稜)は打撃センスに注目|長打に期待の注目株は元ゴルファー

星稜・吉田竣希

小学時代には陸上で全国大会も経験している、50メートル5秒9の俊足の持ち主。

好打者が揃う星稜打線に機動力をもたらす存在としても期待ですし、しぶといつなぎ役の働きにはぜひ注目したいところです!

参考:吉田竣希(星稜)は快足に注目|中学では選抜も経験のスピードスター

星稜・黒川怜遠

2019秋には怪我でベンチ外だったものの、2020選抜高校野球では見事に復帰の左打者。

智弁和歌山出身の兄・黒川史陽選手(現楽天)を持つだけに話題性が先行しがちですが、ミート力が高いバッテイングで甲子園を沸かせてほしい選手ですね…!

参考:黒川怜遠(星稜)は打撃センスに注目|怪我から復帰の注目株は兄に並ぶか

中京大中京・桑垣秀野

身長170cm・体重81kgのどっしりとした体格で、上級生顔負けの威圧感を誇る左打者。

2019秋の大会通算では14安打で15打点を上げるなどチャンスにも強く、これから注目度が上がっていくことを予想しています。

参考:桑垣秀野(中京大中京)は俊足強打|中学は豊田シニアで全国上位の逸材

天理・瀬千皓

2019秋の公式戦で4本のホームランを放ち、急成長を見せた右の長距離ヒッター。

特に神宮大会2試合で3ホームラン8打点と大舞台にも強く、チャームポイントのメガネも相まって高校野球ファンから人気を獲得するのではと予想しています!

参考:瀬千皓(天理)はホームランも期待|生駒ボーイズ出身の右打者に注目

Sponsored Link

大阪桐蔭・池田陵真

大阪桐蔭で一番・センターのポジションを勝ち取った逸材は、世代を代表する右打者になれる逸材です。

ミート力に加えて長打力も秘めており、2019秋の公式戦では打率4割7分2厘。

俊足強肩で身体能力も高く、間違いなくこの世代でトップクラスの打者なので、ぜひチェックしてみてください!

参考:大阪桐蔭・池田陵真は右の森友哉|中学日本代表の四番は主軸に座るか

智弁学園・前川右京

2019シーズンですでに高校通算20本以上のホームランを放っている、世代トップクラスのスラッガー。

左の長距離砲として1年春から四番に座っており、圧倒的な打力でドラフトでも注目されることは間違いないでしょうね…!

参考:前川右京(智弁学園)はドラフト期待|注目の兄弟スラッガー対決は

明石商業・福本綺羅

狭間善徳監督が「将来はプロにいける」と太鼓判を押す強打の左打者で、2019秋には四番に座った逸材です。

50メートルを6秒台前半で走る俊足も兼ね備えており、2020選抜高校野球で一気にブレイクするのではと予想しています…!

参考:福本綺羅(明石商業)はドラフト期待|打撃センス抜群の注目株

Sponsored Link

智弁和歌山・宮坂厚希

2020選抜高校野球からレギュラーを獲得し、センターのポジションを任される俊足外野手。

全国的にはまだ知名度がないものの、攻守にセンスの良さが光る選手だけにこれからドンドンその実力を発揮してほしいですね!

参考:宮坂厚希(智弁和歌山)の俊足に注目|中学は南紀ボーイズで選抜の逸材

智弁和歌山・徳丸天晴

1年春から名門の四番に座った右打者で、すでに知名度は全国区といって良いでしょう。

打力に加えて俊足も兼ね備えており、智弁和歌山の全国制覇に欠かせない選手であることは間違いありません。

主軸として相手チームからも警戒される中で、どれだけ本来のバッティングが出来るかは見ものです!

参考:智弁和歌山・徳丸天晴は中学通算22発|ドラフト期待の四番が凄すぎる

鳥取城北・畑中未来翔

鳥取城北の強力打線で、すでに主力として活躍している左の巧打者。

バットコントロールの上手さだけでなくパンチ力も秘めていますから、全国の好投手を相手に持ち前の対応力が試されますね!

参考:畑中未来翔(鳥取城北)は打撃に注目|中学では選抜も経験の巧打者

創成館・松永知大

2019秋からの新チームでは四番を務める左打者で、思いきりの良いスイングは迫力満点。

50メートル6秒0の俊足も兼ね備えており、身体能力の高さで見ても全国トップクラスの逸材と言えるでしょう。

参考:松永知大(創成館)は豪快な打撃に注目|熊本出身の逸材はドラフト期待

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック