2021注目の外野手

黒川怜遠(星稜)は打撃センスに注目|怪我から復帰の注目株は兄に並ぶか

石川の強豪・星稜で1年の2019秋からベンチ入りを果たした黒川怜遠(読み方は「くろかわ れおん」)選手。

チャンスでの勝負強さとセンス溢れるバッティングが持ち味の左打者で、中学時代には泉州阪堺ボーイズで全国大会にも出場しています。

智弁和歌山の主将を務め、2019ドラフトで楽天入りした黒川史陽選手の弟としても話題になっていますね…!

野球一家の末っ子としても注目を集めている、星稜の黒川怜遠選手について特集してみました。

参考:星稜の2020新入生は?メンバーは攻守に注目選手がズラリ!

黒川怜遠は中学時代に泉州阪堺ボーイズで全国出場

黒川怜遠選手は奈良県北葛城郡の出身で、河合町立河合第一小学校の1年のときに野球を始めました。

河合第一中学校への進学後は、硬式野球チームの泉州阪堺ボーイズに所属。

その泉州阪堺ボーイズでは主力として活躍し、中学3年の春に全国ベスト8の成績を残しています…!

上宮の主将として甲子園を制覇している父・洋行さんや、甲子園に出場した長男・大雅さん、次男・史陽選手と、幼い頃から二人の兄の背中を見て育った黒川怜遠選手。

2020センバツ甲子園のメンバー候補にも選ばれていますし、黒川一家として9度目の甲子園にも注目が集まります!

Sponsored Link

星稜・黒川怜遠は打撃センスに注目

左投げ左打ちの黒川怜遠選手ですが、持ち味としてまず見逃せないのはセンスが光るバッティングでしょう。

2019秋の石川大会は代打での出場のみだったものの、公式戦初打席で二塁打を放つなど、2打数2安打と結果を残しましたね!

元々ミート力には定評がある選手ですが、外野の頭を越える長打力も見せつけました。

その後の北信越大会、神宮大会は怪我による手術の影響でメンバーを外れたものの、石川大会での黒川怜遠選手のバッティングは、十分に期待感を抱かせてくれるものでした…!

同世代の中田達也選手も左の強打者として注目を浴びていますし、切磋琢磨して成長していってほしいですね。

星稜の林和成監督からも「1打席でも勝負できる強さがある」と精神的にも高く評価されていますし、黒川怜遠選手の活躍を甲子園の舞台で見られる日が楽しみで仕方ありません!

参考:中田達也(星稜)は打撃センスに注目|長打に期待の注目株は元ゴルファー

Sponsored Link

星稜・黒川怜遠は怪我の手術から復帰

2019秋の石川大会では背番号17でベンチ入りを果たすも、2019年10月に左肘の手術を受け、北信越大会や神宮大会はメンバー外となった黒川怜遠選手。

しかし、そこから怪我は順調な回復を見せているとのことで、2020春にはグラウンドで元気な姿を見せてくれることに期待しています。

中学時代は全国大会も経験するなど強心臓ぶりは兄譲りのものを感じますし、大舞台ほどやってくれそうな期待感もありますね!

また黒川怜遠選手が怪我からチームに戻ってくることで、戦力としてはもちろん、ムードメーカとしてもプラスの影響があるんですよね。

黒川怜遠選手本人もインタービューに対し「自分のアピールポイントは元気な声」と語っているように、常に笑顔で盛り上げる献身的な姿勢は高校野球ファンのハートを鷲掴みにするものがあります…!

コーチャーズボックスに立つ際にも大きな声でチームを鼓舞する選手ですし、ドラフト注目の内山壮真主将ら経験豊富な選手たちにとっても心強いものでしょう。

黒川怜遠選手のような選手がいることでチームの雰囲気はがらりと変わりますから、怪我からの復帰は星稜として非常に大きい効果があると思います。

参考:内山壮真(星稜)はドラフト上位|高校通算ホームランにも注目の強打者

Sponsored Link

黒川怜遠はドラフトで兄・史陽に並ぶか

父や兄が甲子園に出場している野球一家の末っ子で、2019ドラフトで楽天から2位指名を受けた智弁和歌山の元主将・黒川史陽の弟としても注目を浴びている黒川怜遠選手。

高校球界トップクラスだった偉大な兄の背中は遠いかと思いますが、身長169cm・体重68kgの体格もまだまだ発展途上ですし、伸びしろは十分にあるように感じます。

厳しい姿勢でチームを引っ張った史陽選手とは対照的に、明るいキャラクターでチームを盛り上げていく黒川怜遠選手の活躍は見ものですね!

ドラフト候補として注目を浴びるような選手に成長してほしいですし、これからのプレーを楽しみに追い掛けていきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック