2021注目の捕手

石平創士(智弁和歌山)は攻守に注目|阪神ジュニア出身のイケメン捕手

全国屈指の強豪・智弁和歌山で1年の2019秋から正捕手の座を掴んでいる石平創士(読み方は「いしひら そうし」)選手。

投手陣を引っ張るリード面はもとより、打てる捕手としての成長にも期待がかかります。

小学時代には阪神タイガースジュニアに選出されたのち、中学でも大阪福島シニアで全国大会に出場するなど経験豊富な選手なんですよね…!

智弁和歌山のこれからを担う注目の捕手・石平創士選手について特集していきましょう。

参考:智弁和歌山の2020新入生は?メンバーは攻守に充実で期待大!

石平創士は小中学時代から注目の逸材

小学時代は阪神タイガースジュニア

右投げ右打ちの石平創士選手は、地元の少年野球チーム・尾浜シャークスで野球を始めました。

その尾浜シャークスでは捕手だけでなく投手も務め、球速120キロ以上のストレートを投げ込んでいましたね!

小学6年時にはセレクションを通過し、阪神タイガースジュニアにも選出。

本戦では背番号2を背負って捕手のポジションでプレーしていましたが、阪神タイガースジュニア出身の選手たちとは現在もチームメイトですね。

1年春から四番を打っている徳丸天晴選手に強打に期待の高嶋奨哉選手ら、いずれも今後のチームを引っ張る選手だけに、智弁和歌山はこの先も変わらず期待できそうです!

参考:智弁和歌山・徳丸天晴は中学通算22発|ドラフト期待の四番が凄すぎる

中学では大阪福島シニアの出身

中学進学後は硬式野球チーム・大阪福島シニアに所属していた石平創士選手。

中学2年時にはジャイアンツカップ出場に貢献していますが、大阪福島シニアでは主に四番・捕手で出場しており、3年時にはキャプテンも務めていましたね!

牽制でランナーをアウトにするなど、小学時代に投手でも活躍した強肩ぶりは健在でした。

中学時代は関西ナンバーワン捕手との呼び声も高かったですし、ポテンシャルの高い選手だけに成長が本当に楽しみです!

Sponsored Link

智弁和歌山・石平創士は打撃センスに期待

智弁和歌山で1年からスタメンに名を連ねる石平創士選手ですが、大きな魅力はセンス溢れるバッティングです。

ボールに対して素直にバットを出せる打者で、ランナーを得点圏に置いての勝負強さも光ります。

2019秋の近畿大会1回戦・初芝立命館戦では、五回表に貴重な追加点となる2点タイムリーヒットを放ちました…!


崩されてもヒットゾーンに持っていけるあたりからも強みを感じますね!

身長174cm・体重73kgとバランスのとれた体格も更に一回り大きくなるでしょうし、同世代の大阪桐蔭・坂玲哉捕手や報徳学園・南條碧斗選手らと共に、近畿地区は捕手の逸材揃いでも話題になりそうです。

参考:坂玲哉(大阪桐蔭)は中学日本代表|二塁送球タイムと強打が凄すぎる

Sponsored Link

石平創士は智弁和歌山の守備を支える捕手

センスあふれる打撃だけでなく、捕手のポジションでもチームを支えている石平創士選手。

大きな武器は巧みなリードと強肩で、打者をしっかり観察して配球を組み立てていることが伺えます。

2019秋の近畿大会・智弁学園戦では乱打戦の末に13対17で敗れたものの、こういった経験を糧に、更に良いリードが出来るようになるのではないでしょうか。

また持ち前の強肩に関しても、中学時代から関西ナンバーワン捕手と称された実力はホンモノ。

2019ドラフトで横浜DeNAに4位指名された東妻純平捕手は「超えなくてはいけない存在」だとと語っていますし、智弁和歌山の守備の要として、これからも注目ですね!

参考:東妻純平(智弁和歌山)にはドラフト以上に期待したいことがある

Sponsored Link

智弁和歌山・石平創士はイケメン捕手としても人気

攻守に注目を集める一方で、石平創士選手はイケメン捕手でも人気を博しています。

守備のときにはマスクを被っているため、マスクをとったときの笑顔がたまらないという声もありますね!

端正な顔立ちもグラウンドで輝きを放つだけに、これからイケメン捕手として話題になる可能性は十分にあるでしょう…!

ドラフト注目の小林樹斗投手に、同世代のエース候補・中西聖輝投手をはじめ、智弁和歌山は強力投手陣も大きな戦力だけに、石平創士選手にも大いに期待したいと思います。

参考:智弁和歌山・中西聖輝は中学で関西選抜|球速だけじゃない次世代エース候補

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック