2021注目の捕手

坂玲哉(大阪桐蔭)は中学日本代表|二塁送球タイムと強打が凄すぎる

大阪桐蔭の正捕手争いに食い込むと見られている坂玲哉(さか れいや)選手。

出身の湖南ボーイズでは二度の全国大会を経験するなど、大舞台を経験してきた注目のキャッチャーです。

中学時代にはU15日本代表として世界大会でもプレーしていますし、これから中心選手として成長してほしいですね…!

二塁送球タイムも話題の強肩キャッチャー、大阪桐蔭の坂玲哉選手を特集していきましょう。

参考:大阪桐蔭の2019新入生は?メンバーはドラフト候補ズラリの豪華布陣

坂玲哉は中学時代から世代屈指のキャッチャー

出身は湖南ボーイズ

右投げ右打ちの坂玲哉選手は滋賀県の出身で、甲賀市立水口中学に通う傍ら、野球では湖南ボーイズに所属していました。

強肩強打のキャッチャーとしてチームの中心でプレーし、二度の全国大会出場に大きく貢献していますね!

当時のチームメイト・樋上颯太投手とは、関西一のバッテリーとして有名だった逸材です。

参考:樋上颯太(大阪桐蔭)は中学日本代表|球速が3年で20キロUPの剛腕

日本代表ではホームランも

その湖南ボーイズの樋上投手と共にU15日本代表に選出された坂玲哉選手は、日本代表として臨んだ世界大会でも実力を発揮しています。

オープニングラウンド・キューバとの一戦ではレフトスタンドに豪快なホームラン。

ダイヤモンドを回りながら喜びを爆発させましたね…!


このキューバ戦では、日本代表は2回で7点ビハインドの厳しい試合展開でしたが、そこから6対7まで追い上げ、この坂玲哉選手のホームランで追い付いたんですよね…!

世代トップクラスのキャッチャーと呼ばれる実力を世界の舞台でも示したあたり、これからが本当に楽しみな選手です!

Sponsored Link

大阪桐蔭・坂玲哉の注目ポイント

二塁送球タイムがプロ級

高い実力を誇る大阪桐蔭の坂玲哉選手ですが、まず強肩ぶりは目を見張るものがあります。

中学3年時に二塁送球タイムは1秒85をマーク。

すでにプロ顔負けの強肩を兼ね備えており、間違いなく大阪桐蔭でも正捕手争いに絡んでくる選手だと言えるでしょう。


その強肩ぶりは関西で行われたU15日本代表のトライアウトでも、智弁和歌山の中谷仁監督を唖然とさせていました。

1学年上には吉安遼哉選手らスローイングに強さを持つ選手がいますし、坂玲哉選手のベンチ入りがいつになるのかも非常に楽しみです。

参考:大阪桐蔭・吉安遼哉は西淀ボーイズ出身|次世代の主砲は中学日本代表

Sponsored Link

パンチ力を秘めたバッティング

守備での強肩に注目が集まる一方で、坂玲哉選手は攻撃面でも大阪桐蔭の大きな戦力になるでしょう。

日本代表で放ったホームランも然り、鋭いスイングで長打を連発するパワーを秘めている右打者なんですよね。

中学卒業の時点で身長178cm・体重75kgとバランスのとれた体格ですが、高校でも更に力強さを増すと思います。

同じく中学日本代表で四番を打っていた注目のキャッチャー・池田陵真選手も大阪桐蔭に入学していますから、この世代はとんでもないことになりそうですね…!

2019秋から大阪桐蔭は新たに頂点を目指す戦いが始まりますから、坂玲哉選手の成長にも期待して、応援していきたいと思います。

参考:大阪桐蔭・池田陵真は右の森友哉|中学日本代表の四番は主軸に座るか

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック