2021注目の投手

樋上颯太(大阪桐蔭)は中学日本代表|球速が3年で20キロUPの剛腕

優れた選手が多い大阪桐蔭の2019新入生で、エース候補として期待されている樋上颯太(読み方は「ひのうえ そうた」)投手。

中学時代にはU15日本代表も経験した本格派右腕で、関西ボーイズナンバーワン右腕と呼ばれたほどの逸材です。

中学3年間で球速が20キロ以上も伸びているあたり、高校でも成長が楽しみですね…!

湖南ボーイズ出身の大阪桐蔭・樋上颯太投手を特集していきましょう。

樋上颯太は中学時代に関西ナンバーワン右腕

出身は湖南ボーイズ

樋上颯太投手は滋賀県出身で、野洲市立中主(ちゅうず)中学に通っていました。

野球では湖南ボーイズに所属。2年時からチームの主戦として活躍し、中学2年・3年と二度の全国大会を経験しています。

同じく2019春に大阪桐蔭に入学した坂玲哉捕手とは、湖南ボーイズからバッテリーを組んでお互いに活躍していましたね!

中学時代には関西随一のバッテリーだったといっても過言ではないでしょう。

参考:坂玲哉(大阪桐蔭)は中学日本代表|二塁送球タイムと強打が凄すぎる

最速140キロ超で日本代表に選出

身長173cm・体重78kgの樋上颯太投手は中学時代に最速143キロをマークするなど、ストレートの球威が群を抜いていました。

湖南ボーイズから坂玲哉捕手と共にU15日本代表にも選出され、世界大会を経験。参加12カ国中4位の成績を収めています。


樋上颯太投手もオープニングラウンド第2戦・オランダ戦で先発し、5回1失点の好投で勝利を呼び込むなどチームに大きく貢献していましたね!

関西ナンバーワン右腕と呼ばれる実力を国際大会の舞台でも示しました。

またこのとき共に日本代表で戦った池田陵真選手らも大阪桐蔭に入学していますから、2019秋から王座奪還を目指す新チームの戦いにも注目です!

参考:大阪桐蔭・池田陵真は右の森友哉|中学日本代表の四番は主軸に座るか

Sponsored Link

大阪桐蔭・樋上颯太は中学で球速が20キロ以上伸びた

中学で侍ジャパンも経験した大阪桐蔭・樋上颯太投手は、持ち味としてやはり最速143キロのストレートは外せません。

浦和実業・豆田泰志投手のように真っ直ぐで押し込めるピッチャーですし、高校でもストレートに磨きをかけてマウンドで躍動する姿が非常に楽しみです。

驚くことに今や球速140キロ超えのストレートは、中学1年時には122キロだったんですよね…!

20キロ以上も球速が伸びている成長ぶりは目を見張るものがあります。


球速が伸びた要因としては走り込みによる下半身の強化や体重の増加を挙げていましたが、 高校でも球速150キロの大台を突破するポテンシャルは十分に秘めていると言えるでしょう。

智弁和歌山のドラフト候補・小林樹斗投手も急成長で甲子園を沸かせていますし、この時期のピッチャーは追い掛けるスカウトとしても腕が鳴るでしょうね…!

参考:小林樹斗(智弁和歌山)は球速の伸びが異質|中谷監督が大絶賛するワケは

Sponsored Link

樋上颯太は大阪桐蔭のエースになれるか

樋上颯太投手はストレート以外にスライダー・チェンジアップの球種も操るなど、次期エース候補の一角として期待されていることは言うまでもありません。

大阪桐蔭は毎年ながら戦力が充実していますが、エース争いも相当に熾烈ですね…!


2019夏にもマウンドに上がっていた1学年上の好左腕・藤江星河投手をはじめ、同世代にも146キロ右腕の関戸康介投手や北海道ナンバーワン左腕・松浦慶斗投手ら、話題のピッチャーが多く揃っています。

樋上颯太投手も大阪桐蔭の強力な投手陣の一角に入り込める実力は十分に秘めていますから、初のベンチ入りがいつになるかも含め、今後の活躍を応援していきたいと思います。

参考:松浦慶斗(大阪桐蔭)は中学日本代表|球速160キロ左腕とは従兄弟

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック