2020注目の捕手

大阪桐蔭・吉安遼哉は怪我から復帰|中学日本代表の強打者に注目

連覇をかけて2019夏の戦いに挑む大阪桐蔭で、初戦に四番を任された吉安遼哉選手。

2年生ながら公式戦初のスタメンでの四番抜擢が話題になっており、次世代の主軸としても期待がかかります。

出身の西淀ボーイズでは日本代表として国際試合も経験するなど、中学時代から進路に注目が集まっていた左の強打者ですし、鋭いスイングを武器にこれからが楽しみな選手です。

2019秋に負った怪我の状態なども含め、新チームでも主力として活躍する、大阪桐蔭の吉安遼哉選手を特集してみました。

吉安遼哉は中学時代から強打で有名な選手だった

出身の西淀ボーイズで日本代表

大阪桐蔭の主軸として期待がかかる吉安遼哉選手は、中学時代には大阪の西淀ボーイズでプレーしていました。

身長177cm・体重77kgのがっしりとした体格からの強打には定評があり、当時から広角に強い打球を飛ばす技術も兼ね備えていたバッターです。

西淀ボーイズの主力として活躍していた吉安遼哉選手は中学3年時に日本代表に選出されて「2017世界少年野球大会」に出場。

このときのチームメイトには智弁和歌山の新主将・細川凌平外野手らがいたほか、大阪桐蔭でチームメイトの藤江星河投手も名を連ねていましたね…!

参考:藤江星河は球速以上にキレがある|中学日本代表は大阪桐蔭のエース候補

捕手としても強肩ぶりが際立つ

大阪桐蔭では主にファーストのポジションで出場している吉安遼哉選手ですが、中学時代にはキャッチャーとして日本代表に選ばれました。

強肩ぶりも際立っており、関西支部のボーイズリーグでおこなわれるオールスター大会では球速を競う企画で最速131キロをマーク。

この企画で1位に輝いていますから、関西でもトップクラスの強肩であったことがわかりますね!

現在のファーストの守備を見ても、軽く投げた送球が低い弾道で相手の胸に届いていますし、強打と並んでスローイングにも注目の選手であることは間違いありません。

Sponsored Link

大阪桐蔭・吉安遼哉は怪我からの復帰に注目

2019秋からの新チームでも中心選手として期待が高まっていた吉安遼哉選手ですが、やはり素晴らしい打力を見せてチームを牽引していました。

しかし近畿大会直前に、骨折の怪我を負ってしまったんですよね。

10月18日に守備練習を行っていた際、走者にタッチをしたときに左手の親指を剥離骨折しています。

そのため近畿大会では清水大晟選手が主にマスクをかぶっていましたね…!

ただ12月からは全体練習に復帰したとのことで、熾烈な正捕手争いを制し、2020センバツ甲子園では元気な姿を見せてくれるのが楽しみです。

参考:清水大晟(大阪桐蔭)の強肩に注目|イケメン捕手はリーダーシップが光る

Sponsored Link

吉安遼哉が大阪桐蔭で四番を任される理由

速い打球を生み出す鋭いスイング

大阪桐蔭の四番を任された吉安遼哉選手の注目ポイントとして、持ち味である力強いバッティングは欠かせません。

左打席での構えは雰囲気がある上にスイングスピードが速く、とらえた打球はあっという間に外野の間を抜けていきます。

2019夏の大会で放ったホームランも圧巻の飛距離でした…!


中学時代にも軽く合わせただけで柵越えするようなパワーを持ち合わせていましたが、スイングは大阪桐蔭でさらに鋭さを増しましたね…!

2019春から頭角を現した加藤巧也選手もクリーンナップを打てる力がありますし、全国屈指の選手層の厚さは今後も注目を浴びていくでしょう。

吉安遼哉選手はホームランを期待できるバッターでもあるので、公式戦での一発にも注目です!

参考:大阪桐蔭・加藤巧也に注目|ベンチ外からレギュラー奪取で起爆剤に

Sponsored Link

チャンスで見せる勝負強さ

また吉安遼哉選手は力強さが光るバッティングに加え、ランナーを置いての勝負強さも素晴らしいものがあります。

2019夏の1回戦・東淀川戦でも1回に訪れた初打席でタイムリーヒットを放っていますし、チャンスに強いバッティングを考慮すると西谷浩一監督が四番に据えたのも納得なんですよね。


これから試合を重ねるごとに存在感は増していくでしょうし、西野力矢選手らと組む主軸は迫力も十分ですから、打点でチームに貢献してくれることに期待しています。

貴重な左の強打者だけに、履正社・小深田大地選手らに負けない成長ぶりを見せてほしいものです…!

参考:西野力矢(大阪桐蔭)はドラフト何位?打撃技術で運ぶ右の大砲に注目

Sponsored Link

吉安遼哉には大阪桐蔭の中心として羽ばたいてほしい

公式戦初スタメンで四番に座ったことが話題になっていますが、吉安遼哉選手は筋肉質な体格からもわかる通りポテンシャルが高い選手です。

他校であれば早々に主軸に座る実力の持ち主でもあります。(まあ、大阪桐蔭のほとんどの選手がそうですが)

夏の戦いで起用されているあたりも監督からの高い評価が見てとれますし、ぜひこれからも大阪桐蔭の中心選手として打線を引っ張る存在になっていってほしいですね!

池田陵真選手関戸康介投手らをはじめ2019新入生は逸材揃いですが、吉安遼哉選手は間違いなくこれから全国区になっていくバッターです。

夏を経験しての覚醒にも期待して、秋以降の新チームでの活躍も応援していきたいと思います。

参考:大阪桐蔭・池田陵真は右の森友哉|中学日本代表の四番は主軸に座るか

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック