2020注目の内野手

大阪桐蔭・加藤巧也に注目|ベンチ外からレギュラー奪取で起爆剤に

甲子園常連の名門・大阪桐蔭で2019春からスタメンで出場していた加藤巧也(かとう たくや)選手。

秋からの新チームでも中心としての活躍を見せる、打撃センス抜群の右打者に注目が集まっています。

1年生だった2018秋にはベンチ入りしていなかった選手だけに、甲子園優勝を目指すチームにとっても大きな新戦力となりそうですね!

大阪桐蔭の主力として期待がかかる、岡山出身の加藤巧也選手について特集していきましょう。

参考:大阪桐蔭の2020新入生は?メンバーは逸材揃いで過去最強との声も

加藤巧也の中学時代はヤンキース岡山の出身

加藤巧也選手は岡山県の出身で、中学時代にはヤンキース岡山でプレーしていました。

一番打者として活躍を見せており、中学3年の2017春にヤングリーグ春季大会を制した際にも、チームの中心選手として活躍しています。

岡山市立京山中学の出身ですから、2019年6月におこなわれた岡山県招待試合でのプレーは加藤巧也選手としても嬉しかったでしょうね!

身長178cm・体重67kgとやや細身な印象を受けるものの、ミート力と走塁センスは非常に高い技術を持っていることから、大阪桐蔭のリードオフマンを任されていることにも納得です。

Sponsored Link

大阪桐蔭・加藤巧也はバッティングセンスが凄い

抜群のミート力を持つ右打者

2019春から大阪桐蔭のクリーンナップで活躍を見せている加藤巧也選手ですが、本当にミートが上手で毎試合マルチヒットに期待が出来る好打者です。

球種やコースに応じて広角に打ち分ける巧さがある上に選球眼も良いため、追い込まれてからも非常に落ち着いている印象を受けました。

2019秋の新チームでは一番打者として起用されていますが、相手バッテリーとしては足もある好打者といきなり対峙しなければいけないのは神経を使うでしょうね…!

俊足好打の伊東光亮選手との一・二番コンビも非常に楽しみです。

参考:伊東光亮(大阪桐蔭)は攻守に存在感|中学は広島中央でエースの逸材

招待試合ではホームランも

ミートの上手さに定評がある加藤巧也選手ですが、2019春にクリーンナップを任されてからは長打力も見せつけるなど打線での存在感は増すばかりです。

岡山県招待試合で対戦した関西戦でも左中間にホームランを放っていますし、これから体重が増えてくると更に恐いバッターになっていくでしょう。


俊足を活かした外野の間を抜いての長打はもちろんのこと、ホームランも打てるバッティングにはチームの主力選手として大いに期待したいと思います。

Sponsored Link

大阪桐蔭・加藤巧也はチームの起爆剤として注目

俊足巧打の右打者として早くも存在感を示している加藤巧也内野手。2019春季大会の背番号こそ12番ですが、実質レギュラーとしてのポジションを確立しています。

そして活躍の裏には、2018秋の新チームでベンチ入りを逃した過去がありました。

同級生の西野力矢選手船曳烈士選手らが試合で快音を響かせる姿を、スタンドから見ていることが非常にもどかしかったであろう心境は想像に難くありません。


その悔しさを胸に努力を続け、一冬を越えてレギュラーを奪取したわけですが、こういう選手が出てくるとチームとしても勢いが出てきますよね…!

内野・外野と複数のポジションをこなす器用さも兼ね備えていますし、攻守のキーマンとして注目度は高まるばかりです。

参考:西野力矢(大阪桐蔭)はドラフト注目|中学通算35発の大砲は技術で運ぶ

Sponsored Link

加藤巧也は挫折からの這い上がりも大阪桐蔭の強み

大阪桐蔭は全国屈指のチームですから当然レギュラー争いは熾烈で、選手層が厚いことは言うまでもありません。

そんな中で挫折を味わう選手も少なくないのでしょうが、加藤巧也選手のようにそれを乗り越えてポジションを勝ち取っているのは本当に素敵ですよね。

挫折を経験している選手は逆境に強いですし、こういったエピソードを聞かせられると俄然応援したくなるのはおそらく僕だけではないはずです。

2019夏から頭角を現わした吉安遼哉選手らも新チームでは主軸に座っていますし、これからの大阪桐蔭は本当に楽しみなチームになりそうですね!

起爆剤としても期待がかかる加藤巧也選手を引き続き追っていきたいと思います。

参考:大阪桐蔭・吉安遼哉は西淀ボーイズ出身|次世代の主砲は中学日本代表

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック