2020注目の内野手

井口太陽(日本航空石川)はセンス抜群|兵庫夢前クラブ出身のイケメン主将

石川の強豪・日本航空石川で1年の2018秋からベンチ入りをしている井口太陽(いぐち たいよう)選手。

2019秋の大会では5割近い高打率を残すなど、日本航空石川の北信越大会準優勝に大きく貢献しました。

小学時代・中学時代にも全国制覇を果たし、早くから全国トップレベルの舞台を経験している逸材なんですよね…!

主将としても日本航空石川を引っ張る、井口太陽選手について特集していきましょう。

井口太陽は小中学時代から全国制覇を経験

小学時代は広畑コンドルズ出身

井口太陽選手は兵庫県姫路市の出身で、小学1年から地元の少年野球チーム・広畑コンドルズで野球を始めました。

当時から抜群の野球センスを発揮していて、チームの中心選手として活躍。小学5年時にはチームの全国制覇にも貢献しています…!

日本航空石川でも「日本一が目標」とインタビューで語っていますが、小学時代に全国制覇を経験しているからこそ、夢ではなく目標として捉えられている部分もあるでしょうね!

中学でも兵庫夢前ヤングで全国へ

中学への進学後には、井口太陽選手は兵庫夢前ヤングでプレーしていました。

中学3年時には小学時代に続き全国制覇を果たしていて、この兵庫夢前ヤングでは鳥取城北・河西威飛選手ともチームメイトでしたね!

攻守に俊足ぶりが光る右投げ左打ちの内野手で、兵庫夢前ヤングでも主力選手として活躍。

中学時代から地域では有名な選手だっただけに、日本航空石川でも全国を沸かせる選手になる可能性は十分です。

参考:河西威飛(鳥取城北)は中学で野茂ジャパン|強打に期待のスラッガー

Sponsored Link

日本航空石川・井口太陽は抜群の打撃センス

2019秋の大会では二番打者として4割7分5厘の高打率をマークし、日本航空石川打線を引っ張った井口太陽選手。

俊足を活かした内野安打もある一方で、ホームランが打てるパンチ力も兼ね備えたバッターです。

高校通算ホームランは2019秋の時点で8本ではあるものの、本数がもっと多くてもおかしくない雰囲気を感じさせる左打者ですね…!

ミート力も高く、2019秋の石川大会準決勝・津幡戦では4安打の固め打ちで勝利に貢献。

身長173cm・体重65kgの体格も伸びしろがありますし、2020シーズンにかけて力強さもさらに増していくでしょう。

Sponsored Link

井口太陽は守備でも日本航空石川を支える

井口太陽選手の非凡な野球センスはバッティングだけでなく、セカンドの守備でも存在感を放っています。

50メートル6秒2の俊足を活かした広い守備範囲が魅力で、軽快な動きでセンターラインを固めていますね!

チームとしても「1点を守り抜くスモールベースベールを目指している」と語っていましたし、最速140キロ超の右腕・田中颯希投手ら投手陣を中心とした守りにも注目したいところです。

参考:田中颯希(日本航空石川)は球速に注目|中学で選抜も経験の本格派

Sponsored Link

イケメン主将・井口太陽とドラフト注目エースの絆

イケメン球児としても注目

主将も務める井口太陽選手は、プレーだけでなく強いキャプテンシーでも日本航空石川を引っ張ります。

チームを盛り上げるのは得意だと話していますし、冬の厳しいトレーニングのなかでも率先して声を出してチームを鼓舞しているんだとか。

ビハインドの場面は間違いなくやってくるものですから、劣勢の状況においても井口太陽選手の存在はチームにとって大きいでしょうね!

また井口太陽選手はその端正な顔立ちから、高校野球ファンの間ではイケメンという声も多く上がっています。

甲子園での活躍次第では全国的な人気になる可能性も十分ですし、イケメン主将として大いに注目を浴びてほしい逸材ですね!

Sponsored Link

ドラフト注目エースとの絆

加えて、井口太陽選手とドラフト注目のエース右腕・嘉手苅浩太投手とは、小学時代も共にプレーした親友です。

インタビューでも「一番頼りになる」と話していますし、日本航空石川の中心となる二人の絆も見ものですよね…!

全国的に見ても上位の実力を誇る二人だけに、攻守においてどこまでチームを引っ張れるかは大いに期待していきましょう!

参考:嘉手苅浩太(日本航空石川)はドラフト注目|小学で日本代表の超大型右腕

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック