2020注目の投手

田中颯希(日本航空石川)は球速に注目|中学で選抜も経験の本格派

石川の強豪・日本航空石川で2年の2019春からベンチ入りしている田中颯希(読み方は「たなか さつき」)投手。

球速140キロを超えるストレートを軸としたピッチングで、高い奪三振率を誇る本格派右腕です。

新チームとなった2019秋の大会ではエース級の活躍を見せ、北信越大会準優勝の立役者となりました…!

日本航空石川の投手陣を支える、注目の田中颯希投手について特集してみました。

田中颯希は中学時代に福井東ボーイズで選抜を経験

右投げ右打ちの田中颯希投手は福井県福井市の出身で、小学3年から地元の少年野球チーム・社北ブルーファイヤーズで野球を始めました。

福井市社中学校に進学後は、硬式野球チームの福井東ボーイズに所属。

中学3年時には実力が高く評価され、福井選抜のメンバーにも選出されていますね!

その福井選抜ではドラフト注目の敦賀気比・笠島尚樹投手松村力投手とチームメイトで、日本航空石川と敦賀気比は北陸大会でも対戦していました。

中学時代から話題に挙がっていた右腕だけに、この先、甲子園のマウンドも非常に楽しみです…!

参考:敦賀気比・笠島尚樹は球速より速い|ドラフト候補は変化球のキレも注目

Sponsored Link

日本航空石川・田中颯希は球速に注目

日本航空石川で活躍する田中颯希投手の投球の軸は、球速140キロを超えるストレートです。

2019秋の石川大会・小松戦では自己最速の最速143キロを記録し、その試合では3安打10奪三振、無四球での完封勝利を飾りました。

また、続く秋の北信越大会準々決勝では、強打の敦賀気比打線を相手に3失点で完投と粘りのピッチングを披露。

加えて準決勝の北越戦でも9回1失点の好投をみせ、北信越大会の準優勝に大きく貢献しました…!

2019秋の石川大会では5試合に登板し、18回1/3を投げて22奪三振と奪三振率の高さも光ります。

身長180cm・体重82kgと恵まれた体格で、球速150キロの大台も十分に射程圏内でしょうから、甲子園の舞台でもインパクトを残してほしい投手ですね!

Sponsored Link

日本航空石川・田中颯希の制球力アップの裏側

2019秋の大会では全9試合に登板し、6試合で先発。3完投(1完封)、防御率3・80と安定した成績を残した田中颯希投手。

しかし2019春までは制球難に苦しみ、常にボール先行の投球のなかで、ストライクを取りにいったボールを痛打されることも多かったといいます。

見かねた中村隆監督が贈ったアドバイスが、同じ石川県のライバルで2019ドラフト1位でヤクルトに入団した「星稜・奥川恭伸を見習え」との言葉でした。

田中颯希投手はアドバイスをもとに、初球でストライクを取ることを徹底。「1ボール2ストライク」のカウントにすることを心掛け、見違えるほど投球が安定してきました…!

制球力がアップしたことによって長いイニングも投げられるようになり、それが2019秋の好投につながりましたね。

スライダー・チェンジアップの制球力も高く、変化球でストライクを取れることも田中颯希投手の強みになっています。

球速や変化球の精度などワンランク上への成長を見せれば、ドラフト候補としても名前が挙がる可能性は十分にあるでしょう!

Sponsored Link

田中颯希は日本航空石川の投手陣の軸として期待

2019秋の大会ではドラフト注目のエース・嘉手苅浩太投手を怪我で欠くなか、全9試合に登板して北信越大会準優勝にも大きく貢献した田中颯希投手。

中村隆監督も「田中が一本立ちしてくれたのが大きかった」と勝因を語っていましたし、日本航空石川の投手陣の柱として成長したと言えるでしょう。

嘉手苅浩太投手は身長190cmの大型右腕で最速147キロと身体能力も抜群ですし、そこに田中颯希投手が台頭したことによって投手力が一気にアップしました…!

同地区のライバル・星稜を倒さないことには道が拓けてきませんから、今後の石川での覇権争いも目が離せません。

田中颯希投手の活躍に注目しつつ、日本航空石川の躍進に注目して応援していきましょう!

参考:嘉手苅浩太(日本航空石川)は日本代表|ドラフト注目の超大型右腕

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック