2020ドラフト野手

下林源太(天理)はドラフト期待|ホームランも注目の主将は攻守に光る

奈良の強豪・天理で2年の2019秋からレギュラーを獲得している下林源太選手。

身長168cmと大柄ではないものの、ホームランを打てるパンチ力と広角に打てる技術を兼ね備えた左の巧打者です。

2019秋の近畿大会でも持ち前のセンスでヒットを量産し、6割を超える打率を残してチームを優勝に導く活躍をみせましたね!

攻守での働きにくわえて主将としても天理を引っ張る、下林源太選手を特集していきましょう。

参考:天理の2020新入生が熱い!破壊力抜群の打線は全国トップレベル

天理・下林源太はバッティングに注目

広角に打てる打撃技術

右投げ左打ちの下林源太選手は中学時代、硬式野球チームの大阪北ボーイズに所属していました。

持ち味の1つが広角にヒットを打てる打撃技術で、コースに逆らわないバッティングができる点は大きな強みになっています。

実際に2019秋の近畿大会では13打数9安打と打率6割8分8厘の成績を残し、チームの近畿大会優勝に大きく貢献しました…!


また近畿大会・奈良大付戦では「左打者の初球には5割くらい(の確率で)カーブが来る」とのデータをもとに、カーブを狙い打ちした下林源太選手。

狙った球をしっかり仕留める確実性も見事ですし、天理打線の中心として今後も相手チームから警戒されることは間違いないでしょう。

ホームランに期待の長打力

広角にヒットを放って高い打率を残すだけでなく、下林源太選手はホームランを打てる長打力も兼ね備えています。

2019秋の近畿大会1回戦・報徳学園戦では先頭打者ホームラン、2回戦・奈良大付戦では二回一死一塁から貴重な追加点となる2ランホームランを放ちました…!

近畿大会までの時点で高校通算ホームランは11本を記録していますし、ドラフト注目の内野手として全国的な選手になっていくでしょうね…!

河西陽路選手も2019秋の神宮大会・中京大中京戦で1試合3ホームランを記録して話題になりましたが、下林源太選手には共に天理の強力打線を引っ張っていってほしいものです。

参考:河西陽路(天理)のホームランが凄すぎる|確信歩きに野球ファン騒然

Sponsored Link

ドラフト期待の天理・下林源太は守備でも存在感

天理打線のトップバッターとしてチームを牽引している下林源太選手は、バッティングはもとより守備でも存在感を放っています。

特に高く評価されているのが球際の強さで、サードで軽快な動きを見せているんですよね!

三遊間への打球にもしっかりと反応を見せていますし、ショートを守る杉下海生選手も然り、天理の内野陣は非常に堅い印象を受けました。

また捕ってからのスピードも速く、下林源太選手はスローイングの安定感も見逃せませんね!

一部では近畿ナンバーワンサードとの声も聞こえていますし、守備でも存在感を示すあたりは目が離せません。

ポテンシャルが高く攻守で活躍できる選手だけに、甲子園でのブレイクにも期待したいところです。

参考:杉下海生(天理)は俊足巧打に注目|中学日本代表は兄弟も凄い野球一家

Sponsored Link

ドラフト注目の下林源太は天理の精神的柱でもある

攻守に渡ってチームを牽引しているドラフト注目の下林源太選手は、主将としてもチームの精神的支柱になっています。

特に守備の時にもサードから大きな声を出してチームを鼓舞するなど、献身的な姿勢が素晴らしいんですよね…!

2019年のU18日本代表に選ばれた智弁学園・坂下翔馬選手からも強いキャプテンシーを感じましたが、下林源太選手のグラウンドでの存在感も見ものです。

中村良二監督も「メンバーには入れない子たちがサポートしてくれるようなチームづくりをしないといけない。そのためには一番、適任だった」とコメントを残しており、厚い信頼を寄せられていますね!

今までは行っていなかった週2回の朝練を取り入れるなど、部員の一体感を最重要課題として取り組んでおり、天理の更なる躍進において欠かせない存在と言えるでしょう。

2019秋の近畿大会決勝では達孝太投手が好投するなど下級生の活躍も光る天理ですが、そのチームを支える主将としても、下林源太選手には大いに注目していきたいと思います。

参考:達孝太(天理)はドラフト期待|球速以外の武器に注目の超大型右腕

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック