2020注目の外野手

大西蓮が履正社の中軸に座る理由|中学で関西選抜も豪快さだけじゃない

大阪の強豪・履正社で1年秋から試合に出場していた大西蓮(おおにし れん)選手。

中学時代は播磨ボーイズの中心選手として活躍して関西選抜にも選ばれ、全国大会も経験した右の強打者です。

履正社でも恵まれた体格を活かしたパワフルな打撃は健在で、2019秋の新チームからは中軸を任されるなど今後の成長も楽しみですね!

履正社が誇る強力打線の中軸として注目が集まる、大西蓮選手を特集していきましょう。

大西蓮は播磨ボーイズ出身で中学関西選抜

右投げ右打ちの大西蓮選手は兵庫県加古川市の出身で、母の影響で幼稚園の年長からソフトボールを始め、そこから野球に転向しました。

中学への進学後は硬式野球チームの播磨ボーイズに所属。

恵まれた体格を活かした打撃で中心選手として活躍し、全国大会にも出場しています。

実力の高さが見込まれて、鶴岡一人記念大会の関西選抜メンバーにも選出されましたね!

前チームから主力として活躍していた池田凛選手も、中学時代からセンスを発揮していた選手ですし、これからの履正社打線も目が離せません。

参考:池田凛(履正社)は中学で関西選抜|抜群の野球センスで攻守の要に成長

Sponsored Link

履正社・大西蓮はホームランも期待の強打者

身長184cm・体重91kgと恵まれた体格を誇る大西蓮選手ですが、一番の魅力は豪快なスイングです。

2019秋の大阪大会準決勝・金光大阪戦でも弾丸ライナーのホームランを放ち、持ち前のパワーを見せつけましたね!


現時点でも打球の鋭さは目を見張るものがありますが、これから更にパワーアップすることを想像すると本当に楽しみです。

2019ドラフトで阪神から2位指名を受けた、井上広大選手に次ぐような強打者に成長してくれることを期待しています!

参考:井上広大(履正社)がドラフト注目の理由は飛距離だけじゃなかった

Sponsored Link

大西蓮が履正社のクリーンナップに座る理由

ホームランを打てる長打力が大西蓮選手の持ち味であることは間違いないのですが、履正社打線の中軸を担う理由はそれだけではありません。

力任せにフルスイングするだけでなく、変化球にも対応できる巧さも兼ね備えているんですよね…!

2019秋の大阪大会・阪南大戦で放ったホームランは、しっかり変化球を待ってホームランにしています。


ちなみに大西蓮選手が変化球に対応できるようになったきっかけは、中学時代の指導者に「高校野球は主軸にはあまり真っすぐが来ない」とアドバイスされたこと。

変化球をとらえたこの打席でも「左中間に大きい打球を」というイメージを持っていたと後のインタビューで語っていますが、対応力に優れたバッターが中軸に座るのは相手バッテリーとしても脅威でしょう。

Sponsored Link

大西蓮が覚醒すると履正社は強い

2019夏の甲子園を制した履正社の強力打線は破壊力抜群でしたが、新チームになってからもその打棒は健在です。

秋の大阪大会でも打線が爆発してコールド勝ちを収めていますし、ドラフト注目の小深田大地選手関本勇輔選手ら強打者が並んでいるんですよね。

その打線において、重要なのが大西蓮選手の活躍だと思います。

新チーム発足から間もない2019秋の時点でも全国屈指の得点力を誇る打線だけに、クリーンナップを担う大西蓮選手が更なる成長を遂げると手が付けられなくなるでしょうね…!

履正社の躍進において鍵を握る一人ですから、これからの活躍を追い掛けていきたいと思います。

参考:関本勇輔(履正社)は中学での強肩が凄い|イケメン捕手は強打にも注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック