2020注目の内野手

植本拓哉(明石商業)はバッティングに注目|打線のキーマンは兄も主力

兵庫の強豪・明石商業で2年の2019秋からクリーンナップを任されている植本拓哉選手。

巧みなバットコントロールでヒットを量産する左打者で、四番に座るなど2019秋の近畿大会でもベスト8に大きく貢献しました。

中学時代は神戸須磨クラブに所属し、全国大会も経験している好打者なんですよね…!

明石商業の強力打線で中軸を担う、期待の植本拓哉選手を特集していきましょう。

植本拓哉の中学時代は神戸須磨クラブ出身

右投げ左打ちの植本拓哉選手は神戸市立広陵中学校の出身で、中学時代には神戸須磨クラブに所属していました。

チームの中心選手として活躍し、中学3年時には全国大会のジャイアンツカップに出場。

当時から抜群の打撃センスを見せていて、地区では有名なバッターだったと言います。

中学の神戸須磨クラブでは、1学年下に花咲徳栄で活躍する浜岡陸選手もいましたね!

明石商業と花咲徳栄は2019夏にも甲子園で激突していますし、強豪クラブのチームメイト同士が全国の舞台で再びぶつかる試合はぜひ観てみたいものです…!

参考:浜岡陸(花咲徳栄)は小学で日本代表|俊足好打のイケメン野手に注目

Sponsored Link

植本拓哉は明石商業の主軸として期待

2019秋からの新チームで四番を任されるなど、主軸としてチームの勝利に大きく貢献している植本拓哉選手。

2019秋の兵庫県大会準決勝・神戸国際大付戦でも、三回に貴重な追加点となるタイムリーヒットを放ってチームの勝利に貢献しました。

2019秋の近畿大会1回戦・東山戦では八回にダメ押しとなるセンターへの犠牲フライを放っていますし、状況に応じたバッティングが出来る器用さも魅力ですね!

チャンスでの勝負強さもあり、多くの打点を稼いでいますが、自慢のバットコントロールを武器に主役になれるポテンシャルを秘めている好打者です。

身長178cm・体重69kgと体格もまだまだ成長の途中ですし、ドラフト注目の来田涼斗主将らと並んで明石商業の核となる選手であることは間違いありません。

参考:来田涼斗がドラフト上位の理由|大阪桐蔭より明石商を選んだ強さとは

Sponsored Link

明石商業・植本拓哉は兵庫選抜にも選出

2019秋の戦いで活躍を見せて明石商業の近畿大会ベスト8にも貢献した植本拓哉選手ですが、実力が高く評価され、台湾への強化試合に望む兵庫県代表にも選出されています。

台湾遠征前には流通科学大と対戦。植本拓哉選手が9回にサヨナラタイムリーを放ち、4対3で勝利を収めました…!

兵庫県選抜には報徳学園や神戸国際大付などの強豪校からも多数選出されており、その中でもクリーンナップを務めているのは見事ですよね!

大学生相手に2試合で9打数4安打1打点の成績を残しましたし、抜群の対応力も健在です。

台湾遠征には前述の来田選手と、世代ナンバーワンとも呼ばれる中森俊介投手も名を連ねていますから、明石商業を引っ張る存在として2020年の戦いに期待したいですね!

参考:中森俊介(明石商業)はドラフト注目|球速以上の完成度は世代随一

Sponsored Link

植本拓哉は兄の亮太も明石商業で主力

明石商業の主力として期待がかかる植本拓哉選手は、2つ上の兄・亮太選手も明石商業の中心選手として活躍したプレイヤーです。

2018年夏の甲子園にもスタメンとして出場し、八戸学院光星戦ではセンター前にタイムリーヒットも記録しました。


現在は大阪商業大に進学してプレーしていますが、兄弟での甲子園出場には期待したいですね!

高校野球ファンからは「雰囲気がそっくり」との声も聞こえていますし、揃って左の好打者だけに打席での働きは見ものです…!

俊足巧打の井上隼人選手をはじめタレント揃いの明石商業ですが、甲子園で上位に進出するためには植本拓哉選手の活躍は不可欠です。

これからの成長を見守りつつ、打線のキーマンの一人として大いに注目していきたいと思います。

参考:井上隼人(明石商業)の守備が凄すぎる|打撃でも魅せる注目ショート

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック