2020ドラフト野手

田中祥都(仙台育英)はドラフト期待|俊足巧打の主将は異次元レベル

宮城の強豪・仙台育英で2年の2019秋からレギュラーを獲得している田中祥都(たなか しょうと)選手。

広角にヒットを打てるバットコントロールと、長打も期待できるスイングスピードを兼ね備えた左の好打者です。

2019秋の大会でも二番打者として攻撃の起点を作り、仙台育英の神宮大会出場に大きく貢献しましたね!

仙台育英を引っ張る主将としてドラフトも期待の、田中祥都選手について特集してみました。

参考:仙台育英の2020新入生は?メンバーは攻守に充実で将来性抜群

仙台育英・田中祥都はドラフト期待の打撃センス

卓越したバットコントロール

田中祥都選手の大きな魅力の1つが、広角にヒットを打ち分けるバットコントロールです。

2019秋の東北大会2回戦・明桜戦では、持ち前のバットコントロールで5安打1打点の大活躍でチームの勝利に貢献。

その後の東北大会でも4試合で12安打を放つなど、チームの東北大会優勝にも大きく貢献しました…!

仙台育英の須江航監督も「冷静な観察眼があり、野球偏差値が非常に高い選手」と高く評価していますし、試合を動かすきっかけを作るプレイヤーだと全幅の信頼を置いていますね!

さらには「一人だけ野球の質が違う」とまで言わしめる野球センスの高さは必見。

仙台育英の強力打線においても、上位に座る田中祥都選手の働きは見逃せません。

スイングスピードにも注目

田中祥都選手は巧みなバットコントールだけでなく、鋭い打球を連発するスイングスピードの速さにも注目です。

スイングスピードはチームでもトップクラスの150キロをしており、上手さと力強さを兼備しているんですよね…!

2019秋の宮城大会決勝・仙台商戦でも2本の二塁打を放つなど、単打だけではないバッティングは見ものです。

2019冬のシーズンオフには9キロの体重増にも成功していますし、ドラフト注目の入江大樹選手らと共に今後の活躍が非常に楽しみですね。

ホームランを打てる長打力も秘めている左打者ですから、高校最後の夏でもぜひ大暴れしてほしいものです!

参考:入江大樹(仙台育英)はドラフト期待|豪快な打撃と抜群の将来性

Sponsored Link

ドラフト期待の仙台育英・田中祥都は身体能力も注目

田中祥都選手はバッティングで存在感を放つ一方で、肩の強さや足の速さといった身体能力でもチームトップクラスの能力を発揮しています。

まず足の速さでは50メートル6秒1の俊足を誇り、内野安打や盗塁といったスピード面も仙台育英の武器になっています。

1学年下の渡邉旭選手とは俊足の一・二番コンビとしても相手チームの脅威となっていますね!

また肩の強さでは遠投100メートルを記録していますから、内野守備での送球も見ものですね!

三塁手としての守備ではライン際の深い位置からでも安定したスローイングが光りますし、守備面でも魅せる選手。

複数ポジションを守る仙台育英の野球にも、しっかり対応できる技術にも注目していきましょう。

参考:仙台育英・渡邉旭は中学で選抜主将|抜群の打撃センスはスイングに秘訣

Sponsored Link

ドラフト期待の田中祥都は仙台育英の精神的支柱

攻守に素晴らしい才能を見せている田中祥都選手ですが、主将としても仙台育英の精神的支柱になっています。

2019夏の甲子園ではベンチ外だったものの、新チーム発足時に選手たちからの推薦で主将に就任。

小中学のチームでもキャプテンを務めていたリーダーシップも光るものがありますね…!

「試合に出ていない1年生からレギュラー・学生コーチまで、全ての立場の人間とコミュニケーションが取れる」と須江航監督が語るキャプテンシーも見事と言うほかありません。

インタビューでは高砂市立松陽中学校の恩師・井上先生にプレーで恩返ししたいとも語っていますし、こういった人間性も素晴らしいですよね…!

野球に対する真摯な姿勢でもチームメイトに影響を与えられる選手だけに、同じくドラフト期待の宮本拓実選手らと共に中心でグイグイ引っ張っていってほしいものです。

全国の高校野球ファンを虜にできるポテンシャルは十分に秘めていますから、高校最後の2020シーズンでの飛躍を大いに期待しています!

参考:宮本拓実(仙台育英)は中学日本代表|抜群の身体能力でドラフトか

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック