<2019ドラフト>

2019ドラフト高校生投手【最新版】プロ志望届か進学・社会人か?

2019年のプロ野球ドラフト会議は10月17日(木)に行われることが決定しており、高校生の選手たちの動向にも注目が集まります。

プロ志望届を提出するのか、あるいは大学への進学や社会人でのプレーを選択するのか。

この記事では高校生投手のドラフトに関する動向をまとめますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

参考:2019ドラフト高校生野手【最新版】志望届の提出状況と進路は?

目次

【北海道地区】ドラフト候補の高校生投手

旭川大・能登嵩都(桐蔭横浜大学)

2019夏の甲子園で星稜打線を1点に抑える好投を見せ、一躍有名になった旭川大高の能登嵩都投手。

140キロ台中盤のストレートと抜群の制球力でドラフトにも期待がかかっていましたが、大学進学を希望しているとのこと。

4年後にはぜひプロの世界でピッチングが見たい右ピッチャーですね!

参考:2019夏・旭川大高の注目選手|エース能登のドラフトにも注目

東海大札幌・小林珠維(プロ志望)

北海道の高校生最速150キロ右腕・小林珠維投手。

ドラフト上位予想の投手と比較するとやや粗削りではあるものの、ポテンシャルの高さや将来性は抜群です。

参考:小林珠維(東海大札幌)はドラフトで球速以上に評価されていいと思う

網走南ヶ丘・石澤大和

北海道ナンバーワン左腕と称される石澤大和投手は、140キロ台後半のストレートに注目が集まります。

球威に加えて変化球もスカウトからも高く評価されているため、ドラフトが楽しみな投手です…!

参考:石澤大和(網走南ヶ丘)がドラフト注目の理由は球速以外にもあった

Sponsored Link

【東北地区】ドラフト候補の高校生投手

大船渡・佐々木朗希(プロ志望)

2019ドラフトの目玉である佐々木朗希投手は、何球団が競合するのかが非常に楽しみですね!

言わずと知れたその実力はもはや圧倒的。

U18日本代表にも選出されており、大学日本代表や世界大会でどのような投球を見せるかもスカウトとしては目が離せないでしょう。

参考:佐々木朗希が中学時代に経験した挫折|ドラフト注目右腕の苦悩と涙

花巻東・西舘勇陽(中央大学)

かねてからポテンシャルの高さに注目が集まっていた、最速147キロの本格派右腕。

欲を言えば2019夏の甲子園でもう少し観たかったですが、ドラフトが楽しみな選手であることは間違いないでしょう。

参考:西舘勇陽(花巻東)はドラフト注目|一戸出身の大器は夏に化けるか

青森山田・堀田賢慎(プロ志望)

最速151キロを誇る本格派で、伸びしろも高く評価されている右腕。

高校2年冬から3年夏にかけて球速を10キロ以上も伸ばしていますし、ドラフトでも獲得に動く球団があるでしょうね!

参考:堀田賢慎(青森山田)はドラフト注目|球速が一冬で10キロ以上伸びた理由

酒田南・渡辺拓海(プロ志望)

身長191cm・体重100kgの巨体から140キロ台中盤のストレートを投げ込む豪快な右ピッチャー。

高校生離れした身体つきで将来性が高く評価されているため、動向に注目したい選手です。

参考:渡辺拓海(酒田南)の球威に注目|覚醒に期待の144キロ巨漢右腕

Sponsored Link

【関東地区】ドラフト候補の高校生投手

習志野・飯塚脩人(早稲田大学)

U18日本代表にも選出された150キロ右腕・飯塚脩人投手。

沖縄尚学戦で見せた圧巻のピッチングは記憶に新しく、ドラフトにも大いに期待がかかる投手です。

進路は大学が濃厚と見られていますが、世界大会での感情も最後の決め手になりそうですね…!

参考:習志野・飯塚脩人は中学で3番手|ドラフト右腕の球速が20キロ伸びた理由

日大三・井上広輝(プロ志望)

2年夏に甲子園で150キロをマークするなど、世代トップクラスの実力を持つ投手として注目されてきた右腕。

最後の夏で甲子園出場は叶わなかったものの、プロでの活躍を期待しているファンが多い投手ですね!

U18日本代表に選ばれても不思議ではなかった素晴らしい投手です。

参考:井上広輝(日大三)はドラフト上位|怪我からの成長とエースの自覚に注目

関東一高・谷幸之助(国学院大学)

未だ荒れ球ではあるものの、指にかかったときのストレートは球威抜群。

最後の夏に向けてマウンド上での落ち着きなど精神的な成長を感じましたし、将来性を感じる右腕だけにドラフトにも注目です。

参考:関東一・谷幸之助はドラフトなるか|球速150キロ目前の未完の大器

霞ヶ浦・鈴木寛人(プロ志望)

150キロに迫るストレートが光る本格派右腕。

甲子園では履正社にKOされたものの素材の良さがスカウトから高く評価されており、上位で指名される可能性も十分にあり得るでしょう。

参考:鈴木寛人(霞ヶ浦)のドラフトが注目される理由は球速だけじゃない

横浜・及川雅貴(プロ志望)

U18日本代表の選出はなかったものの、世代トップクラスとしてずっと注目されてきた本格派サウスポー。

素材はピカ一のため、プロで一回り大きくなってマウンドに上がる日が楽しみです。

参考:及川雅貴(横浜)はロッテ出身|中学時代は日本代表で最速140キロ

専大松戸・横山陸人(プロ志望)

右サイドスローから投げ込むストレートは抜群の球威はぜひ甲子園で観たかった投手。

インコースへの制球力もあり、プロ志望届を提出すれば指名は確実ではないかと見ています。

参考:横山陸人(専大松戸)は中学で奥川と激突|サイドの150キロに大注目

昌平・米山魁乙(プロ志望)

埼玉ナンバーワン左腕との呼び声高い、昌平の米山魁乙投手。

最速144キロの真っ直ぐは球速以上にキレがあり、強気でインコースを突けるピッチングはプロでの活躍も楽しみなピッチャーです。

参考:米山魁乙(昌平)は中学が転機|ドラフト左腕の球速だけじゃない魅力

前橋商業・井上温大(プロ志望)

2019夏の群馬大会を沸かせた前橋商業の好左腕・井上温大投手もプロ志望届を提出しました!

最速144キロの真っ直ぐに加えてキレの良い変化球を操るサウスポーだけに、ドラフトでも将来性が高く評価されてほしい一人です。

参考:井上温大(前橋商)がドラフト注目の理由|中学時代に見せた芯の強さ

東海大諏訪・横田夏己

キレのあるストレートで安定感のあるピッチングを見せる右腕。

進学が濃厚とも言われていましたが完成度が高く、上のステージでもぜひ観たいピッチャーの一人ですね!

参考:横田夏己(東海大諏訪)は抜群の安定感|キレに拘る本格派の熱投に注目

横浜隼人・佐藤一磨(プロ志望)

身長188cmの恵まれた体格から150キロに迫るストレートを投げ込む大型サウスポー。

スケールの大きさは高校生左腕で随一とも見られていますから、ドラフトでは上位で消える可能性も十分にある投手です。

参考:佐藤一磨(横浜隼人)はドラフト必見|中学から球速20キロUPの注目株

Sponsored Link

【東海地区】ドラフト候補の高校生投手

津田学園・前佑囲斗(プロ志望)

2019夏の甲子園でも好投を見せてスカウトの評価を上げた、津田学園の前佑囲斗投手。

最速152キロのストレートだけでなく完成度の高さも一級品ですし、U18日本代表でも好投を見せると上位で消える可能性も十分と言えるでしょう!

参考:前佑囲斗(津田学園)がドラフトで注目される理由は球速以外にあると思う

中京学院大中京・赤塚健利(プロ志望)

2019夏の甲子園で一番の体格を誇る超大型右腕。

身長193cmから投げ込むストレートは150キロに迫り、ほぼ直球一本で強打の東海大相模打線を抑え込んだ投球は可能性を感じさせるものでした…!

参考:赤塚健利(中京院中京)はドラフトなるか|球速で押し込む超大型右腕

菰野・岡林勇希(プロ志望)

最速153キロを誇るストレートを投げるピッチャーで、早くからドラフト候補として注目を浴びていた右腕。

野手としても高校通算21ホームランをマークするなど、抜群の身体能力にも注目です。

参考:岡林勇希(菰野)がドラフト注目の理由は球速以上の身体能力にある

Sponsored Link

【北信越地区】ドラフト候補の高校生投手

星稜・奥川恭伸(プロ志望)

スカウトから高く評価され、佐々木朗希投手同様にドラフト1位で何球団が競合するかに注目が集まります。

2019夏の甲子園でも完全に主役でしたし、人気の面でも高校随一といって過言ではないでしょう。

読売ジャイアンツの菅野智之投手からも絶賛されるなど、ドラフトの目玉となることは間違いありません。

参考:奥川恭伸が中学時代に見せた大器の片鱗|ドラフト注目右腕の根底にあるもの

丹生・玉村昇悟(プロ志望)

2019夏の福井大会決勝で敦賀気比に1対3で敗れたものの、甲子園に出場していれば間違いなく知名度も全国区になっていた左腕。

しなやかなフォームから投げ込む最速147キロのストレートは、球速以上の伸びを感じさせます。

参考:玉村昇悟(丹生)の中学の球速は?ドラフト左腕は奪三振で新記録

日本航空石川・重吉翼(プロ志望)

最速148キロのストレートが武器の本格派右腕。

変化球の精度も高い投手だけに、プロの世界でもう1ランク上の投手に化ける可能性も十分だと思います。

参考:重吉翼(日本航空石川)はドラフト期待|京都出身の右腕は球速と緩急に光

Sponsored Link

【近畿地区】ドラフト候補の高校生投手

近江・林優樹(プロ志望)

U18日本代表での投球にも期待がかかる、近江のサウスポー・林優樹投手。

キレのあるチェンジアップはもとより、抜群の制球力を駆使した投球術は一級品です。

2019夏の甲子園での敗退後には社会人でのプレーが濃厚と言われていましたが、プロ志望届を提出しましたね!

参考:林優樹(近江)がドラフト候補の高校生左腕で一番気になるのはなぜか

智弁和歌山・池田陽佑(立教大学)

甲子園で150キロをマークするなど、2019夏の戦いで一気に評価を上げた智弁和歌山のエース。

驚異の急成長ぶりはドラフトでの指名に値すると思いますし、十分に上位指名の可能性もある実力の持ち主です。

ただ、U18日本代表での戦いを終えて、進路は大学が濃厚と言われていますね。

参考:智弁和歌山・池田陽佑の中学時代の球速は?ドラフト候補に急成長の理由も

履正社・清水大成(早稲田大学)

2019夏の甲子園優勝の立役者となった履正社のエース左腕。

元々実力の高さには定評がありましたし、甲子園で見せた粘り強いピッチングは高く評価されるでしょうね!

参考:履正社・清水大成の中学時代は無名|ドラフト注目左腕に成長した理由

和歌山東・落合秀市(プロ志望)

185cm・90kgの恵まれた体格から最速148キロのストレートを投げ込む右腕。

多彩な変化球も持ち合わせており将来性が高く評価されているため、どの球団がドラフトで指名するかに注目が集まります。

参考:落合秀市(和歌山東)は覚醒でドラフトへ|中学は素行が問題で干された?

社・藤本竜輝(立命大)

最速148キロのストレートと鋭いスライダーが武器の本格派右腕。

甲子園出場こそないものの兵庫では有名な好投手ですし、プロの世界でその成長を見たいピッチャーです。

参考:藤本竜輝(社高校)の中学の球速は?ドラフト右腕がマウンドで笑顔のワケ

Sponsored Link

【中国・四国地区】ドラフト候補の高校生投手

創志学園・西純矢(プロ志望)

甲子園出場こそ逃したものの、一回り二回り大きくなった西純矢投手も2019ドラフトでは上位指名が確実と目されています。

地元の広島カープが濃厚と見られていますが、他球団と競合する可能性も十分ですね…!

参考:西純矢(創志学園)は中学の球速も凄い|父への想い胸にドラフトも期待

高松商・香川卓摩(JFE西日本)

小柄ではあるものの、キレのある真っ直ぐと変化球で甲子園を沸かせたサウスポー。

将来的にプロで活躍してほしい逸材ですが、現在のところ社会人でのプレーが濃厚でしょうか。

参考:香川卓摩(高松商)はドラフト注目|中学から四国屈指の左腕は抜群のキレ

広陵・河野佳(大阪ガス)

最速150キロを誇る本格派右腕は、2019春のセンバツで能力の高さを見せつけていました。

スピンの利いたストレートには定評があるため、プロ志望届を提出すればドラフト上位との声も挙がっていました。

ただ夏の広島大会での敗戦後には社会人でのプレーが濃厚と言われており、プロ志望届は提出しない可能性もありますね。

武田・谷岡楓太(プロ志望)

中学時代には無名だったところから急成長を遂げた武田高校の谷岡楓太投手。

最速150キロを超える真っ直ぐを武器に馬力のあるピッチングが魅力で、ドラフトでの指名も楽しみな右腕ですね!

参考:武田・谷岡楓太はドラフト注目|高校で球速が30キロ伸びた理由とは

Sponsored Link

【九州・沖縄地区】ドラフト候補の高校生投手

興南・宮城大弥(プロ志望)

高校生トップクラスの左腕として高く評価を受けている宮城大弥投手。

ストレートの球威・変化球のキレともに申し分なく、ドラフトでも上位での指名が予想されていますね!

U18日本代表での活躍を受けて1位指名を検討する球団が出てきてもまったく不思議ではないでしょう。

参考:興南・宮城大弥がドラフト上位と評される理由はチェンジアップにある

有明・浅田将汰(プロ志望)

投打に高い実力を示す二刀流の浅田将汰は、U18日本代表にも選出されました。

甲子園出場経験こそないものの、ポテンシャルの高さを考慮するとドラフトでの指名は確実と言えるでしょう。

世界大会での活躍にも期待ですね!高校野球ファンに名前が知れ渡ってほしい選手の一人です。

参考:浅田将汰(有明)のドラフトに注目|日本代表で150キロの大台なるか

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック