<2019ドラフト>

佐藤一磨(横浜隼人)はドラフト必見|中学から球速20キロUPの注目株

神奈川の強豪・横浜隼人で1年秋からベンチ入りしている佐藤一磨(さとう かずま)投手。

150キロに迫る球速のストレートには力があり、2019春の神奈川大会では5回参考記録ながら完全試合を達成しました。

身長188cmの大型左腕だけに、将来的にも楽しみな逸材ですね!

2019ドラフトにも期待がかかる、横浜隼人・佐藤一磨投手について特集していきましょう。

ドラフト注目の佐藤一磨は球速に期待感

横浜隼人の佐藤一磨投手がドラフトで注目を集めている理由は、何と言っても球速150キロに迫るストレートでしょう。

高校3年時に最速148キロをマークし、この先150キロを超えるポテンシャルは十分に秘めていると感じます。


身長188cm・体重88kgと恵まれた体格を誇りますし、将来性では同じくドラフト注目の153キロ左腕・横浜高校の及川雅貴投手以上とも見られていますね!

投球フォームなどまだまだ改善の余地はありますから、今後の伸びしろにも大いに期待したいところです。

参考:及川雅貴(横浜)はロッテ出身|中学時代は日本代表で最速140キロ

Sponsored Link

横浜隼人・佐藤一磨は球速だけじゃない

真っ直ぐの角度

ストレートの球速はもちろん、長身を活かした角度のあるボールにも定評のある佐藤一磨投手。

188cmの長身から投げ下ろすストレートは申し分ない威力があり、低めに制球できると捕らえるのが困難であることは間違いありません。


回転数が2300と質が高い真っ直ぐを投げられる点も見逃せないですし、プロで化ける可能性も十分ですからね…!

変化球も豊富

ストレートに注目が集まる一方で、佐藤一磨投手は豊富な変化球も高評価を受けています。

球種は120キロ台のスライダー、100キロ台のカーブにチェンジアップを投げ分けるのですが、特筆すべきは縦横2種類のスライダーでしょう。

注目の縦スライダーは変化が鋭く、決め球としても十分な威力を発揮しています。


制球力や精度にはまだ課題が残るものの、変化球を軸にした投球ができる成長も見せていますし、上の世界での投球もぜひ観てみたい投手です。

Sponsored Link

横浜隼人・佐藤一磨は中学から球速が20キロ伸びた

高校では150キロに迫るストレートを投げている佐藤一磨投手ですが、中学時代からの成長を見てもこれからに期待せずにはいられません。

中学で所属していた大和シニアでは球速が120キロ台と、驚くような真っ直ぐは持ち合わせていませんでした。

横浜隼人へ入学した当初は身長185cm・体重72kgと細身だったんですよね。

そこから肉体改造に励み、体重が88kgまで増加。

2年の2018春に137キロを記録してからも順調に球速を伸ばし、3年時には148キロを記録しています。

20キロの球速アップに成功した努力は見事としか言いようがありませんよね…!

Sponsored Link

横浜隼人・佐藤一磨はドラフト上位で消えると思う

現在の完成度としてはまだまだで、下位か育成での指名が濃厚と見られていた佐藤一磨投手ですが、上位で消える可能性も十分にあると思います。

高校生左腕としてはU18日本代表でも活躍した興南・宮城大弥投手や近江・林優樹投手に注目が集まるものの、やはり佐藤一磨投手が感じさせるスケールの大きさは無視できないでしょう。


個人的には育成まで残ることはないと思うので、ドラフトでどの球団が動くかにも注目していきたいと思います。

参考:興南・宮城大弥がドラフト上位と評される理由はチェンジアップにある

Sponsored Link

ドラフト注目の佐藤一磨は父も話題になりそう

2019ドラフトに注目が集まる佐藤一磨投手は、父親のバックアップも見事なものがありました。

湘南工大付高のラグビー部出身だった父・大磨さんは、料理の鉄人にも出演していた「和の鉄人」の道場六三郎さんに弟子入りをし、自らすし屋を開業した職人なんですよね。

現在は藤沢市内ですし店「二代目笑楽」を営業していますが、恵まれた体格の背景には、食生活を支えてくれた父の存在が大きいことでしょう。

貴重な本格派左腕として大きな注目が集まる投手だけに、2019ドラフトでの指名に注目しつつ、今後の活躍を応援していきましょう!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック