<2019ドラフト>

藤本竜輝(社高校)の中学の球速は?ドラフト右腕がマウンドで笑顔のワケ

2018ドラフトで阪神1位の近本光司外野手や楽天1位の辰己涼介外野手を輩出した社(やしろ)高校で、1年夏からベンチ入りをしていた藤本竜輝(ふじもと りゅうき)投手。

2019夏の須磨友丘高戦戦では7回参考記録ながらノーヒットノーランを記録し、スカウトの間で注目度が急上昇しました。

最速148キロのストレートとキレ味の鋭いスライダーで三振の山を築き、一試合15個の三振を記録したこともある本格派なんですよね…!

2019ドラフト注目の右腕・社高校の藤本竜輝選手を特集していきます。

中学時代の球速から見る藤本竜輝の凄さ

藤本竜輝投手は兵庫県加東市出身で、小学3年時に仲の良い友人に誘われたことがきっかけで、地元の軟式少年野球チーム「社ベアーズ」で野球を始めます。

兵庫教育大中学に進学後も軟式野球部に所属し、中学3年生のときの球速は130キロ台前半。

ドラフト注目のU18日本代表・西純矢投手は中学で140キロを超えていましたから、藤本竜輝投手の中学時代は球速がずば抜けて速いわけではありませんでした。

だからこそ、高校での成長が素晴らしいですよね!


最速150キロに迫るストレートを投げるまでに伸びたあたり、 相当な練習と努力をしてきたことは間違いないでしょう。

参考:西純矢(創志学園)は中学の球速も凄い|父への想い胸にドラフトも期待

Sponsored Link

社高校・藤本竜輝はドラフト注目ピッチャー

球速150キロに迫る真っ直ぐ

社高校の藤本竜輝投手はドラフトにも期待がかかりますが、まず魅力なのは球威のあるストレートでしょう。

やや腕の位置が低いスリークォーター気味のフォームから繰り出されるストレートは、高校3年で最速148キロをマーク。

中学時代から20キロ近く伸ばしていることを考慮しても、これから球速が伸びる余地は十分にあると言えます。


また藤本竜輝投手はストレートのキレにもこだわりを持っており、ストレートの回転数や回転軸を測定しながらトレーニングを積んでいると言います。

約3キロのサンドボールを使用し、指先で掴んでは離すトレーニングを繰り返すなど、速球の質を高めることにどん欲な姿勢も素晴らしいですよね。

身長181cm・体重74kgと現状やや細身ではあるため、これからプロで身体が一回り大きくなれば更なる球速アップも見込めるでしょう。

和歌山東・落合秀市投手や武田・谷岡楓太投手らもそうですが、2019ドラフトは将来が楽しみなピッチャーが多いですね!

甲子園に出場できず未だ全国区の知名度こそないものの、社高校の藤本竜輝投手もドラフトで注目を集めると思います。

参考:落合秀市(和歌山東)は覚醒でドラフトへ|中学は素行が問題で干された?

キレ味抜群のスライダー

藤本竜輝投手はストレートに注目が集まる一方で、プロのスカウトからも高い評価を受けているのがキレ味抜群のスライダーです。

腕がしっかり振れている上に打者の手元で鋭く変化し、空振りを奪う決め球としても十分に威力があるんですよね。


ストレートとスライダーのコンビネーションで、2019夏の兵庫大会では奪三振率11.28という高い数字も残しています。

球種としてはスライダーのほかにカーブやチェンジアップも投げますし、これから精度が高くなってくると手が付けられない投手に成長していくでしょうね!

Sponsored Link

社・藤本竜輝がマウンドで笑顔の理由

社高校のエース・藤本竜輝投手はマウンド上で笑顔を見せることも多いのですが、その原点は中学時代にありました。

元々は味方がエラーをしたりミスをしたりすると、イライラした感情が表に出てしまうタイプのピッチャーだったのだとか。

周りに気を遣わせてしまうようではピッチャーとして未熟だとの考えから、ポーカーフェイスを保とうとしたものの上手くいかず。

無表情が難しいなら笑ってしまおうと、意識的に笑顔にするようにしたと言います。


球速など投手としての実力はもちろん、社高校で精神的な成長を遂げたあたりも藤本竜輝投手の魅力としては欠かせませんね…!

ドラフトでの指名と今後の活躍に期待して、応援していきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック